ステガノグラフィーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ステガノグラフィーの意味・解説 

ステガノグラフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/12 08:55 UTC 版)

ステガノグラフィー(steganography)とは、データ隠蔽技術の一つであり、データを他のデータに埋め込む技術のこと、あるいはその研究を指す。クリプトグラフィー(cryptography)がメッセージの内容を読めなくする手段を提供するのに対して、ステガノグラフィーは存在自体を隠す点が異なる。




  1. ^ 冗長性から見た情報技術, 青木直史, BlueBacks, 講談社, 2011, ISBN 9784062577199
  2. ^ 第2次世界大戦中にドイツで開発された技術である。きわめて小さな写真フィルムに文章を記録する。それを手紙の中のピリオドに貼り付けて、検閲を免れたため、マイクロ・ドットと呼ばれた。
  3. ^ 意図的にノイズの多い画像を選ぶと良い。
  4. ^ 埋め込み場所をランダムに選べばさらに検出が困難になる


「ステガノグラフィー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ステガノグラフィー」の関連用語

ステガノグラフィーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ステガノグラフィーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのステガノグラフィー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS