灰分とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 物質 > 灰分の意味・解説 

かい‐ぶん〔クワイ‐〕【灰分】

物が燃え尽きたあとに残る不燃性鉱物質。はい。

栄養学で、食品成分として含まれる鉱物質。カルシウム鉄・ナトリウムなど。ミネラル


かい‐ぶん クヮイ‥ 【灰分】

〔名〕

石炭木炭などが完全燃焼したあとに残る、不燃焼性の鉱物質。灰。

栄養学カルシウムなどの鉱物質をいう。ミネラル


灰分

読み方はいぶん
【英】: ash

試料中に含まれる不燃焼性物質総量をいう。
燃料油中に灰分が多ければ、ボイラー加熱面に沈積して熱効率低下させ、往復エンジンピストン・リングなどを摩耗し、また金属腐食原因となる。灰分の試験方法は、日本工業規格JIS)K2272(原油および石油製品の灰分並びに硫酸灰分試験方法)に規定されている。るつぼに試料計り取って加熱点火し、試料炭素質物質になるまで燃焼させた後、電気炉中で恒量になるまで 775 加熱する。放冷して質量計り、灰分を算出する。ただし、添加剤を含む潤滑油潤滑油添加剤は、炭素質物質にした段階硫酸加えて処理し、加熱酸化して完全に硫酸塩してから 775 加熱して仕上げ放冷して灰分を求める。このようにして求めた灰分を硫酸灰分(sulfated ash)という。燃料油の灰分中にバナジウムナトリウムが多いと、機関装置腐食する原因となるので、これらの含有量問題になることがある。そのため試験方法日本工業規格JIS)にはないが、石油学会規格JPI)の JPI-5S-11(バナジウム)および JPI-5S-3(ナトリウム)に規定がある。

灰分(かいぶん)

有機物を完全に焼いて残った無機物をいう。

ミネラル

(灰分 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 22:27 UTC 版)

ミネラルmineral)は、一般的な有機物に含まれる4元素炭素水素窒素酸素)以外の必須元素である。無機質灰分(かいぶん)などともいう。蛋白質脂質炭水化物ビタミンと並び五大栄養素の1つとして数えられる。




「ミネラル」の続きの解説一覧



灰分と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「灰分」の関連用語

灰分のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



灰分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2021 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2021 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミネラル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS