航空自衛隊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 政治組織 > 軍隊 > 空軍 > 航空自衛隊の意味・解説 

こうくう‐じえいたい〔カウクウジヱイタイ〕【航空自衛隊】


【航空自衛隊】(こうくうじえいたい)

Japan Air Self Defence Force (JASDF)

1954年以降日本国有する事実上の空軍
現行の日本国憲法立脚する法制度上の事情から、軍隊ではなく防衛省特別機関」として定義されている。
他国空軍と同様主任務は敵性航空機および地上部隊艦艇に対する迎撃戦術偵察空路での兵站輸送である。

日本国地政学的な特徴から、防衛戦略は航空戦力に頼る部分大きく他国空軍よりも相対的に大きな予算人的資源割り当てられている。
法制度上の制約による弱点いくらか抱えているものの、その規模装備・人員練度空軍として世界有数水準に達する

平成21年4月時点で自衛官47,313人、事務官3,411人の計50,724人。

関連自衛隊 陸上自衛隊 海上自衛隊
航空自衛隊ホームページ http://www.mod.go.jp/asdf/

編制

航空自衛隊は防衛省以下、航空幕僚監部など多数組織存在する

主な装備品

航空機ヘリコプター
要撃戦闘機迎撃戦闘機F-15J/DJ、F-4EJ/EJ改
支援戦闘機攻撃機F-2A/B
輸送機C-1C-130HC-2、YS-11P、U-4ガルフストリームⅣ)、
B747-400日本国政府専用機)、KC-767空中給油機兼用)、KC-130空中給油機兼用
偵察機RF-4E、RF-4EJ
練習機T-4T-7T-400
早期警戒機AWACSE-2E-767
電子戦機YS-11EA/EB、EC-1
救難機救難ヘリコプターUH-60JU-125
輸送ヘリコプターCH-47J
誘導弾・爆弾
空対空ミサイル90式空対空誘導弾AAM-3)、99式空対空誘導弾AAM-4)、04式空対空誘導弾AAM-5)、AIM-7スパロー」、AIM-9サイドワインダー
対艦ミサイル80式空対艦誘導弾ASM-1)、93式空対艦誘導弾ASM-2
爆弾Mark 82 500ポンド無誘導爆弾91式爆弾用誘導装置(GCS-1)、CBU-87/Bクラスター爆弾
GBU-38/B JDAM
警戒管制防空装備
射程地対空ミサイルパトリオット(PAC-2/PAC-3)、81式短距離地対空誘導弾基地防空用地対空誘導弾
携帯式地対空ミサイルFIM-92スティンガー」、91式携帯地対空誘導弾SAM-2
対空砲12.7mm対空機関銃M55退役済(予備装備として保管)、対空機関砲VADS
レーダーJ/FPS-2
J/FPS-3
J/FPS-4
J/FPS-5
移動式3次元レーダー装置 J/TPS-101
移動式3次元レーダー装置 J/TPS-102
通信装置移動多重通信装置 J/TRQ-502
移動多重通信装置OH)J/TRQ-504
地上移動局衛星通信装置 J/VRC-601
後方支援装備
輸送車両業務車、軽装甲機動車3 1/2tトラック、1 1/2tトラック1/2tトラック、2 1/2t 4×4カーゴトラック(いすゞTSD/HTS)、人員輸送車民生品流用)、自活
補給車2000G燃料給油車、500G燃料給油車、20kl燃料給油車セミトレーラー5000G 燃料給油車2000リットル燃料タンク車
消防・救難車両救急車(航空自衛隊用)、高規格救急車(航空自衛隊用)、消防車(航空自衛隊用)、消防車サイト用)、大型破壊機救難消防車救難車(改)、救難R-2場外救難1型、1000G給水車セミトレーラ大形給水車トラクタ6t (6×4)給水車
除雪機除雪ドーザ装輪式)、モータグレーダ除雪用)、大型融氷液散布車、除雪車ロータリ式放雪形)、重除雪車除雪車サイト用)、残雪除去器材プラウ付)、残雪除去器材(フロントブラシ式)、除雪トラック(6×6)改、残雪除去器材けん引式)、防・除用器
施設車両トラック2t半 4×2散水車中型バキュームスイーパ、ショベルローダショベルローダバックホー付)小型土木多目的車ウニモグ
荷役車両牽引車航空機用2t)、牽引車航空機用3t)、牽引車航空機用5t)、牽引車航空機用20t)、牽引トラクター、BL-4A ボンブ・リフト・トラック、BL-1 ボンブ・リフト・トラック、無重力バランサー、カーゴローダー(C-130用)、フォークリフト5t II型クラッシュクレーン45t
その他車両大形雪上輸送車雪上車(SM31DN)、かく座機収容器材炊事車バリヤ作業車高所作業車水タンク車、ミサイル運搬車弾薬運搬車待機車、除染車、ハイリフトトラック、トーイングトラクタ、ハイリフトローダ、山林多目的車レッカ車(航空自衛隊用)、軽レッカ起動車、電源車、モーボバイク

過去の装備品


航空自衛隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/25 14:09 UTC 版)

航空自衛隊(こうくうじえいたい、: Japan Air Self-Defense Force、略称: JASDF)は、日本行政機関のひとつ。自衛隊のうちの航空部門にあたる防衛省特別の機関の総称である。日本語略称は、空自(くうじ)。諸外国からは、Japanese Air Force(日本空軍の意)に相当する語で表現されることがある。


  1. ^ 防衛省・自衛隊|令和2年版防衛白書|資料編|資料5 主要航空機の保有数・性能諸元”. 令和2年度版 防衛白書 資料編. 防衛省. 2020年8月18日閲覧。
  2. ^ 令和2年版防衛白書 資52 自衛官の定員および現員
  3. ^ 自衛隊法施行令及び防衛省の職員の給与等に関する法律施行令の一部を改正する政令(官報平成24年3月22日、号外第63号第5面)
  4. ^ 防衛省、「イージス・アショア」導入の方針
  5. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年1月5日). “空自を「航空宇宙自衛隊」に改称検討 政府、新領域の防衛強化” (日本語). 産経ニュース. 2020年5月6日閲覧。
  6. ^ 野平悠一 (2022年12月7日). “航空自衛隊改め、「航空宇宙自衛隊」へ 政府、宇宙重視で名称変更へ”. 朝日新聞 / 朝日新聞デジタル (株式会社朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASQD75D6XQD7UTFK00X.html 2022年12月8日閲覧。 
  7. ^ “航空自衛隊を「航空宇宙自衛隊」に名称変更へ 政府方針”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2022年12月7日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221207/k10013916601000.html 2023年1月5日閲覧。 
  8. ^ “中国動向「秩序への挑戦」 国家戦略骨格で政府調整”. 宮崎日日新聞. 一般社団法人共同通信社 (株式会社宮崎日日新聞社) (第29413号): p. 2【総合】. (2022年12月8日). https://www.the-miyanichi.co.jp/news/Main/2022120701001305.php 2022年12月8日閲覧. "航空自衛隊を「航空宇宙自衛隊」に改称する。" 
  9. ^ 内橋寿明 (2022年12月20日). “航空宇宙自衛隊、「名は体を表す」 空自トップが改称を説明”. 毎日新聞 (株式会社朝日新聞社). https://mainichi.jp/articles/20221220/k00/00m/010/175000c 2023年1月5日閲覧。 
  10. ^ 成沢解語 (2022年12月16日). “航空自衛隊、「航空宇宙自衛隊」に名称を変更 隊員から戸惑いの声も”. 朝日新聞 / 朝日新聞デジタル (株式会社朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASQDJ551BQDJUTIL01B.html 2023年1月5日閲覧。 
  11. ^ “「航空宇宙自衛隊」誕生へ 名称変更、戸惑う隊員も―人材確保に効果?・防衛省”. 時事ドットコム (株式会社時事通信社). (2022年12月26日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022122500104 2023年1月5日閲覧。 
  12. ^ 増田弘『自衛隊の誕生』中公新書172-176頁
  13. ^ 増田弘『自衛隊の誕生』中公新書230-231頁
  14. ^ 武市照彦『政界風土記』国政出版室
  15. ^ https://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/index.html (防衛省 統合幕僚監部 報道発表)
  16. ^ 航空自衛隊の役割 ~わが国周辺の「空」の状況~”. 防衛省 (Ministry of Defense) (2018年8月26日). 2018年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月28日閲覧。
  17. ^ 主要装備|防衛省 [JASDF 航空自衛隊]”. www.mod.go.jp. 2019年8月15日閲覧。
  18. ^ 女性、戦闘機パイロットに…空自が登用方針 : 社会 : 読売新聞”. YOMIURI ONLINE (2015年11月11日). 2015年11月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月13日閲覧。



航空自衛隊

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:46 UTC 版)

名詞

航空 自衛隊こうくうじえいたい

  1. 日本領空周辺空域防空主な任務とする軍事組織

関連語


「航空自衛隊」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「航空自衛隊」の関連用語

航空自衛隊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



航空自衛隊のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航空自衛隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの航空自衛隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS