暗号とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 文字 > 暗号の意味・解説 

あん‐ごう〔‐ガウ〕【暗号】

読み方:あんごう

通信の内容相手以外にわからないように、当事者の間だけで決めた記号軍事・外交警察商業などで使われる


暗号

作者草上仁

収載図書かれはロボット
出版社早川書房
刊行年月1989.5
シリーズ名ハヤカワ文庫JA


暗号

作者山井三郎

収載図書小説 男の夢
出版社文芸社
刊行年月2006.8


暗号

読み方:あんご

  1. 暗号ノ意、誓言約束。〔第四類 言語動作
  2. 約束誓言。又は暗号をも意味する
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

暗号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 04:45 UTC 版)

暗号(あんごう)とは、セキュア通信の手法の種類で、第三者が通信文を見ても特別な知識なしでは読めないように変換する、というような手法をおおまかには指す。いわゆる「通信」(telecommunications)に限らず、記録媒体への保存などにも適用できる。


  1. ^ 前述のステガノグラフィーのような、一見すると別の意味がちゃんとあるような情報の中に秘密の情報を忍び込ませる、という方法は、情報理論からの結論として、情報全体に比してごくわずかな情報を埋込むことしかできない。
  2. ^ 過去の例として、太平洋戦争のような戦争ともなれば膨大になった。
  3. ^ 偽の戦車に官能的冒険、ノルマンディー上陸にまつわる知られざる話”. AFP (2019年6月5日). 2019年6月6日閲覧。
  4. ^ 明治期に、「方言札」などに象徴される苛烈な方言弾圧がもし旧薩摩藩領に行われていたら、不可能であっただろう。


「暗号」の続きの解説一覧

暗号(Cipher)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 20:06 UTC 版)

通信科 (陸上自衛隊)」の記事における「暗号(Cipher)」の解説

信務電信担任する独自の技術各種秘匿通信を行う他、通信保全にも長けていることが多い。

※この「暗号(Cipher)」の解説は、「通信科 (陸上自衛隊)」の解説の一部です。
「暗号(Cipher)」を含む「通信科 (陸上自衛隊)」の記事については、「通信科 (陸上自衛隊)」の概要を参照ください。


暗号(Crypto)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 22:55 UTC 版)

キャプチャー・ザ・フラッグ」の記事における「暗号(Crypto)」の解説

RSAAESなど現代暗号の利用について知識を問う問題や、独自の暗号アルゴリズム解読させる問題出題される。また暗号に関連する群論等の数学や、それを扱うコーディング能力問われる

※この「暗号(Crypto)」の解説は、「キャプチャー・ザ・フラッグ」の解説の一部です。
「暗号(Crypto)」を含む「キャプチャー・ザ・フラッグ」の記事については、「キャプチャー・ザ・フラッグ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「暗号」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

暗号

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 04:21 UTC 版)

名詞

あんごう

  1. 文章などの情報一定規則に基づいて加工し、意図している内容意味容易理解できないようにしたもの一般に、暗号をかけた者が解読してほしい者にのみ、解読が容易となっている。

発音(?)

関連語

翻訳


「暗号」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



暗号と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

暗号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



暗号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暗号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの通信科 (陸上自衛隊) (改訂履歴)、キャプチャー・ザ・フラッグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの暗号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS