シズル感とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 美術用語 > シズル感の意味・解説 

シズル‐かん【シズル感】

食べ物飲み物広告写真で、食欲購買意欲刺激される感覚。おいしさや新鮮さなどを購買者訴えかけるセンス。「シズル感のあるポスター」→シズル


シズル感

英語の擬音語で、肉を焼く時のジュージューいう音のことをシズルsizzleと言う。そこから転じて人の感覚刺激する感じのことを指し広告デザイン世界では、瑞々しさいうような意味で使われたりする。

シズル感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 13:34 UTC 版)

シズル感(しずるかん)は、食材や料理を扱った主に広告写真などの表現における、食欲や購買意欲を刺戟するような瑞々しい感覚のこと[1][2]。シズル感を生じさせる効果をシズル効果、シズル感のある映像をシズルカット、シズル感のある言葉をシズルワードシズル語と呼ぶ[3][4][5]。デザイン・印刷・広告業界においては、食品・料理以外についても臨場感や実物感の意味で用いられることがある[5][6]




「シズル感」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シズル感」の関連用語

シズル感のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シズル感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2021 横浜美術学院 AllRights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシズル感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS