擬態語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 擬態語の意味・解説 

ぎたい‐ご【擬態語】

事物の状態や身ぶりなどの感じいかにもそれらしく音声にたとえて表した語。「つるつる」「じろじろ」「こっそり」など。なお、広義擬声語には、擬態語が含まれることがある。→擬声語


ぎたい‐ご【擬態語】

〔名〕 広義擬声語一種音響には直接関係のない事象の状態などを描写するもの。狭義擬声語が、自然の音声言語音忠実直接的模倣するのに対し、これは間接的模倣象徴的言語音写したもの。「そわそわ」「ぐずぐず」「にやり」の類。〔国語組織(1914)〕



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「擬態語」の関連用語

擬態語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



擬態語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS