盗聴とは?

とう ちょう たうちやう [0] 【盗聴】

( 名 ) スル
他人会話を(機器などを用いて)気づかれないよう聞くこと。ぬすみぎき。 「電話を-する」 「 -器」


盗聴

作者西村寿行

収載図書残像
出版社徳間書店
刊行年月1988.3
シリーズ名自選ベスト集成

収載図書幻の白い犬を見た
出版社徳間書店
刊行年月2002.2
シリーズ名徳間文庫


盗聴

作者日下圭介

収載図書優しく埋め
出版社新潮社
刊行年月1991.1
シリーズ名新潮文庫


盗聴

作者真保裕一

収載図書盗聴
出版社講談社
刊行年月1994.5

収載図書盗聴
出版社講談社
刊行年月1997.5
シリーズ名講談社文庫


盗聴

作者森瑤子

収載図書東京発 千夜一夜
出版社朝日新聞社
刊行年月1996.5
シリーズ名朝日文芸文庫


盗聴

作者浅黄斑

収載図書ミステリー傑作選・特別編 5 自選ショート・ミステリー
出版社講談社
刊行年月2001.6
シリーズ名講談社文庫


盗聴

作者内田春菊

収載図書ワイドショー内田春菊ホラー傑作
出版社角川書店
刊行年月2004.3
シリーズ名角川ホラー文庫


盗聴

作者福田政史

収載図書七人奇妙な依頼人―現役探偵調査ファイル
出版社双葉社
刊行年月2006.11
シリーズ名双葉文庫


盗聴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/10 03:37 UTC 版)

盗聴(とうちょう)とは、会話や通信などを、当人らに知られないように[1]それらが発する音や声をひそかに聴取・録音する行為である。聴取した音声から様々な情報を収集し、関係者等の動向を探る目的で用いられることもある。


  1. ^ 当人らが外部に知られることを承知している会話・通信の傍受は盗聴ではない。
  2. ^ KATZ v. UNITED STATES(389 U.S. 347)
  3. ^ KATZ v. UNITED STATES(389 U.S. 347)CONCUR/MR.JUSTICE HARLAN, concurring.
  4. ^ レーザー盗聴装置を製造している会社
  5. ^ 市民団体の記者会見“隠しどり” ICレコーダー置く 秋田県当局に県政記者会が抗議へ 産経新聞 2014年2月4日
  6. ^ 総務省電波利用ホームページ「微弱無線局の規定 」http://www.tele.soumu.go.jp/j/ref/material/rule/index.htm 「カーラジオ用FMトランスミッター」や「ミニFM」などが一般的な微弱無線局の代表例である。
  7. ^ Pursglove SD (1966) Electronic Design 14(15):34-49.
  8. ^ 中田整一『盗聴 二・二六事件』(文藝春秋社、2007年)を参照。
  9. ^ 事件収拾後の帝国議会(秘密会)で逓信省は戒厳令布告後の傍受については戒厳令第14条の「郵信電報の開緘」を根拠とすると説明したが、当時隠匿された布告前の傍受は完全な違法行為であった。
  10. ^ ミッドウェー海戦
  11. ^ (秘密の保護)第59条 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信(電気通信事業法第4条第1項又は第164条第2項の通信であるものを除く。第109条並びに第109条の2第2項及び第3項において同じ。)を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。(“法に基づく別段の定め”とは電波法第52条に規定される「非常通信」、「遭難通信」、「緊急通信」、「安全通信」、放送受信の5つのこと)
  12. ^ 電波法第109条の2  暗号通信を傍受した者又は暗号通信を媒介する者であつて当該暗号通信を受信したものが、当該暗号通信の秘密を漏らし、又は窃用する目的で、その内容を復元したときは、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
  13. ^ 田宮裕『刑事訴訟法[新版]』,1996)
  14. ^ a b c 「盗聴社会」 夫の浮気調査・部下の発言監視・企業スパイ あの手この手で摘発 読売新聞 1998年4月3日







品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「盗聴」の関連用語

盗聴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

都川

秩父多摩甲斐国立公園

本野盛亨

自転車横断帯

ヘンプコード

探偵倶楽部

聖フランチェスコ教会

デジタル交換機 FETEX-150





盗聴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの盗聴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS