焼きとは? わかりやすく解説

やき【焼き】

焼くこと。また、焼いた程度。火の通りぐあい。「の—が足りない」「—の悪い茶碗

刀などに焼き入れをすること。

嫉妬すること。やきもち

「きつい—さ」〈洒・郭中奇譚


焼き

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

焼く

読み方:やく
別名:焼き,焼き込む

焼くとは、IT用語としては、主にCD-Rや、DVD-Rなどの記憶メディアデータ書き込みを行うことである。

「焼く」という表現は、光学メディア普及に伴って使われはじめ、現在ではDVD-RBD-RといったCD-R以外の光学メディアでも同様に「焼く」という表現が用いられている

「焼く」という表現は、光学ドライブレーザー照射し、光学メディア記録面の有機色素変色させることから、その様子が日本語の「焼く」という言葉マッチしていたために一般的に使われるようになったとされる。USBメモリのようなフラッシュメモリや、ハードディスクドライブなどへデータ書き込む場合には、「焼く」という表現使用されない


参照リンク
CD-R/RWって何? - (一般社団法人 日本記録メディア工業会
光ディスクのほかの用語一覧
CD:  VCD  White Book  XCP  焼く
DVD:  AVCHD  AO-DVD  AVCHD Lite

焼き物 (料理)

(焼き から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/21 03:39 UTC 版)

焼き物(やきもの)あるいは焼き料理(やきりょうり)とは料理の一種で、本来は熱媒)を利用せず、で直接食品を加熱した料理である。


  1. ^ 直火によるもの、焼き容器を使うもの、油を使うものなどの区別。
  2. ^ (英語)Kenneth Miller (2013年5月). “Archaeologists Find Earliest Evidence of Humans Cooking With Fire”. Discover Magazine. Kalmbach Publishing Co.. 2017年2月26日閲覧。
  3. ^ 青木幸子監修『おとなの「家庭科の教科書」 ― 家事の苦手がなくなる! 生活が楽しくなる!』笠倉出版社、2016年、50頁。ISBN 4773086955
  4. ^ Harold McGee、香西みどり訳 『マギー キッチンサイエンス』 共立出版、2008年、157頁。ISBN 9784320061606 


「焼き物 (料理)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

焼きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



焼きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ焼くの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの焼き物 (料理) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS