日本食品標準成分表とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本食品標準成分表の意味・解説 

日本食品標準成分表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 04:42 UTC 版)

日本食品標準成分表(にほんしょくひんひょうじゅんせいぶんひょう、: Standard Tables of Food Composition in Japan)は、文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会が調査して公表している日常的な食品の成分に関するデータである。略して食品成分表とも称される。


  1. ^ Welcome to the USDA National Nutrient Database for Standard Reference
  2. ^ a b 日本食品標準成分表等の改訂について(文部科学省、2010年11月16日)
  3. ^ STANDARD TABLES OF FOOD COMPOSITION IN JAPAN - 2015 - (Seventh Revised Version):Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT)
  4. ^ 日本食品標準成分表2015年版(七訂)について
  5. ^ 日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年について:文部科学省
  6. ^ 日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年について:文部科学省
  7. ^ a b c ネイチャーメイド 公式サイト | 大塚製薬” (日本語). ネイチャーメイド 公式サイト | 大塚製薬. 2018年9月8日閲覧。
  8. ^ 月報 野菜情報-情報コーナー-2008年11月”. vegetable.alic.go.jp. 2018年9月8日閲覧。
  9. ^ 辻村, 卓; 小松原, 晴美; 荒井, 京子; 福田, 知子 (1997). “出回り期が長い食用植物のビタミンおよびミネラル含有量の通年成分変化〔1〕”. ビタミン 71 (2): 67–74. doi:10.20632/vso.71.2_67. https://ci.nii.ac.jp/naid/110002849805. 
  10. ^ 辻村, 卓; 日笠, 志津; 荒井, 京子 (1998). “出回り期が長い食用植物のビタミンおよびミネラル含有量の通年成分変化[2”]. ビタミン 72 (11): 613–617. doi:10.20632/vso.72.11_613. https://ci.nii.ac.jp/naid/110002843453. 
  11. ^ a b c d 村田 容常 (2014-7-4). “数値からみた食生活の変化 国民健康・栄養調査に基づいて”. 研究紀要 / お茶の水女子大学附属高等学校 59: 1 -12. ISSN 13405934. https://teapot.lib.ocha.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=38072&item_no=1&page_id=64&block_id=115. 
  12. ^ 渡邊智子. “[PDF日本の食品成分表からみた食品の特徴(PDF:733KB)]”. 2018年9月8日閲覧。
  13. ^ 小島, 彩子、佐藤, 陽子、橋本, 洋子、中西, 朋子、梅垣, 敬三「日本食品標準成分表の改訂に伴う野菜中のビタミンC収載値の変動に対する分析法の影響」、『栄養学雑誌』第68巻第2号、2010年、 141–145、 doi:10.5264/eiyogakuzashi.68.141ISSN 1883-7921


「日本食品標準成分表」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本食品標準成分表」の関連用語

日本食品標準成分表のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本食品標準成分表のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本食品標準成分表 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS