クラッキングとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > クラッキングの意味・解説 

クラッキング【cracking】

硬いものが折れたり割れたりすること。また、そうしてできた割れ目

石油精製などで、沸点の高い重質石油を、熱分解あるいは接触分解によって、ガソリンなどの軽質石油にすること。

コンピューターやネットワークシステムに不正にアクセスし、悪意をもってデータ盗み見たり、破壊したりする行為。これを行う者をクラッカーという。

[補説] 3を「ハッキング」とよぶこともあるが、ハッキングは本来はコンピューターエンジニアリング全般を指すもので、不正アクセスの意味はない。


クラッキング(くらっきんぐ)

分子式において高炭素数の炭化水素を熱的または触媒との接触により分解し、炭素数の少な炭化水素を得る方法のことです。重質油分解して、より軽質なガソリン等の石油製品製造するために利用されます。

クラッキング【Cracking】


クラッキング


分解

読み方ぶんかい
【英】: cracking
同義語: クラッキング  

沸点の高い、分子量大き重質油を分解して、沸点の低い、分子量小さ軽質油転化することを分解という。石油精製工業で用いられている分解法にはつぎの 3 種類がある。
(1) 熱分解法:重質油粘度低下目的とするビスブレーキング法、分解軽油最大に得ると同時にコークス製造目的とするコーキング法とがある。
(2) 接触分解法:分解触媒使用して分解を行い分解ガソリン中心に軽質留分を得る方法で、通常触媒流動状で扱うため流動接触分解FCCといわれる
(3) 水素化分解法:水素気流中で分解触媒使用して分解を行い重質油から灯・軽油ナフサを、また、ナフサからLPGを得ることを目的にした方法である。

クラッキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/18 18:29 UTC 版)

クラッキング(英語: Cracking)




「クラッキング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クラッキング」の関連用語

クラッキングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クラッキングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2021 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
JMCJMC
2021 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2021 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラッキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS