バイオマスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > バイオマス > バイオマスの意味・解説 

バイオマス【biomass】

ある空間内ある時点で占め生物体の量。重量またはエネルギー量で表す。生物体量生物量

生物利用して有用物質やエネルギーを得ること。また、その生物体生物資源


バイオマス(ばいおます)(biomass)


バイオマス

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

バイオマス

読み方ばいおます
【英】: biomas energy

バイオマスとは、元来生物量」を意味する生態学用語であるが、最近ではまとまった量を集積してエネルギー化学工業原料などに使うことができる動植物資源指している。
従来から燃料としても利用されてきたが、化石燃料枯渇認識されるようになって注目されるようになった太陽エネルギー植物の光合成作用により変換し貯蔵利用する一つの方法と考えることができる。現在利用可能なバイオマス資源は、さとうきびとうもろこし、いもなどのでん粉・糖作物海藻クロレラなどの水生植物天然ゴムなどのゴム植物、やしなどの油脂植物アオサンゴユーカリなどの石油植物および木材挙げられる。これら栽培植物のほかに、農林畜産廃棄物産業廃棄物利用できる栽培植物からは糖・でん粉発酵によるエタノール抽出分離化学処理による炭化水素などが生産され廃棄物からはセルロース発酵によるエタノールメタン発酵メタン生産される。現在、地球上には約2兆トンのバイオマスが賦存しており毎年 2,000トン再生産されている。世界のどの地域でも生産可能で比較手近な技術により利用可能資源であるが、実用化するには燃料にするまでの収獲集荷、処理、輸送などへの投入エネルギーコスト差し引いて考え必要がある

バイオマス


バイオマス

【英】:biomass

太陽エネルギー植物の光合成によって生体内固定蓄積されたもの。具体的には,生物の体やふん尿などを意味する。バイオマスには,炭素水素含まれるため,燃やせエネルギー源となる。木炭などはこのバイオマスの一種おがくずなどの廃棄物ペレット燃料化するものやふん尿などを発酵させてメタンガス取り出すものなどがあり,代替エネルギーとして注目を浴びている。

バイオマス

英訳・(英)同義/類義語:biomass

環境中の生物由来有機物産物副産物廃棄物を含む。単に生物由来材料エネルギー資源的な意味で使うこともある。

バイオマス

【英】: Biomass
一般的には植物の光合成によって作り出される再生可能生物由来有機性資源のこと。化石資源除いたものを指す。

バイオマスには生ゴミ家畜排泄物などの「廃棄系バイオマス」、もみ殻稲わらなどの「未使用バイオマス」、トウモロコシなどの「資源作物」に分類される

バイオマスは、エネルギープラスチックなどの製品農作物作る肥料など様々な形で利用することができる。また、二酸化炭素増やさないなど環境へのメリット大きい。しかし、バイオマスを集めるのに手間がかかるため、十分に利用されていない

バイオマス biomass

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

生物由来資源

稲わらはもちろんおがくず米ぬかなど様々なバイオマス生物由来資源原料として利用できることと

意味説明

エネルギーなどとして利用することができる,生物由来する資源

植物由来資源


バイオマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/27 01:17 UTC 版)

バイオマス: biomass)とは、生態学で、特定の時点においてある空間に存在する生物(バイオ)の量を、物質(マス)の量として表現したものである。通常、質量あるいはエネルギー量で数値化する。日本語では生物体量生物量の語が用いられる。植物生態学などの場合には現存量[1]の語が使われることも多い。転じて生物由来の資源を指すこともある。バイオマスを用いた燃料は、バイオ燃料(biofuel)またはエコ燃料[2]と呼ばれている。


  1. ^ : standing crop
  2. ^ : ecofuel
  3. ^ 「バイオマス・ニッポン総合戦略」本文 1ページ - ウェイバックマシン(2018年5月4日アーカイブ分) - 農林水産省
  4. ^ a b バイオマスとは? 廃棄物工学研究所
  5. ^ NEDO海外レポート No.994、2007年2月7日
  6. ^ Technobahn、2008/1/15 05:18の記事
  7. ^ サミット半田パワー株式会社”. サミット半田パワー株式会社ホームページ. 2022年1月15日閲覧。
  8. ^ バイオマス情報ヘッドクォーター
  9. ^ 資源エネルギー庁が木質バイオマス混焼発電を推進(新エネルギー財団)
  10. ^ 政府バイオマス関連事業、8割以上効果なし 総務省”. 日本経済新聞. 2011年2月15日閲覧。
  11. ^ a b バイオマスの利活用に関する政策評価<評価結果及び勧告>、総務省、2011年3月
  12. ^ http://www.civil.miyazaki-u.ac.jp/~dyken/ronbun/ronbun/01baba.pdf
  13. ^ バイオ燃料用作物、無秩序栽培は生態系破壊…国連報告書 読売新聞、2008年(平成20年)5月4日。
  14. ^ レスター ブラウン「フード・セキュリティー―だれが世界を養うのか」、ワールドウォッチジャパン、2005年4月、 ISBN 978-4948754225
  15. ^ 三菱総合研究所、バイオ燃料とライフサイクルアセスメント〜良いバイオ燃料、悪いバイオ燃料の選別〜、2007.12.25
  16. ^ " WiredVision、2006年2月8日の記事
  17. ^ セルロースを分解しディーゼル、アルコール等を作る新しい微生物
  18. ^ 正念場を迎えた米国の第二世代バイオエタノール(2)
  19. ^ 食料と競合しないバイオ燃料
  20. ^ シロアリによるバイオエタノール製造に弾み
  21. ^ シロアリがエタノール生産の救世主に? 代替燃料技術の現在
  22. ^ シロアリの腸からバイオ燃料生産効率を高める新酵素を発見
  23. ^ 国エネルギー省(DOE: Department of Energy)の共同ゲノム研究所
  24. ^ “廃材をバイオ燃料に”. 沖縄タイムス (沖縄: 沖縄タイムス): pp. 1面. (2008年7月3日) 
  25. ^ シロアリの新しい利用法
  26. ^ シロアリ腸内共生系の高効率木質バイオマス糖化酵素を網羅的に解析
  27. ^ バイオエネルギー生産のためのシロアリ共生系高度利用技術の基盤的研究
  28. ^ 三菱総合研究所、バイオ燃料とライフサイクルアセスメント ~良いバイオ燃料、悪いバイオ燃料の選別(2)~、2008.3.7
  29. ^ 福知山市・パーム油発電所が廃止に 騒音・悪臭で近隣住民が健康被害訴え公害調停申し立て | 京都民報Web — Mozilla Firefox
  30. ^ 両丹日日新聞:住民から苦情出たバイオマス発電所を廃止 地元自治会に通知 | ニュース — Mozilla Firefox


「バイオマス」の続きの解説一覧

バイオマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/20 05:07 UTC 版)

人口推定55%の約128百万人は田舎の貧困層であり、調理用燃料として森林から伐採し調達している。

※この「バイオマス」の解説は、「インドネシアのエネルギー資源」の解説の一部です。» 「インドネシアのエネルギー資源」の概要を見る


バイオマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 13:50 UTC 版)

エネルギー源としてのバイオマスは多岐にわたる。特にガス液体ペレットなど可搬性に富む形態燃料としての利用期待されている。運輸部門における化石燃料代替として、バイオエタノールなどの開発盛んである。ただし技術生産条件によって食料生産競合したり排出量削減効果少なかったりする問題発生しており、質の管理必要性が指摘されている。 「バイオマス」も参照

※この「バイオマス」の解説は、「地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術」の解説の一部です。» 「地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術」の概要を見る


バイオマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 01:41 UTC 版)

木材・竹・ヤシガラなど植物燃やし熱を得る。 炭 木材・竹・ヤシガラなどを不完全燃焼により炭化させた炭素の塊である。木炭多く比較軽く燃えやすいバイオコークス 植物性バイオマスを高密度固形化したもの炭化させないため、燃料化の際に減量が殆ど起きない石炭代替燃料等に利用される糞燃料 動物の糞を太陽熱乾燥させ燃料として利用牛糞多く、よく燃える。燃料以外の用途として壁材にも利用されるバイオガス 糞尿汚泥等を発酵させ発生したメタン燃やした化学製品原料として利用バイオエタノール 穀物果実植物繊維等に含まれるブドウ糖炭水化物発酵または化学反応させたエタノールとして利用バイオディーゼル 軽油代替燃料菜種油パーム油アブラギリヤトロファ等)・ミドリムシ等の油脂精製した軽油に近い性質燃料利用[要出典]。 バイオ重油 重油代替燃料。オーランチオキトリウム・ボトリオコッカス等から採れる重油に近い油脂利用バイオマス燃料 バガスなどバイオマス燃料のみで走行可能蒸気機関車[要出典]が存在した木炭 不完全燃焼させて水蒸気反応させて一酸化炭素水素主成分とする可燃性ガスより内機関作動させる木炭自動車」。

※この「バイオマス」の解説は、「再生可能エネルギー」の解説の一部です。» 「再生可能エネルギー」の概要を見る


バイオマス

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

バイオマス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 16:37 UTC 版)

語源

英語 biomass音写

名詞

バイオ マス

  1. 植物総量
  2. 生物エネルギーとして利用すること。

関連語

  • 熟語:バイオマス・アルコール

「バイオマス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



バイオマスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

バイオマスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バイオマスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
農林水産省農林水産省
Copyright:2022 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバイオマス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインドネシアのエネルギー資源 (改訂履歴)、地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術 (改訂履歴)、再生可能エネルギー (改訂履歴)、TerraGenesis (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバイオマス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS