食感とは?

しょっ‐かん〔シヨク‐〕【食感】

食物口の中に入れたときに、口の中や喉(のど)などで受ける感じ歯触り舌触り喉越しなど。


食感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/06 04:56 UTC 版)

食感(しょっかん)とは、食物を飲食した際に感じる五感のうち、を含む口腔内の皮膚感覚を指す。具体的には歯ごたえ、舌触り、喉ごしなどがこれにあたる。味覚など他の感覚とともに「おいしさ」を構成するうえで重要な要素を占める。




「食感」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「食感」の関連用語

食感のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



食感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS