世界保健機関とは? わかりやすく解説

せかい‐ほけんきかん〔‐ホケンキクワン〕【世界保健機関】

読み方:せかいほけんきかん

ダブリュー‐エッチ‐オー(WHO)


世界保健機関 (WHO, World Health Organization)


世界保健機関

読み方せかいほけんきかん
【英】:World Health Organization,WHO

世界保健機関(WHO)は、1948年4月7日設置されスイスジュネーブ本部があり、加盟国は現在193カ国。たばこについてはTFIという部門があり、またWHO初の公衆衛生での国際条約であるたばこ規制枠組条約がある。

 世界保健機関(WHO)は、1945年国連国際的な保健機関必要性について議論があって1948年4月7日設置されました。この日毎年世界保健デーとされています。他のいくつかの国際機関と同様スイスジュネーブ本部あります加盟国は現在193カ国です。
 毎年5月世界保健総会開催され様々な保健上の課題議論して意思決定行っていますが、将来世界保健総会での課題検討など上位的な意思決定については、日本からを含む34人の委員から構成される実行委員会行ってます。
 WHOには現在6つ地域事務局各地にあり、日本中国韓国ニュージーランドなどと同様西太平洋領域含まれており、その事務局Western Pacific Regional Ofiice: WPRO)はフィリピンマニラ設置されています。
 たばこについては1980年代から世界禁煙デーのほか、1998年にたばこのない世界構想Tobacco Free Initiative: TFI)が設置され、また2003年はたばこ規制枠組条約成立2005年発効してます。これはWHO初の公衆衛生での国際条約です。


世界保健機関

【英】:WHO, World Health Organization

世界保健機関は、1948年55カ国メンバーにより、国際連合の専門機関として設立され60周年迎える。当時の課題としては、マラリア女性と子どもの健康、結核性病栄養環境衛生であったが、現在でもこれらの問題は解決されていない2008年現在、193カ国2つメンバー加盟し年一度、世界保健会議WHA World Health Assembly)が開催されグローバルヘルス課題および解決策協議するジュネーブ本部持ち6つ地域事務局ヨーロッパアフリカ東地中海南東アジア西太平洋アメリカ)を有し世界すべての人々の肉体的精神的及び社会的な健康を目指している。
具体的な活動としては、保健医療情報収集公開国際基準設定多国間協力推進災害対策感染症対策健康都市問題取り組み推進あげられるこれまでの活動の一番大きな成果としては、1979年天然痘撲滅した事があげられるその後は、拡大予防接種計画EPI)、結核のための短期直接監視下治療DOTS)、子どもへの幅広いケアのための小児期疾患総合管理対策IMCI)、妊産婦対策家族計画を含むリプロダクティブヘルス対策、緊急人道援助などを、重点活動として推進している。最近では新たに発生した感染症やすでに克服されたと思われていた感染症の再興に対して対策新興再興感染症」の問題として総合的重点的に対策講じている。(仲佐保

参考URL:WHOホームページ http://www.who.int/en/

世界保健機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/18 10:17 UTC 版)

世界保健機関(せかいほけんきかん、: World Health Organization: Organisation mondiale de la santé略称: WHOOMS)は、国際連合専門機関国際連合機関)の一つであり、人間の健康基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された機関。


注釈

  1. ^ WHO は「ダブリュー・エイチ・オー」とイニシャル読みするのが正しく、「フー」とアクロニム読みにはしない。しかし、辞書によっては「フー」という表記も見られる[2][3]

出典

  1. ^ a b https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kokusai/who/index.html 「日本とWHO」日本国厚生労働省 2020年5月12日閲覧
  2. ^ Weblio辞書の三省堂・大辞林の世界保健機関に「WHO。フー。」と記載がある。
  3. ^ 医師の転職支援「専門医局」サイトの用語集に「WHO(フー)」として、世界保健機関の記載がある。
  4. ^ World Health Organization > Health Topics > Data>Data Repository > By Theme
  5. ^ World Health Organization > Health Topics > Data>Data Repository > By Indicator
  6. ^ World Health Organization > Health Topics > Data>Data Repository > By Theme > Mortality and Global Health Estimates
  7. ^ World Health Organization > Health Topics > Data>Data Repository > By Theme > Mental Health
  8. ^ World Health Organization > Health Topics > Data>Data Repository > By Theme > Health Financing
  9. ^ World Health Organization > Publications
  10. ^ World Health Organization > Publications > World health Statistics
  11. ^ https://www.mhlw.go.jp/bunya/kokusaigyomu/who/ 「WHO総会について」日本国厚生労働省 2020年5月12日閲覧
  12. ^ https://www.mhlw.go.jp/bunya/kokusaigyomu/who/eb.html 「WHO執行理事会について」日本国厚生労働省 2020年5月12日閲覧
  13. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p324-325 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  14. ^ a b https://www.unic.or.jp/info/un/unsystem/specialized_agencies/who/ 「世界保健機関」国際連合広報センター 2020年5月16日閲覧
  15. ^ Countries”. 2016年6月1日閲覧。
  16. ^ a b https://www.japan-who.or.jp/commodity/soshiki.html 「WHOの組織について」公益社団法人日本WHO協会 2020年5月16日閲覧
  17. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/hakusyo/04_hakusho/ODA2004/html/siryo/sr3320012.htm 「政府開発援助(ODA)白書 2004年版 資料編 第3章 第3節12 世界保健機関(WHO:World Health Organization)」日本国外務省 2020年5月11日閲覧
  18. ^ WHO | Programme Budget Web Portal”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  19. ^ WHO | Programme Budget Web Portal”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  20. ^ WHO | Programme Budget Web Portal”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  21. ^ WHO | Programme Budget Web Portal America”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  22. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Japan”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  23. ^ WHO | Programme Budget Web Portal China”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  24. ^ WHO | Programme Budget Web Portal America”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  25. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Bill+&+Melinda+Gates+Foundation”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  26. ^ WHO | Programme Budget Web Portal United+Kingdom+of+Great+Britain+and+Northern+Ireland”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  27. ^ WHO | Programme Budget Web Portal China”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  28. ^ WHO | Programme Budget Web Portal”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  29. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Bill+&+Melinda+Gates+Foundation”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  30. ^ WHO | Programme Budget Web Portal GAVI+Alliance”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  31. ^ WHO | Programme Budget Web Portal America”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  32. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Bill+&+Melinda+Gates+Foundation”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  33. ^ WHO | Programme Budget Web Portal United+Kingdom+of+Great+Britain+and+Northern+Ireland”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  34. ^ WHO | Programme Budget Web Portal GAVI+Alliance”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  35. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Germany”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  36. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Japan”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  37. ^ WHO | Programme Budget Web Portal United+Nations+Office+for+the+Coordination+of+Humanitarian+Affairs”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  38. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Rotary+International”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  39. ^ WHO | Programme Budget Web Portal World+Bank”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  40. ^ WHO | Programme Budget Web Portal European+Commission”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  41. ^ WHO | Programme Budget Web Portal”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  42. ^ 日本国外務省、公衆衛生国際事務局設置に関する千九百七年のローマ協定 (PDF)
  43. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p322-323 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  44. ^ Fenner, Frank (1988). “Development of the Global Smallpox Eradication Programme” (PDF). Smallpox and Its Eradication (History of International Public Health, No. 6). Geneva: World Health Organization. pp. 366-418. ISBN 92-4-156110-6. http://whqlibdoc.who.int/smallpox/9241561106_chp9.pdf 
  45. ^ 「人類と感染症の歴史 未知なる恐怖を越えて」p24 加藤茂孝 丸善出版 平成25年3月30日発行
  46. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p330 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  47. ^ http://idsc.nih.go.jp/disease/polio/yobou.html#whoprogram 「ポリオ」感染症情報センター 2020年5月12日閲覧
  48. ^ https://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2018/06191125.html 「ポリオの状況-2018年6月12日現在」日本国厚生労働省検疫所FORTH 2018年 2020年5月12日閲覧
  49. ^ https://www.forth.go.jp/topics/201903110002.html 「伝播型ワクチン由来Ⅰ型ポリオウイルス-パプアニューギニア」日本国厚生労働省検疫所FORTH 2019年 2020年5月12日閲覧
  50. ^ https://atm.eisai.co.jp/ntd/onchoserciasis.html 「河川盲目症」エーザイ株式会社 2020年5月12日閲覧
  51. ^ Abelina A (2011). “Lessons from pandemic influenza A(H1N1) The research-based vaccine industry's perspective” (PDF). Vaccine 29: 1135-1138. doi:10.1016/j.vaccine.2010.11.042. PMID 21115061. オリジナルの2011年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111009120413/http://www.evm-vaccines.org/IMG/pdf/Lessons_from_pandemic_influenza.pdf. 
  52. ^ “(UPDATE) WHO declares first 21st century flu pandemic / Reuters”. ABS-CBN News. (2009年6月11日). オリジナルの2009年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090612150735/http://www.abs-cbnnews.com/world/06/11/09/who-set-declare-first-flu-pandemic-1968 2014年6月25日閲覧。 
  53. ^ WHO admits errors in handling flu pandemic Posted by NBS
  54. ^ Alex Newman (2010年1月5日). “Europe to Investigate WHO 'False Pandemic' Scandal”. The New American. https://thenewamerican.com/europe-to-investigate-who-false-pandemic-scandal/ 2014年6月25日閲覧。 
  55. ^ IPPNW (PDF) 12p
  56. ^ ECRR 2010年勧告 (PDF) 40p
  57. ^ a b 「WHOは公衆衛生より政治を優先」米国務省が検証の考え”. NHK (2020年4月11日). 2020年4月11日閲覧。
  58. ^ トランプ氏「WHOは中国寄り」、新型コロナ対応で批判 拠出金停止も」『Reuters』、2020年4月8日。2020年4月29日閲覧。
  59. ^ a b 台湾 12月末にWHOに送った文書公表“武漢で非定型肺炎””. NHK (2020年4月11日). 2020年4月11日閲覧。
  60. ^ 台湾が昨年末、WHOに警告「武漢の肺炎で隔離治療」”. 朝日新聞 (2020年4月11日). 2020年4月11日閲覧。
  61. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年5月30日). “トランプ氏、香港の優遇措置見直し WHOと「断絶」も” (日本語). 産経ニュース. 2020年5月30日閲覧。
  62. ^ 米、WHOを21年7月に脱退へ 国連に正式通告”. 日本経済新聞 (2020年7月8日). 2020年7月8日閲覧。
  63. ^ “米 バイデン新大統領 WHO脱退の撤回命じる大統領令に署名”. NHK NEWSWEB. NHK. (2021年1月21日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210121/k10012825481000.html 2021年1月23日閲覧。 
  64. ^ “米 ワクチン共同購入“国際枠組み”参加へ”. 日テレNEWS24. 日本テレビ放送網. (2021年1月22日). https://www.news24.jp/articles/2021/01/22/10808210.html 2021年1月23日閲覧。 
  65. ^ https://www.who.int/communicating-for-health/functions/campaigns/en/ 「Health campaigns」世界保健機関 2020年5月16日閲覧
  66. ^ http://amr.ncgm.go.jp/information/20181024102427.html 「毎年11月は、「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」です」AMR臨床リファレンスセンター 2020年1月1日 2020年5月16日閲覧
  67. ^ https://www.who.int/news-room/campaigns 「WHO global health days」世界保健機関 2020年5月16日閲覧
  68. ^ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06247.html 「9月17日は「世界患者安全の日」です」日本国厚生労働省 2020年5月16日閲覧
  69. ^ https://www.who.int/news-room/campaigns/world-chagas-disease-day-2020 「World Chagas Disease Day」世界保健機関 2020年5月16日閲覧
  70. ^ WHO事務局長が謝罪 職員がコンゴで性的虐待”. AFP (2021年9月29日). 2021年9月28日閲覧。



世界保健機関(WHO)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 19:14 UTC 版)

コクラン (組織)」の記事における「世界保健機関(WHO)」の解説

2011年に、コクランは世界保健機関(WHO)と公式に提携関係結んだコクラン世界保健総会などのWHOの会議投票権のない代表者任命し、WHOの保健に関する決議発言し説明文加え権利与えられている

※この「世界保健機関(WHO)」の解説は、「コクラン (組織)」の解説の一部です。
「世界保健機関(WHO)」を含む「コクラン (組織)」の記事については、「コクラン (組織)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「世界保健機関」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「世界保健機関」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



世界保健機関と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

世界保健機関のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界保健機関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2022 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2022 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
内閣府原子力委員会内閣府原子力委員会
Copyright (C) 2022 Atomic Energy Commission of Japan. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2022.
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2022 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界保健機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコクラン (組織) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS