気候研究ユニット・メール流出事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 気候研究ユニット・メール流出事件の意味・解説 

気候研究ユニット・メール流出事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/31 13:14 UTC 版)

気候研究ユニット・メール流出事件(きこうけんきゅうユニット・メールりゅうしゅつじけん、クライメイトゲート、クライメートゲート、Climategate)は、2009年11月にイギリスにあるイースト・アングリア大学(UEA)の気候研究ユニット(CRU:Climatic Research Unit)がクラッキングされ、地球温暖化の研究に関連した電子メールと文書が公開されたことによって発生した一連の事件のこと[1][2][3][4]。『クライメートゲート事件』とも[5]




  1. ^ a b “Hackers target leading climate research unit”. BBC News. (2009年11月20日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/8370282.stm 
  2. ^ a b Webster, Ben (2009年11月21日). “Sceptics publish climate e-mails 'stolen from East Anglia University'”. The Times. http://www.timesonline.co.uk/tol/news/environment/article6926325.ece 
  3. ^ a b Delingpole, James (2009年11月20日). “Climategate: the final nail in the coffin of 'Anthropogenic Global Warming'?”. UK Telegraph. http://blogs.telegraph.co.uk/news/jamesdelingpole/100017393/climategate-the-final-nail-in-the-coffin-of-anthropogenic-global-warming/ 
  4. ^ a b ClimateGate reveals nefarious conspiracy!”. Daily Kos. 2009年11月21日閲覧。
  5. ^ 英国イーストアングリア大学により設置された独立レビュー組織による「クライメートゲート事件」レビュー結果の公表について(お知らせ)環境省公式サイト
  6. ^ a b c Response by the University of East Anglia to the Report by Lord Oxburgh’s Science Assessment Panel University of East Anglia。2010年4月14日
  7. ^ http://www.ametsoc.org/policy/climatechangeclarify.html
  8. ^ a b c Attacks on the Intergovernmental Panel on Climate Change Obscure Real Science, Union of Concerned Scientists
  9. ^ a b c d e f g Sir Muir Russell to head the Independent Review into the allegations against the Climatic Research Unit (CRU)。University of East Anglia。2009年12月3日
  10. ^ a b c d e f g h i j k l Hacked email climate scientists receive death threatsガーディアン2009Dec08
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n Climate change scientists face calls for public inquiry over data manipulation claims
  12. ^ a b Time Dec7 2009
  13. ^ Met Office to re-examine 160 years of climate data
  14. ^ The ugly side of climate politics (英語) オーストラリア放送協会(ABC)
  15. ^ Phil Jones。University of East Anglia. Climate Research Unit所長。現在、本事件の調査中のため所長職を離職
  16. ^ a b CRU update 3University of East Anglia。2009年12月1日
  17. ^ http://www.webcitation.org/5lnKYt5cA
  18. ^ Peter Liss。CBE,FRS
  19. ^ Muir Russell。自然哲学(物理学)。エジンバラ王立協会フェロー。元グラスゴー大学校長・副総長。
  20. ^ CRU Scientific Assessment Panel announced University of East Anglia。2010年3月22日
  21. ^ http://www.webcitation.org/5loJCAUIi
  22. ^ http://www.research.psu.edu/orp/Findings_Mann_Inquiry.pdf
  23. ^ Met Office to re-examine 160 years of climate data
  24. ^ 英国議会(庶民院)による調査報告書、2010年3月
  25. ^ a b c d 英国議会(庶民院)による調査報告書の要約、2010年3月
  26. ^ http://www.nytimes.com/2010/07/11/opinion/11sun2.html?_r=1
  27. ^ http://www.newsweek.com/blogs/the-gaggle/2010/06/25/newspapers-retract-climategate-claims-but-damage-still-done.html
  28. ^ http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-15373071
  29. ^ http://online.wsj.com/article/SB10001424052970204422404576594872796327348.html
  30. ^ 国連及び気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の要請に応じた、IPCC のプロセスと手続についての、科学アカデミーによる独立レビューの実施、2010年3月10日
  31. ^ Interacademy Council, Review of the IPCC
  32. ^ a b Climate Change Assessments: Review of the Processes and Procedures of the IPCC, Interacademy Council, Aug 30 2010
  33. ^ インターアカデミーカウンシル(IAC)によるIPCCレビュー報告書要旨(環境省仮訳)
  34. ^ Eilperin, Juliet (2009年11月21日). “Hackers steal electronic data from top climate research center”. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/11/20/AR2009112004093.html 
  35. ^ Andy Ridgwell。Bristol大学。気候研究者。
  36. ^ Guardian該当部分直訳は、「陰謀論者がお祭り騒ぎをしている。が、陰謀論者らがもしまともに研究の世界のことを知っていたなら、出版された論文やデータセットが、常に別の研究者グループによって、継続的に厳しい目でチェックされていることがわかるだろう。IPCC報告書に用いられた情報は、科学の全分野の中でももっとも厳しく論議され、試されてきた部類に入る。」
  37. ^ Lawmakers Probe Climate Emails ウォールストリートジャーナル (英語)
  38. ^ Nature7277
  39. ^ ニューヨーク・タイムズ12/2/2009
  40. ^ http://www.ametsoc.org/policy/climatechangeclarify.html
  41. ^ http://archive.is/20120717053230/www.agu.org/news/archives/2009-12-08_hacked-emails-climate-researchshtml.shtml
  42. ^ Science Nov
  43. ^ Scientific American Feb 2010; 日経サイエンス2010年3月号
  44. ^ 社説:温暖化疑惑事件 科学者はもっと発信を
  45. ^ http://www.guardian.co.uk/environment/georgemonbiot/2009/nov/25/monbiot-climate-leak-crisis-response
  46. ^ http://www.usnews.com/articles/news/energy/2009/12/12/climategate-science-not-faked-but-not-pretty_print.htm
  47. ^ http://factcheck.org/2009/12/climategate/
  48. ^ http://www.reuters.com/article/idUSTRE5B735X20091208
  49. ^ http://www.guardian.co.uk/commentisfree/cif-green/2009/dec/06/gordon-brown-climate-change-copenhagen
  50. ^ lead climate negotiator, Mohammad Al-Sabban。
  51. ^ Rush Limbaugh"an American radio host, conservative political commentator, and an influential opinion leader in the conservative movement in the United States."
  52. ^ Warmist conspiracy exposed? | Herald Sun Andrew Bolt Blog
  53. ^ Nigel Lawson。イギリス、サッチャー政権下の大蔵大臣。温暖化対策を批判する 気候変動政策財団の創設者・現主席。
  54. ^ より具体的なメールの文面は英語版記事en:Climatic Research Unit documents参照
  55. ^ 急 地球温暖化データにねつ造疑惑(09/11/26) 日経エコロミー、2009年11月26日。
  56. ^ http://eco.nikkei.co.jp/column/emori_seita/article.aspx?id=MMECza000024122009
  57. ^ RealClimate
  58. ^ Nature Editorial, 24Nov2009
  59. ^ Kevin Trenberth。US National Centre for Atmospheric Research
  60. ^ Nature Editorial 24Nov2009
  61. ^ Econimist 26 nov 2009


「気候研究ユニット・メール流出事件」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気候研究ユニット・メール流出事件」の関連用語

気候研究ユニット・メール流出事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



気候研究ユニット・メール流出事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気候研究ユニット・メール流出事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS