ビスケットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 菓子 > 菓子 > ビスケットの意味・解説 

ビスケット【biscuit】

読み方:びすけっと

小麦粉バター牛乳・卵・砂糖香料などをまぜて、一定の形に焼いた菓子広くは、脂肪多くしたクッキーなども含めていう。

「ビスケット」に似た言葉

ビスケット【VISCUIT】


ビスケット

小型の焼き菓子クッキ-のこと。イギリスはビスケット、アメリカではクッキ-と呼び日本ではバタ含量が多い(バタリッチ)なものをクッキ-リンなもの、大量生産のものをビスケットと呼んでいる。

ビスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/17 04:44 UTC 版)

ビスケット: biscuit[注 1])は、小麦粉を主材料に焼いた洋菓子である。小麦粉に牛乳ショートニングバター砂糖などを混ぜて、サクサクした食感に焼いたもの。チョコレートナッツ果実加工品などが加えられる場合もある。


注釈

  1. ^ 英語発音: [ˈbɪskɪt]
  2. ^ 英語発音: [ˈkʊki]
  3. ^ フランス語発音: [biskɥi]
  4. ^ フランス語発音: [sable]

出典

  1. ^ Ship's Biscuits – Royal Navy hardtack”. 王立海軍国立博物館 (2000年). 2009年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月14日閲覧。
  2. ^ "Bisquet". Cyclopaedia, or an Universal Dictionary of Arts and Sciences. I. Ephraim Chambers. 1728. p. 105. 2013年5月3日閲覧
  3. ^ 食に歴史あり: 洋食・和食事始め 著者: 産経新聞文化部 p116-118
  4. ^ The Effect of Ginger Biscuit on Nausea and Vomiting in Early Pregnancy
  5. ^ Biscuits & Cookies”. Food Timeline. 2010年1月15日閲覧。
  6. ^ 三浦基弘『身近なモノ事始め事典』東京堂出版
  7. ^ 『日本洋菓子史』を読む 第18回 乾蒸餅とは? - 一般社団法人日本洋菓子協会連合会
  8. ^ 第三編 明治時代後期『パンの明治百年史』パンの明治百年史刊行会、1970年
  9. ^ 今日2/28はビスケットの日。1855年、水戸藩の医者 柴田方庵氏が日本で初めてビスケットの製法を記録して藩に提出した日だそうです。そんな歴史を思いながら、今日のおやつはビスケット、いかがですか?”. 森永製菓 (2016年2月28日). 2016年2月28日閲覧。
  10. ^ イタリア伝統菓子、ビスコッティとは?”. www.hotelokura.co.jp.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com. 2020年4月6日閲覧。
  11. ^ 佐藤靖子、鈴木惇「ビスコッティの改良について」『日本調理科学会大会研究発表要旨集』平成28年度大会(一社)日本調理科学会セッションID:1P-57、日本調理科学会、2016年、 doi:10.11402/ajscs.28.0_1282020年4月6日閲覧。


「ビスケット」の続きの解説一覧

ビスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:28 UTC 版)

サルゲッチュ」の記事における「ビスケット」の解説

体力を示すアイテム最初は5あり、ダメージを受けるごとに1枚減ったり半分に割れたりする(2・3のみ)。0になるとジャケットTシャツが減る。強力なダメージのときは1枚減るが、既に半分に割れている場合半分しか減らないこともある。

※この「ビスケット」の解説は、「サルゲッチュ」の解説の一部です。
「ビスケット」を含む「サルゲッチュ」の記事については、「サルゲッチュ」の概要を参照ください。


ビスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/22 04:32 UTC 版)

地球の放課後」の記事における「ビスケット」の解説

アップルの子供のニホンオオカミ。足に怪我負い襲われそうになっていたところを正史助けられた。これがきっかけとなり、正史アップル再会した

※この「ビスケット」の解説は、「地球の放課後」の解説の一部です。
「ビスケット」を含む「地球の放課後」の記事については、「地球の放課後」の概要を参照ください。


ビスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 06:45 UTC 版)

ヤマザキビスケット」の記事における「ビスケット」の解説

便宜上一部ブランド名括弧内にラインナップされているシリーズ明記SP: YBCスタンドパックシリーズ、MN: ミニシリーズHP: ハンディパック、SW: スイートシリーズ) ルヴァン チーズサンドSPMNHP) - 2016年9月発売。「リッツ チーズサンド」の後継製品ルヴァン カスタードサンド(SP) - 2017年3月発売 ノアールSPMN) - 2017年12月発売。「オレオ」の後継製品エントリーSP, SW) レモンパック(SPMNHP) ブランサンドカカオ(SP) - 2017年9月発売 バタークッキーSWラングドシャSW) スリムサンド ピコラ 贅沢クッキー - 2017年3月発売

※この「ビスケット」の解説は、「ヤマザキビスケット」の解説の一部です。
「ビスケット」を含む「ヤマザキビスケット」の記事については、「ヤマザキビスケット」の概要を参照ください。


ビスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:42 UTC 版)

サバイバルキッズ」の記事における「ビスケット」の解説

脱出ふたご島登場軍艦1枚だけ取れる。説明文によると、元々は兵隊非常食らしい。通信湿気た状態にしたり、分解割れたビスケットにする事出来る(合成元に戻せる)。

※この「ビスケット」の解説は、「サバイバルキッズ」の解説の一部です。
「ビスケット」を含む「サバイバルキッズ」の記事については、「サバイバルキッズ」の概要を参照ください。


ビスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 23:53 UTC 版)

明治 (企業)」の記事における「ビスケット」の解説

リッチビスケット 「リッチチョコレート」と並ぶ「リッチ」のシリーズ商品ストロベリーオレンジ抹茶3種類がある。 過去の製品 マクビティ 国内製造を行っていた。

※この「ビスケット」の解説は、「明治 (企業)」の解説の一部です。
「ビスケット」を含む「明治 (企業)」の記事については、「明治 (企業)」の概要を参照ください。


ビスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 05:12 UTC 版)

柴田方庵」の記事における「ビスケット」の解説

柴田方庵は、安政元年1854年)に郷里水戸藩役人信之助から兵糧になる西洋保存食として「パン・ビスコイト製造」を習得し報告するよう依頼を受け、オランダ人からビスケットの製法学んだ安政2年1855年)にその製法書を送ったと方庵の日記記されている2月28日を、社団法人全国ビスケット協会では「ビスケットの日」と定めている。

※この「ビスケット」の解説は、「柴田方庵」の解説の一部です。
「ビスケット」を含む「柴田方庵」の記事については、「柴田方庵」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビスケット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ビスケット

出典:『Wiktionary』 (2021/07/24 07:57 UTC 版)

名詞

ビスケット(「乾餅」とも当てる

  1. 洋菓子一種バター牛乳、卵、砂糖香料などを混ぜて一定の形に焼いた菓子

関連語

翻訳


「ビスケット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ビスケットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビスケット」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビスケットのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
イシハライシハラ
Copyright (C) 2023 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2023 colordic.org All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビスケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサルゲッチュ (改訂履歴)、地球の放課後 (改訂履歴)、ヤマザキビスケット (改訂履歴)、サバイバルキッズ (改訂履歴)、明治 (企業) (改訂履歴)、柴田方庵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのビスケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS