公開鍵暗号とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 鍵暗号 > 公開鍵暗号の意味・解説 

こうかいかぎ‐あんごう〔‐アンガウ〕【公開鍵暗号】

読み方:こうかいかぎあんごう

暗号化と復号に、対になる二つの鍵を使う暗号方式暗号化用い公開鍵復号用い秘密鍵数学的に関係づけられ、前者から後者導出することが極めて困難という性質をもつ。公開鍵広く公開され誰でも通信暗号化することが可能だが、復号には秘密鍵用い必要がある非対称鍵暗号


公開鍵暗号

セキュリティのほかの用語一覧
暗号化方式:  鍵長  キーリカバリ  公開鍵  公開鍵暗号  公開鍵基盤  MD5  PCT

公開鍵暗号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/21 04:05 UTC 版)

公開鍵暗号(こうかいかぎあんごう、英語: Public-key cryptography)とは、暗号化復号とに異なる(手順)を用い、暗号化用の鍵は公開できるようにした暗号方式である(復号用の鍵は秘匿)。対照的な暗号方式として、暗号化復号に同一の鍵を用いる共通鍵暗号がある。


注釈

  1. ^ 入力のは、1が個並んだもののことであり、セキュリティパラメータを一進法で表したものである。もしを2進数で(つまり、ビットで)表して入力することにすると、ビットを出力するために指数時間かかることになり、多項式時間アルゴリズムではなくなってしまう。一進法を使うことで、これを回避できる。

出典

  1. ^ Whitfield Diffie; Martin Hellman (1976). “New directions in cryptography”. IEEE Transactions on Information Theory 22 (6): 644. doi:10.1109/TIT.1976.1055638. 
  2. ^ 井上孝司著、「通信と情報の保全 暗号化の話」『軍事研究2011年11月号』、(株)ジャパン・ミリタリー・レビュー、雑誌 03241-11、ISSN 0533-6716、227-228頁
  3. ^ Press Releases Archived 2011年9月29日, at the Wayback Machine. - RSA社サイト(英語、2012年2月19日閲覧)


「公開鍵暗号」の続きの解説一覧



公開鍵暗号と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「公開鍵暗号」の関連用語

公開鍵暗号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



公開鍵暗号のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ公開鍵暗号の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公開鍵暗号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS