公開鍵証明書とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 公開鍵証明書の意味・解説 

公開鍵証明書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/27 23:11 UTC 版)

暗号技術において、公開鍵証明書(こうかいかぎしょうめいしょ)とは、公開鍵と、その所有者の同定情報(その他に有効期間、発行者、署名アルゴリズムなどの情報も含む)を結びつける証明書である。デジタル証明書とも呼ばれる。 公開鍵は単にバイナリデータであるため、公開鍵が所有者本人の物であることを確認するために証明書が必要となる。 通常「公開鍵証明書」と呼ばれるものには、公開鍵そのもののデータも含まれている。




  1. ^ ここで秘密鍵とは、対称鍵のことではなく、公開鍵に対する私有鍵のこと。
  2. ^ Public-Key Infrastructure (X.509) (pkix) - History”. 2014年3月7日閲覧。


「公開鍵証明書」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「公開鍵証明書」の関連用語

公開鍵証明書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



公開鍵証明書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公開鍵証明書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS