産業廃棄物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 廃棄物 > 産業廃棄物の意味・解説 

さんぎょう‐はいきぶつ〔サンゲフ‐〕【産業廃棄物】

工場など事業活動に伴って生じ廃棄物法令その事業者が処理することを義務づけられている燃えがら汚泥廃油・廃プラスチック・ゴムくずなど。産廃


産業廃棄物

工場事業場における事業活動に伴って生じ燃えがら汚泥廃油廃アルカリ廃プラスチック類等の19種類指し,産業廃棄物以外の廃棄物である一般廃棄物家庭等から排出されるごみ,汚泥ふん尿その他の汚物又は不要物)と区別されます。産業廃棄物は,事業者自らの責任で,これによる環境汚染生じさせないよう適正に処理する責務あります

産業廃棄物 (さんぎょうはいきぶつ)


産業廃棄物

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

産業廃棄物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 02:59 UTC 版)

産業廃棄物(さんぎょうはいきぶつ)は、日本シンガポールなどの法制度で用いられている廃棄物の区分。「産廃」(さんぱい)と略される。


  1. ^ a b c d e f アメリカの産業廃棄物処理について”. 一般財団法人自治体国際化協会. 2022年4月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 第9章 シンガポールにおける産業廃棄物・リサイクル政策”. 独立行政法人日本貿易振興機構. 2022年4月4日閲覧。
  3. ^ a b 廃棄物とは…”. 奈良県. 2022年4月6日閲覧。
  4. ^ 産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成30年度実績)について”. 環境省. 2021年8月15日閲覧。
  5. ^ 環境省 (2020-01-23) (PDF). 産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成29年度実績)について (Report). https://www.env.go.jp/press/107628.html 2020年12月13日閲覧。. 
  6. ^ 建設業の許可の有無や、実際に設計施工・施工管理等をするかは問わない。
  7. ^ a b c 出典:一般財団法人全国建設研修センター監理技術者必携-令和2年版監理技術者講習テキスト」p.270-271
  8. ^ 無過失責任とは、「損害が発生した場合には、故意または過失がなくても賠償責任を負うという原則」。水質汚濁防止法大気汚染防止法にその規定がある。
  9. ^ 新河岸川産業廃棄物処理対策 -埼玉県
  10. ^ “報道記事”(1990年11月9日)(1990年11月23日) -朝日新聞
  11. ^ 平成24年8月22日法律第58号
  12. ^ 附則第2項
  13. ^ 読売新聞2011年2月8日夕刊・関東地域3版12面、飯塚の産廃撤去訴訟、福岡県が上告へ(2011年2月22日)


「産業廃棄物」の続きの解説一覧

「産業廃棄物」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



産業廃棄物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「産業廃棄物」の関連用語

産業廃棄物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



産業廃棄物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの産業廃棄物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS