ビタミンB12とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > ビタミンB12の意味・解説 

ビタミンビーじゅうに -じふに [5][3] 【ビタミン B12

ビタミン B 複合体の一。水溶性肝臓牡蠣かき)に含まれ、欠乏すると悪性貧血起こす吸収には胃粘膜から分泌される糖タンパク質を必要とする。シアノコバラミン


ビタミンB12


ビタミンB12


ビタミンB12

配位子としてコバルトイオンを含む有機化合物で、腸内微生物によって生産され、土壌水中にも存在する。高等植物はビタミンB12を濃縮しないので、動物由来物質比べるとビタミンB12に乏しい。内因子(IF)はビタミンB12の吸収に重要である。

ビタミンB12

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ビタミンB12 ( vitamin B-12 )

葉酸とともに造血作用赤血球産生深く関わっているビタミン。このビタミンが不足したときは、悪性貧血手足知覚神経障害若者場合白髪化することなどが知られています。なお、ビタミンB12は動物性食品魚介類)に多く含まれています。

ビタミンB12(びたみんびー)

ビタミンB群呼吸代謝関連する生体必須物質であるが、その中でもビタミンB12には光刺激対す感受性増加させる作用や、睡眠促進する作用などがあるようである。睡眠相後退症候群季節性うつ病など、光刺激対す反応性が弱いために睡眠覚醒生体リズムズレることが原因考えられる疾患に有効とする報告が増えている。

ビタミンB12(ビタミンビージュウニ)

赤血球形成助け栄養素です。

ビタミンB12

Vitamin B12

【概要】 水溶性ビタミン一つ通常食事摂取できるので欠乏症起こりにくい。欠乏症では貧血を主とした汎血球減少症連合脊髄症起こり疲れ易さや四肢末端のしびれ、ふらつきがでる。エイズではビタミンB12欠乏がある例がある。HIVそのものによる病変d4TddCddIの副作用とよく似ているので専門家による区別が必要。ビタミンB12は大量使用しても尿中に出るので過剰症は起こらない。

《参照》 末梢性神経障害


ビタミンb12

【仮名】びたみんb12
原文vitamin B12

赤血球dna細胞中の遺伝物質)の生成神経細胞維持に必要となるビタミン。卵、肉類鳥肉貝類甲殻類牛乳乳製品などに含まれる。ビタミンb12は、代謝拮抗薬投与を受けているがん患者における副作用軽減目的として、葉酸とともに使用されることがある。「cobalaminコバラミン)」とも呼ばれる

ビタミンB12

コバラミンとも呼ばれ、「赤いビタミン」として知られています。赤血球形成再生促進し、またたんぱく質核酸細胞新陳代謝助け成長を促します。レバー牛肉豚肉、卵、牛乳チーズ牡蛎カキ)、イワシサバなどに含まれています。

シアノコバラミン

(ビタミンB12 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/10 14:30 UTC 版)

シアノコバラミン(cyanocobalamin)は、ヒドロキソコバラミンなどと共にビタミンB12とも呼ばれる代表的なコバラミンの一種であり、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。赤色又はピンク色を呈する。




  1. ^ 帝京科学大学生命環境学部生命科学科松岡研究室研究内容紹介
  2. ^ 山田惠子 ビタミンB12の栄養学 講座の紹介資料
  3. ^ 『メルクマニュアル医学百科』「ビタミンB12」
  4. ^ シアノコバラミン - らでぃっしゅぼーや・添加物大辞典
  5. ^ Argument for providing B12 with food fortification of folate, since otherwise folate will correct hematological symptoms while leaving neurological symptoms to progress
  6. ^ a b Banerjee RV, Matthews RG (1990). “Cobalamin-dependent methionine synthase”. The FASEB Journal 4 (5): 1450-9. PMID 2407589. 
  7. ^ Wickramasinghe SN (1995). “Morphology, biology and biochemistry of cobalamin- and folate-deficient bone marrow cells”. Baillière's Clinical Haematology 8 (3): 441-59. doi:10.1016/S0950-3536(05)80215-X. PMID 8534956. 
  8. ^ Naidich MJ, Ho SU (2005). “Case 87: Subacute combined degeneration”. Radiology 237 (1): 101-5. doi:10.1148/radiol.2371031757. PMID 16183926. 
  9. ^ 渡辺文雄「ビタミンB12 の基礎」Modern physician 2007; 27: 1213‒5
  10. ^ Food and Nutrition Board, Institute of Medicine. Vitamin B12. In: Institute of Medicine, ed. Dietary reference intakes: for thiamin, riboflavin, niacin, vitamin B6, folate, vitamin B12, pantothenic acid, biotin, and choline. National Academy Press, Washington D.C., 1998: 306‒56.
  11. ^ Watanabe F. Vitamin B12 sources and bioavalilability. Exp Biol Med 2007; 232: 1266‒74.
  12. ^ a b Scott JM (January 1997). “Bioavailability of vitamin B12”. Eur J Clin Nutr 51 Suppl 1: S49-53. PMID 902348. 
  13. ^ a b Berlin H, Berlin R, Brante G (October 1968). “Oral treatment of pernicious anemia with high doses of vitamin B12 without intrinsic factor”. Acta Med Scand 184 (4): 247-58. PMID 5751528. 
  14. ^ el Kholty S, Gueant JL, Bressler L, et al. (November 1991). “Portal and biliary phases of enterohepatic circulation of corrinoids in humans”. Gastroenterology 101 (5): 1399-408. PMID 1936810. 
  15. ^ ビタミンB12解説 - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  16. ^ a b c d 五訂増補日本食品標準成分表(文部科学省)
  17. ^ 鈴木英鷹 「完全菜食とビタミンB_12欠乏 : 完全菜食において海苔はビタミンB_12の供給源として有効である」『大阪ソーシャルサービス研究』Vol.4(20031220)、pp19-25
  18. ^ 国内初のビタミンB12含有野菜「マルチビタミンB12かいわれ」の量産化に成功、出荷を開始 (スプラウト王国、2004年6月16日報道関係資料)
  19. ^ 広島大学と(株)村上農園がビタミンB12入りカイワレ大根を共同開発 (広島大学 2004年1月22日)
  20. ^ 五訂増補日本食品標準成分表 (文部科学省)
  21. ^ 柴田克己 日本人の水溶性ビタミン必要量に関する基礎的研究 (平成13年度厚生科学研究費)
  22. ^ 阿部捷男「食品中のビタミンB12の新規な定量法の開発とビタミンB12の栄養評価」『大阪府立大学学報』、号外第1号、2001年3月27日、pp30-33
  23. ^ a b 渡辺文雄「食用藻類に含まれるビタミンB12の特性と栄養評価」『ビタミン』76巻4号、2002年2月、pp246-248
  24. ^ a b Jack Norris (2002年5月). “Vitamin B12: Are You Getting It?”. Vegan Outreach. 2003年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月24日閲覧。 その解説個人サイト、海藻とビタミンB12
  25. ^ a b Jack Norris (Registered Dietitian Director, Vegan Outreach) (2015年10月). “B12 in Tempeh, Seaweeds, Organic Produce, and Other Plant Foods”. VeganHealth.org. 2017年1月24日閲覧。
  26. ^ 鈴木英鷹「厳格な玄米菜食児における血清ビタミンB12値」『Journal if Nutritional Science and Vitaminolgy』41巻6号、1995年12月、pp587-594
  27. ^ 鈴木英鷹「鈴木英鷹 完全菜食とビタミンB12欠乏(完全菜食において海苔はビタミンB12の供給源として有効である)」『大阪ソーシャルサービス研究』2003年12月20日、pp.19-25
  28. ^ Moore, SJ; Warren, MJ (1 June 2012). “The anaerobic biosynthesis of vitamin B12.”. Biochemical Society transactions 40 (3): 581–6. doi:10.1042/BST20120066. PMID 22616870. 
  29. ^ Graham, Ross M.; Deery, Evelyne; Warren, Martin J. (2009). “18: Vitamin B12: Biosynthesis of the Corrin Ring”. In Warren, Martin J.; Smith, Alison G.. Tetrapyrroles Birth, Life and Death. New York, NY: Springer-Verlag New York. p. 286. doi:10.1007/978-0-387-78518-9_18. ISBN 978-0-387-78518-9. 
  30. ^ a b Gille, D; Schmid, A (February 2015). “Vitamin B12 in meat and dairy products.”. Nutrition reviews 73 (2): 106–15. doi:10.1093/nutrit/nuu011. PMID 26024497. 
  31. ^ McDowell, Lee Russell (2008). Vitamins in Animal and Human Nutrition. (2nd ed.). Hoboken: John Wiley & Sons. pp. 525, 539. ISBN 9780470376683. https://books.google.com/books?id=UR9MnQ806LsC&pg=PA525. 
  32. ^ Rooke, Jennifer (2013年10月30日). “Do carnivores need Vitamin B12 supplements?”. Baltimore Post Examiner. http://baltimorepostexaminer.com/carnivores-need-vitamin-b12-supplements/2013/10/30 
  33. ^ Arendt JF, et al. "Elevated plasma vitamin B12 levels as a marker for cancer: a population-based cohort study." Journal of the National Cancer Institute; 2013 Dec 4;105(23): p 1799-805. DOI: 10.1093/jnci/djt315, PMID 24249744
  34. ^ a b ビタミンB12」『日本人の食事摂取基準」(2010年版)』pp159-161
  35. ^ 浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修『三輪血液病学』文光堂、2006年、ISBN 4-8306-1419-6、p.974
  36. ^ 小川聡 総編集『内科学書』Vol.6 改訂第7版、中山書店、2009年、ISBN 978-4-521-73173-5、p.72
  37. ^ 松田 晃、「2. 巨赤芽球性貧血」、『日本内科学会雑誌』 Vol. 95 (2006) No. 10
  38. ^ 栗山 貴久子ほか、12歳で発症した若年性悪性貧血II型の1例、日本小児血液学会雑誌、Vol. 12 (1998) No. 5
  39. ^ “Neurological Manifestations Of Vitamin B-12 Deficiency”. The Internet Journal of Nutrition and Wellness 2 (1). (2005). doi:10.5580/5a9. https://ispub.com/IJNW/2/1/4476. 
  40. ^ “Cobalamin-responsive psychosis as the sole manifestation of vitamin B12 deficiency”. The Israel Medical Association Journal 3 (9): 701–703. (Sep 2001). PMID 11574992. http://www.ima.org.il/IMAJ/ViewArticle.aspx?year=2001&month=09&page=701. 
  41. ^ Pernicious anemia: MedlinePlus Medical Encyclopedia”. National Institutes of Health: National Library of Medicine. 2013年12月29日閲覧。
  42. ^ Going veggie shrinks the brain (The Courier-Mail, September 12 2008)
  43. ^ 宮尾益知監修『アスペルガー症候群 治療の現場から』出版館ブック・クラブ、2009年、81ページ。
  44. ^ Bolaman Z, Kadikoylu G, Yukselen V, Yavasoglu I, Barutca S, Senturk T (2003). “Oral versus intramuscular cobalamin treatment in megaloblastic anemia: a single-center, prospective, randomized, open-label study”. Clin Ther 25 (12): 3124-34. doi:10.1016/S0149-2918(03)90096-8. PMID 14749150. 
  45. ^ Lane LA, Rojas-Fernandez C (2002). “Treatment of vitamin b(12)-deficiency anemia: oral versus parenteral therapy”. Ann Pharmacother 36 (7-8): 1268-72. doi:10.1345/aph.1A122. PMID 12086562. 
  46. ^ Butler CC et al. (2006). “Oral vitamin B12 versus intramuscular vitamin B12 for vitamin B12 deficiency: a systematic review of randomized controlled trials”. Fam Pract 23 (3): 279-85. doi:10.1093/fampra/cml008. PMID 16585128. 
  47. ^ メチルマロン酸血症”. 厚生労働省難治性疾患克服研究班報告. 難病医学研究財団/難病情報センター. 2010年10月31日閲覧。
  48. ^ “Cancer incidence and mortality after treatment with folic acid and vitamin B12”. Journal of the American Medical Association (19). (2009). doi:10.1001/jama.2009.1622. PMID 19920236. 
  49. ^ “Long-Term, Supplemental, One-Carbon Metabolism–Related Vitamin B Use in Relation to Lung Cancer Risk in the Vitamins and Lifestyle (VITAL) Cohort”. Journal of Clinical Oncology 35 (30). (2017). doi:10.1200/JCO.2017.72.7735. PMID 28829668. 


「シアノコバラミン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビタミンB12」の関連用語

ビタミンB12のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビタミンB12のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
e-血液.come-血液.com
Copyright 2019(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
Suimin.netSuimin.net
Copyright(c)suimin.net All rights reserved
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2019 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2019 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシアノコバラミン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS