海洋国家とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 国家 > 海洋国家の意味・解説 

海洋国家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/15 05:18 UTC 版)

海洋国家(かいようこっか、: Maritime nation)とは、大陸国家に対置される地政学的概念である。国土全体あるいは大部分がに囲まれている国家、あるいは海との関わり合いの大きい国家のことをいう[1]海洋国と表記されることもある。なお、必ずしも島国半島といった地理的な条件を要するわけではない。


[ヘルプ]
  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ 北村謙一 訳『マハン海上権力史論』(原書房、2008年新装版)
  3. ^ 川勝平太『文明の海洋史観』中央公論新社, 1997年。同『文明の海へ――グローバル日本外史』ダイヤモンド社, 1999年。および日本については前掲高坂正堯『海洋国家日本の構想』
  4. ^ 『世界史の誕生』ちくま文庫
  5. ^ 同書244-245頁
  6. ^ むしろ他国を占領すればそれだけ防衛における国力のエネルギーを分散かつ消費させるだけとされる。それだけに外部勢力が極端に強くなることは当然にして避けたい事態であり、大陸制覇を試みるよりも、むしろ大陸諸勢力を競合させることが得策と考えられる。
  7. ^ このため、社会システムや思想は開放的で、自由主義的となる傾向が強いといわれ、海洋を通じた海外貿易により富を容易に得る上で、その安全性を確保するために海軍、商船隊や漁船隊などのシーパワーを重視する国家が多いことが主な特徴である。
  8. ^ また、大量の兵員を必要とすることはなく、さらに船を操るには特別の知識と体験を必要とするところから、兵制は志願兵制度を取る国が多い。また、艦艇は高価で建造に年月が必要なことから、戦争では努めて武力戦を避け、外交交渉や威嚇により目的を達する傾向が強いともいえる。シーレーン防衛については、とりわけ、海上封鎖などによる不当な経済制裁通商破壊といって、その国の交易活動、経済活動を大きく混乱させることから、早くから経済と安全保障の関わりは指摘されてきた。


「海洋国家」の続きの解説一覧



海洋国家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「海洋国家」の関連用語

海洋国家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



海洋国家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海洋国家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS