沖縄返還とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 沖縄返還の意味・解説 

沖縄返還

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/02 15:36 UTC 版)

沖縄返還(おきなわへんかん)は、1972年(昭和47年)5月15日に、沖縄琉球諸島及び大東諸島)の施政権アメリカ合衆国から日本国に返還されたこと(沖縄本土復帰[1])を指す。日本国とアメリカ合衆国との間で署名された協定の正式名称は「琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」である。 日本の法令用語としては、沖縄の復帰(おきなわのふっき)という[2]


  1. ^ 「沖縄県ホームページ・沖縄観光の概要p.2」
  2. ^ 沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律など。琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定では、日本語版で「復帰」となっている箇所は英語版では「reversion」。
  3. ^ 田島康彦・清水勉 『秘密保全法批判-脅かされる知る権利』 日本評論社 2013年3月 p.162.
  4. ^ 「特集 米軍ヘリ墜落」『県政の姿勢に怒り』 沖縄タイムス(2004年9月6日)[リンク切れ]
  5. ^ a b “【外交文書公開】沖縄返還で抑止力低下懸念 韓国・朴大統領、対北・中国で核増強も要望”. MSN産経ニュース (産経新聞): p. 1. (2011年12月22日). オリジナル2012年12月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111223014826/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111222/plc11122213280013-n1.htm 
  6. ^ キー坊@ウチナー. “大久保潤 『幻想の島 沖縄』より2(2009.7.23刊行)”. その「神話」の背景. 2010年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月28日閲覧。[出典無効]
  7. ^ 復帰40年の沖縄と安全保障 〜「沖縄県民調査」と「全国意識調査」から〜 (PDF)
  8. ^ 地域別最低賃金の全国一覧”. 厚生労働省. 2019年2月2日閲覧。
  9. ^ 独立行政法人労働政策研究・研修機構 (2016年5月30日). “資料シリーズ No.177 2007年の最低賃金法改正後の労働者の賃金の状況 第1章 地域別最低賃金近傍の賃金の分布”. 2018年8月18日閲覧。
  10. ^ ホーム>統計データ>労働力調査>調査結果目次> <参考>労働力調査(基本集計)都道府県別結果>第6表 完全失業率>年平均 (Excel)”. 総務省統計局 (2018年11月30日). 2019年2月2日閲覧。
  11. ^ 2017年「全国新設法人動向」調査”. 東京商工リサーチ (2018年5月23日). 2019年2月2日閲覧。
  12. ^ 内閣府 (2018年8月31日). “内閣府ホーム > 統計情報・調査結果 > 国民経済計算(GDP統計) > 統計データ > 統計表(県民経済計算) > 県民経済計算(平成18年度 - 平成27年度)(2008SNA、平成23年基準計数)>統計表>1. 総括表>7.1人当たり県民所得 (Excel)”. 2019年2月2日閲覧。
  13. ^ 【日本に復帰してよかった?】 沖縄82%が肯定、若い世代ほど高く 県民意識調査”. http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/97097. 2017年5月21日閲覧。


「沖縄返還」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「沖縄返還」の関連用語

沖縄返還のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



沖縄返還のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの沖縄返還 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS