コロナ禍とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > コロナ禍の意味・解説 

コロナ禍

読み方:コロナ
別名:コロナウイルス

いわゆる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が招いた危機的災厄的な状況のこと。社会的政治的経済的な、混乱・不安・損失などを総称した言い方

新型コロナウイルス2019年中国武漢初め確認され、2020年初頭から急速に世界中感染拡大し、同年春現在まさに世界的混乱がもたらされている。

2020年3月30日時点で、全世界トータル感染者数は約73万人に上っている。死者数はすでに35千人を上回っているという。フランスのアナドル通信Anadolu Agency)がこれを伝えている。(参照COVID-19: Global death toll surpasses 35,000

健康被害だけでなく経済にも深刻な打撃がもたらされている。イタリアフランスアメリカはじめとする複数国・都市において非常事態宣言発令されており、感染封じ込めのために人々行動(主に外出)を制限する「ロックダウン」(都市封鎖)の措置が取られた都市少なくない飲食店観光産業事業継続できておらず立ち行かなくなっている。

人々行動の自由が著しく制限され、不満と不安を募らせている傾向顕著になりつつある。日本では人々マスクを買うためにドラッグストア長蛇の列をなし、アメリカではトイレットペーパー食料品買い占め起こりイタリア南部では住民暴徒化スーパーマーケット襲撃する騒ぎまで生じている。

3月末の時点では、このコロナ禍にいつ光明が差すのか定かでないパニック起こしたり自暴自棄になったりせず、「自分大丈夫」のような思い込みや「自分例外」のような思い上がりを自らいさめ、冷静に協調的に事の経緯見守ることが求められる

コロナ禍

読み方:コロナ

コロナ禍とは、コロナ禍の意味

コロナ禍とは、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による災難のこと。コロナ禍の「コロナ」は、2019年中国湖北省武漢市発見され、2020年流行した「2019新型コロナウィルス」(SARS-CoV-2)を指す。「禍」は、わざわい災難といった意味をもち、大禍災禍戦禍のように不幸な出来事を表す時に用いられる語である。

コロナ禍における世界各国の対策

コロナ禍における、新型コロナウィルス感染症感染した人は世界で約1630万人で、国別ではアメリカ合衆国431万人で最も多くブラジル242万人)、インド144万人)と続く。日本国内の感染者は29600人にのぼる。(2020年7月27日時点

世界各国では、コロナ禍の収束向けてさまざまな対策を講じている。イギリスドイツイタリアなどでは、都市封鎖ロックダウン)によって人の移動規制することで早期収束を図っている。一方スウェーデンブラジルでは、人の移動規制せずに集団免疫早期獲得による収束を図っている。集団免疫早期獲得では、従来経済活動継続できるが、感染急増による医療崩壊を招く危険性持ち合わせている。

日本では、一部経済活動継続しながらクラスターによる感染拡大抑制するという対策コロナ禍の収束を図っている。

コロナ禍における日本の出来事

コロナ禍における世界の出来事


コロナ禍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/29 03:06 UTC 版)

コロナ禍(コロナか)とは、2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である[1]




「コロナ禍」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コロナ禍」の関連用語

コロナ禍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コロナ禍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコロナ禍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS