川勝平太とは? わかりやすく解説

川勝平太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/13 17:36 UTC 版)

川勝 平太(かわかつ へいた、1948年昭和23年〉8月16日 - )は、日本経済学者歴史学者政治家静岡県知事(公選第17・18・19・20代)。


注釈

  1. ^ この時点での京都府知事は荒巻禎一山田啓二が就任していたが、川勝はその対抗馬として京都府知事選に立候補すべきとの意見もあった。なお、2022年時点での京都府知事は西脇隆俊である。
  2. ^ 出馬記者会見では、出馬を否定していたことについて、大学理事長である知事から出馬を命じられることはないという趣旨の発言と述べたうえで、自身は一度もぶれていないとした[24]
  3. ^ 「新しい歴史教科書をつくる会」結成会見時の賛同者(78人)には、会田雄次阿川弘之石堂淑朗伊藤隆大宅映子小田晋河盛好蔵、川勝平太、北方謙三木村治美日下公人草柳大蔵小島直記小室直樹佐々淳行佐藤愛子佐藤誠三郎田久保忠衛竹内義和芳賀徹長谷川慶太郎秦郁彦馬場のぼる林健太郎藤本義一村上兵衛屋山太郎石井公一郎鈴木三郎助種子島経山本卓眞などが名を連ねた[73]
  4. ^ オンライン会議には代理として県の危機管理監が出席したが静岡県としての発言は行われなかった。
  5. ^ 1975年当時、早稲田大学では法学部以外の学部の助手には任期がなく、政治経済学部の助手は必ず専任講師へ昇任していた[195]。川勝は博士課程へ進学し、助手に就任した27歳の時に専任講師への昇任が約束されていた

出典

  1. ^ “川勝知事が辞職届提出 5月10日辞職へ”. あなたの静岡新聞. (2024年4月10日). https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1448546.html?lbl=10347 2024年4月10日閲覧。 
  2. ^ Mathias, Peter; Latham, A. J. H.; 川勝, 平太; 天皇陛下. Asia and the history of the international economy : essays in memory of Peter Mathias. Vol.203, Routledge studies in the history of economics, Routledge, 2018. NCID BB25776322
  3. ^ a b c 「民主の風生かし逆転――静岡知事に川勝氏」『朝日新聞』44256号、14版、朝日新聞東京本社、2009年7月6日、26頁。
  4. ^ 「達人に聞く Part 1:歴史学者・川勝平太の軽井沢快適生活(第2特集 セカンドハウス市場ただいま沸騰中 団塊世代は別荘がお好き!?)」週刊東洋経済6033号86頁、2006年
  5. ^ a b 静岡県知事が年末年始に帰省 県民には自粛要請中」『産経ニュース』、2021年1月4日。
  6. ^ 「『一緒にいい県政を』 就任式 職員400人に抱負」『東京新聞』、2009年7月9日、朝刊 静岡版、22面。
  7. ^ a b 「『21世紀日本の構想』懇談会メンバー略歴」『「21世紀日本の構想」懇談会メンバー内閣官房内閣広報室、1999年4月。
  8. ^ 教育再生会議有識者』。
  9. ^ 「美しい国づくり」企画会議有識者名簿』。
  10. ^ a b c d e f g h 「静岡県知事プロフィール」『静岡県/プロフィール【ようこそ知事室へ】静岡県庁2013年7月5日
  11. ^ a b c d e f g 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  12. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  13. ^ a b 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  14. ^ a b c 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  15. ^ a b 市田隆文「同級生交歓」『文藝春秋』94巻1号、文藝春秋2016年1月1日、70-71頁。
  16. ^ 清水元「正田健一郎先生を悼む」『社會經濟史學』第77巻第3号、社会経済史学会、2011年11月、473頁、ISSN 0038-0113NAID 110009419446 
  17. ^ a b 極東書店新刊案内『アジアと国際経済史 -P.マサイアス追悼論集』
  18. ^ Kawakatsu, Heita; University of Oxford; Faculty of Modern History (1985) (English). International competition in cotton goods in the late nineteenth century with special reference to Far Eastern markets. OCLC 863348767. https://www.worldcat.org/title/international-competition-in-cotton-goods-in-the-late-nineteenth-century-with-special-reference-to-far-eastern-markets/oclc/863348767&referer=brief_results. 
  19. ^ 中日新聞 (2009年6月4日). “静岡知事選で民主、川勝氏擁立へ 与野党対決に”. 2009年6月7日閲覧。
  20. ^ 朝日新聞静岡版(2009-05-21)「大学学長擁立目指し超党派の「会議」発足
  21. ^ 「『出馬の意図はない』大学学長・川勝氏」『asahi.com:「出馬の意図はない」大学学長・川勝氏-マイタウン静岡朝日新聞社、2009年5月22日。
  22. ^ 「改めて川勝氏へ要請」『asahi.com:改めて川勝氏へ要請-マイタウン静岡』朝日新聞社、2009年5月23日。
  23. ^ 毎日新聞』静岡版2009年6月3日「転機:'09知事選 揺れる川勝氏発言 「出馬ない」→水面下で布石」(2009年6月12日閲覧)
  24. ^ 静岡新聞』2009年6月6日「川勝氏が出馬表明 自民・民主対決の構図」(2009年6月12日閲覧)
  25. ^ 「お知らせ」”. 静岡文化芸術大学. 2009年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月閲覧。
  26. ^ 名誉教授紹介|教員紹介|学部・大学院』”. 静岡文化芸術大学. 2020年9月9日閲覧。
  27. ^ 関連記事:「全身全霊尽くす」 川勝新知事に当選証書 静岡新聞社、2009年7月7日[リンク切れ]
  28. ^ a b 川勝氏が知事就任 県庁で当選証書受け取る:静岡県知事選:静岡”. 中日新聞社. 2009年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月閲覧。
  29. ^ “静岡県知事選、現職の川勝氏が当選”. Qnewニュース. (2017年6月26日). https://qnew-news.net/news/2017-6/2017062602.html 2018年7月4日閲覧。 
  30. ^ “現職の川勝氏4選 自民推薦の岩井氏に大差 静岡県知事選”. 静岡新聞. https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/918114.html 2021年6月21日閲覧。 
  31. ^ “4選の川勝氏「リニアの水問題、道筋をつける」【静岡県知事選】”. 静岡新聞. https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/918135.html 2021年6月21日閲覧。 
  32. ^ 「あと3人…」自民の川勝静岡県知事不信任案不発”. 産経新聞. 2021年11月24日閲覧。
  33. ^ a b c 静岡 川勝知事が退職届提出 当初の意向から時期早める - NHK 2024年4月10日
  34. ^ a b c d e f g h i j 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  35. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  36. ^ a b 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  37. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  38. ^ 高見種吉 (第4版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2024年3月30日閲覧。
  39. ^ 野村鶴次郞 (第4版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2024年3月30日閲覧。
  40. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  41. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  42. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  43. ^ 県知事選 川勝平太さんの横顔:中日新聞しずおかWeb”. 中日新聞Web. 2024年3月30日閲覧。
  44. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年4月4日閲覧。
  45. ^ 湯淺平吉 (第8版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2024年3月30日閲覧。
  46. ^ a b c 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  47. ^ 堤長發 (第4版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2024年4月4日閲覧。
  48. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2024年3月30日閲覧。
  49. ^ a b 石川嘉延・川勝平太「新しい地球モデルを目指す――自然の恵みと美意識を生かして」『Myしずおか』24巻、静岡県広報局、2005年3月、5頁
  50. ^ 「知事選立候補者のマニフェスト(要旨)」『川勝平太氏:知事選立候補者のマニフェスト(要旨)』静岡新聞社、2009年6月30日
  51. ^ 「『静岡-福岡便利用を』――川勝知事が新空港PR――県庁」『経済ニュース > 「静岡-福岡便利用を」 川勝知事が新空港PR 県庁 / 九州経済 / 西日本新聞西日本新聞社2009年7月11日
  52. ^ 佐野周平「“川勝劇場”――空港質問に無視と熱弁」『中日新聞:“川勝劇場” 空港質問に無視と熱弁:ウイークリー川勝知事:静岡(CHUNICHI Web)中日新聞社2009年12月12日
  53. ^ リニア騒動の真相8 川勝知事、"怪挙"に出る! | 静岡経済新聞”. shizuokakeizaishimbun.com (2019年6月10日). 2020年9月19日閲覧。
  54. ^ “「国益に反する知事」…リニア工事問題巡り静岡・川勝知事に批判、“難クセ”は「水」から「土」へ”. smartFLASH. (2023年9月22日). https://smart-flash.jp/sociopolitics/253710/1/1/ 2023年9月23日閲覧。 
  55. ^ 【速報】「一番大きかったのはリニア」 辞意表明の真意は? 川勝知事が臨時会見 静岡 テレしず 県内ニュース 2024年4月3日閲覧
  56. ^ a b c 強制収用へ一転、静岡知事が翻弄「沼津駅高架」”. 東洋経済オンライン (2020年12月2日). 2020年12月24日閲覧。
  57. ^ a b 「知事、10日から訪中――習副主席と面会へ」『静岡政治・経済:知事、10日から訪中 習副主席と面会へ静岡新聞社2010年1月7日
  58. ^ 韓国・忠清南道と静岡県 友好協定を締結
  59. ^ 知事、韓国大統領に招待状送付 県内外から苦情180件 静岡 MSN産経ニュース 2014年4月5日
  60. ^ a b ふじのくに「有徳の人」づくり大綱ー誰一人取り残さない教育の実現に向けてー”. 静岡県. 2023年7月5日閲覧。
  61. ^ 「小渕“先生”への質問」『小渕総理、学校へ行く』内閣官房内閣広報室。
  62. ^ 「第百四十七回国会における小渕内閣総理大臣施政方針演説」『第百四十七回国会における小渕内閣総理大臣施政方針演説』内閣官房内閣広報室、2000年1月28日。
  63. ^ 「小渕総理から君たちへ(第147回国会・施政方針演説から)」『小渕総理からのメッセージ』内閣官房内閣広報室。
  64. ^ 日本のフロンティアは日本の中にある――自立と協治で築く新世紀』「21世紀日本の構想」懇談会、2000年1月、95頁。
  65. ^ 理想の学校教育具現化委員会編集『理想の学校教育の実現を目指して(提言)静岡県教育委員会生涯学習企画課、2008年10月、資料2頁。
  66. ^ 夢あるしずおか創造会議. “川勝平太と、静岡に日本の理想を創ろう「平太Q&A」”. 2009年7月10日閲覧。
  67. ^ 文芸春秋2004年3月号
  68. ^ 朝日新聞2004年3月19日オピニオン欄
  69. ^ “憲法9条に「富士山」、10条に「自衛隊」 川勝平太・静岡知事が改正案”. 産経新聞. (2018年1月4日). https://www.sankei.com/article/20180104-DCGIF7RFXBNXJBIUYTLI55MJVM/ 2020年5月25日閲覧。 
  70. ^ a b c d 堺屋太一御厨貴後藤謙次「識者33名&政治記者84名アンケート――これが日本最強内閣だ――奥田碩橋下徹から小泉純一郎長妻昭まで、未曾有の危機に総力を結集せよ」『文藝春秋』87巻4号、文藝春秋、2009年4月1日、103頁。
  71. ^ 堺屋太一・御厨貴・後藤謙次「識者33名&政治記者84名アンケート――これが日本最強内閣だ――奥田碩、橋下徹から小泉純一郎、長妻昭まで、未曾有の危機に総力を結集せよ」『文藝春秋』87巻4号、文藝春秋、2009年4月1日、104頁。
  72. ^ 『毎日新聞』1996年12月3日付大阪朝刊、社会、27面、「『従軍慰安婦強制連行』削除を 歴史教科書でもゴーマニズム宣言 書き直しを陳情」。
  73. ^ 「新しい歴史教科書をつくる会」呼びかけ人と賛同者名簿”. JCA-NET. 2023年8月10日閲覧。
  74. ^ 第2回つくる会シンポジウム”. 新しい歴史教科書をつくる会. 2003年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月9日閲覧。
  75. ^ つくる会賛同者(平成17年2月2日現在)”. 新しい歴史教科書をつくる会. 2005年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月22日閲覧。
  76. ^ 【静岡県知事選】川勝氏が当確――大型地方選で民主4連勝――自民党内に『麻生退陣論』広がる(3/3ページ)”. 産経新聞 (2009年7月5日). 2009年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月22日閲覧。
  77. ^ a b 静岡県庁. “静岡県/記者会見質疑応答記録 2009年7月8日(水)”. 2009-07-10 (JST)閲覧。
  78. ^ 受動喫煙問題に関する、47都道府県知事の見解” (2011年5月30日). 2018年9月9日閲覧。
  79. ^ “五輪の受動喫煙対策、国の法律より厳しい都条例…「追随」「独自策」地域でずれ”. 読売新聞 (読売新聞社). (2018年8月29日). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180829-OYTET50052/ 2018年9月9日閲覧。 
  80. ^ “受動喫煙防止へ条例案 静岡県、飲食店規制踏み込まず”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2018年8月4日). http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/523726.html 2018年9月9日閲覧。 
  81. ^ “受動喫煙防止条例案 静岡県、9月議会提出へ”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2018年9月7日). http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/537890.html 2018年9月9日閲覧。 
  82. ^ “「受動喫煙防止」意見を 県、条例制定へ”. 中日新聞 (中日新聞社). (2018年8月17日). http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20180817/CK2018081702000039.html 2018年9月9日閲覧。 
  83. ^ 松久英子・浜中慎哉・竹地広憲「静岡空港・日航福岡便、搭乗率保証見直しへ」『川勝知事:「融和姿勢」を鮮明に--初登庁 /静岡 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社、2009年7月9日。
  84. ^ 「静岡文芸大空席の理事長――川勝知事就任へ――県議会」『静岡政治・経済:静岡文芸大空席の理事長 川勝知事就任へ 県議会』静岡新聞社、2009年7月27日。
  85. ^ オスプレイ試乗拒否 「自衛官が安全性確認を」 毎日新聞 2016年4月27日
  86. ^ 『経済史入門』、日本経済新聞出版社「経済学入門シリーズ」
  87. ^ 静岡県 川勝知事「御殿場はコシヒカリしかない」発言に苦情殺到”. 静岡第一テレビ (2021年11月5日). 2021年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  88. ^ ““コシヒカリ発言”を撤回し謝罪 静岡 川勝知事”. NHK政治マガジン (NHK). (2021年11月11日). https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/71865.html 2021年11月25日閲覧。 
  89. ^ 【速報】静岡県・川勝知事「コシヒカリ発言」について緊急会見 「揶揄(やゆ)するつもりはない」と釈明、誤解だと強調(Daiichi-TV(静岡第一テレビ))”. Yahoo!ニュース. 2021年11月9日閲覧。
  90. ^ コシヒカリ発言について謝罪しなかった静岡県・川勝知事 “火に油”で批判の声止まらず 苦情は500件超に(Daiichi-TV(静岡第一テレビ))”. Yahoo!ニュース. 2021年11月10日閲覧。
  91. ^ 御殿場コシヒカリ発言 川勝知事が緊急会見で説明 「責任はある」が謝罪なし(静岡県)(静岡放送(SBS))”. Yahoo!ニュース. 2021年11月9日閲覧。
  92. ^ 「コシヒカリ発言」めぐり緊急会見も謝罪の言葉なし 静岡・川勝知事あくまで「誤解だ…」 県議49人連名の抗議文も(静岡朝日テレビ)”. Yahoo!ニュース. 2021年11月9日閲覧。
  93. ^ a b c 川勝氏発言に県議会自公など抗議 支持会派も不満(産経新聞)”. Yahoo!ニュース. 2021年11月9日閲覧。
  94. ^ 「コシヒカリしかない」発言 川勝知事が御殿場市役所訪れ謝罪と撤回(静岡朝日テレビ)”. Yahoo!ニュース. 2021年11月10日閲覧。
  95. ^ 「コシヒカリ発言」で静岡県政史上初の辞職勧告決議 今後は川勝知事肝いり事業への厳しい目も…県政運営への影響は?」『news every.しずおか』静岡第一テレビ、2021年11月24日。2021年11月25日閲覧。オリジナルの2021年11月25日時点におけるアーカイブ。
  96. ^ “【地方政治ルポ】川勝知事と自民の確執越年 「コシヒカリ」辞職勧告 埋まらぬ溝、みえぬ改善糸口”. 産経新聞. (2021年12月29日). https://www.sankei.com/article/20211229-72WJ2QTUVFL4HCACSEMZYAZOAQ/ 2023年7月4日閲覧。 
  97. ^ “【解説】川勝知事給与返上問題(1)なぜ一転返上?”. NHK. (2023年7月13日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20230713/3030020847.html 2023年7月20日閲覧。 
  98. ^ “静岡・川勝知事、給与返上せず 「コシヒカリ」発言で”. 共同通信. (2023年7月4日). https://nordot.app/1048784470835872247 2023年7月4日閲覧。 
  99. ^ “川勝知事、給与など440万円返上を表明 「言行不一致」指摘され”. 毎日新聞. (2023年7月12日). https://mainichi.jp/articles/20230712/k00/00m/010/103000c 2023年7月12日閲覧。 
  100. ^ “自民会派、静岡・川勝知事の不信任決議案提出へ 給与未返上巡り”. 毎日新聞. (2023年7月12日). https://mainichi.jp/articles/20230712/k00/00m/010/293000c 2023年7月13日閲覧。 
  101. ^ “静岡知事の不信任決議案、1票差で否決 給与返上問題で”. 日本経済新聞. (2023年7月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC12D090S3A710C2000000/ 2023年7月13日閲覧。 
  102. ^ “川勝・静岡県知事に不信任決議案も否決”. 産経新聞. (2023年7月13日). https://www.sankei.com/article/20230713-N4QAS36GGNLNRB4ZE4CVSDHQIQ/ 2023年7月13日閲覧。 
  103. ^ 給与返上問題で不信任案、1票差で否決された静岡・川勝知事「人様に迷惑かければ辞職する」読売新聞オンライン
  104. ^ “川勝知事、給与返上の条例案提出 御殿場市やゆ発言で”. 産経新聞. (2023年9月21日). https://www.sankei.com/article/20230921-ZQZ3XYVV6ZOHNLEW7AY6B2YMCM/ 2023年9月21日閲覧。 
  105. ^ “知事給与減額案 付帯決議で可決 静岡県議会総務委”. 静岡新聞. (2023年10月7日). https://www.at-s.com/sp/news/article/shizuoka/1331528.html 2023年10月7日閲覧。 
  106. ^ “知事給与減額条例が可決 2年越しの給与返上へ 静岡県議会”. 静岡新聞. (2023年10月14日). https://www.at-s.com/sp/news/article/shizuoka/1336074.html 2023年11月28日閲覧。 
  107. ^ a b 【全文】物議醸す静岡・川勝知事の訓示 新入職員を前に職業差別? 繰り返される失言「みなさんは頭脳・知性高い」”. FNNプライムオンライン (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  108. ^ 静岡・川勝知事、県庁職員は「知性の高い方たち」…採用職員に訓示「野菜売ったり牛の世話したりモノを作ったりとかと違う」”. 読売新聞オンライン (2024年4月2日). 2024年4月2日閲覧。
  109. ^ 川勝知事が“職業差別”を露見…第一次産業や第二次産業の従事者を蔑む発言?しかも新入職員への訓示で【静岡発】|FNNプライムオンライン”. FNNプライムオンライン (2024年4月2日). 2024年4月2日閲覧。
  110. ^ 静岡・川勝知事「県職員は知性高い、野菜売りとは違う」”. 日本経済新聞 (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  111. ^ 川勝知事の”職業差別”発言 県庁に苦情相次ぐ…その数なんと430件 すべてが批判的な内容 静岡”. テレビ静岡 (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  112. ^ 「私の心も傷ついた」川勝知事 “職業差別”謝罪も…発言は撤回せず 辞任の理由は…”. テレ朝news (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  113. ^ 辞職表明の直前に後継打診「やってくれますか」 静岡・川勝知事、立民県連の重鎮に”. 産経新聞 (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  114. ^ 【速報】職業差別発言の川勝知事 「問題発言かのごとき状況になって本当に驚いている」と開き直り 静岡 | ニュース | テレビ静岡”. www.sut-tv.com. 2024年4月2日閲覧。
  115. ^ 【速報】“職業差別”発言の川勝知事が電撃辞職を表明「6月議会をもって職を辞そうと思う」静岡”. nordot.app. テレビ静岡 (2024年4月2日). 2024年4月2日閲覧。
  116. ^ 「6月議会をもって辞する」“職業差別”発言の静岡県・川勝平太知事が辞意表明 物議を醸した「訓示」の詳細は…(静岡放送(SBS))”. SBS NEWS. 2024年4月2日閲覧。
  117. ^ 「それは読売新聞の報道のせい」 辞職表明した静岡・川勝平太知事との一問一答(下)”. 産経新聞 (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  118. ^ 県議会議長「嫌がらせが成就した…役目は終わったという感じだった」 川勝知事から辞職報告受け 静岡”. テレビ静岡 (2024年4月3日). 2024年4月3日閲覧。
  119. ^ 日本放送協会 (2024年4月3日). “静岡 川勝知事 辞職理由は“発言とリニア開業延期で区切り” | NHK”. NHKニュース. 2024年4月3日閲覧。
  120. ^ 辞職表明の川勝知事 臨時会見全編【SBSnews6 中継映像】”. 静岡新聞 (2024年4月3日). 2024年4月3日閲覧。
  121. ^ a b 静岡 川勝知事 辞職理由は“発言とリニア開業延期で区切り””. NHK NEWS WEB (2024年4月3日). 2024年4月3日閲覧。
  122. ^ 発言は「撤回しない」 辞職表明の川勝知事「私の心も傷ついた」【主な一問一答】”. 東京新聞 (2024年4月3日). 2024年4月3日閲覧。
  123. ^ a b 静岡・川勝知事 職業差別とも受け取れる発言を撤回【速報】”. SBS NEWS (2024年4月5日). 2024年4月5日閲覧。
  124. ^ a b 「皆さんの心を傷つけ申し訳ない。不徳のいたすところ」辞職表明の川勝知事が記者会見 辞職の理由語る「リニア問題も大きな区切り」【速報】”. LIFE (2024年4月3日). 2024年4月3日閲覧。
  125. ^ 川勝知事 辞職決意の理由 ”不適切発言とリニア“と説明”. NHK NEWS WEB (2024年4月3日). 2024年4月4日閲覧。
  126. ^ 辞任表明から一夜の川勝知事を“直撃”「6月をもって辞職」ボーナス受け取る意向は?”. テレ朝news (2024年4月3日). 2024年4月4日閲覧。
  127. ^ a b 辞職表明の静岡・川勝知事 スズキ相談役と面会”. 静岡第一テレビ (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  128. ^ さらなる衝撃発言…川勝平太・静岡知事『リニア一段落で辞表』が火に油 「遅らせるのが目的か」「環境問題どうでもいいってこと?」非難殺到”. 中日スポーツ (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  129. ^ 川勝知事は早期辞職と発言撤回を 静岡県議会の自公会派が申し入れ”. KYODO (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  130. ^ 「1日も早いバトンタッチを」自民・公明会派が川勝知事に早期辞職を申し入れ 辞意表明から2日 静岡”. テレビ静岡 (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  131. ^ “静岡・川勝知事、一転「職業差別」発言を撤回…「なりわいの違いを説明したかった」”. 読売新聞. (2024年4月5日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20240405-OYT1T50116/ 2024年4月5日閲覧。 
  132. ^ 川勝知事“辞意”でリニアは? “後継打診”渡辺周氏…川勝イズム「引き継がない」(テレビ朝日系(ANN))1”. Yahoo!ニュース. 2024年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月6日閲覧。
  133. ^ 川勝知事“辞意”でリニアは? “後継打診”渡辺周氏…川勝イズム「引き継がない」(テレビ朝日系(ANN))2”. Yahoo!ニュース. 2024年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月6日閲覧。
  134. ^ 県知事選に前浜松市長・鈴木氏も前向き…スズキなど西部経済界が打診 元副知事・大村氏は立候補表明 静岡」『テレビ静岡』、2024年4月8日。2024年4月8日閲覧。
  135. ^ a b 静岡 川勝知事 10日にも辞職願提出 知事選は早ければ5月下旬に実施へ - NHK 2024年4月8日
  136. ^ 【独自】川勝知事が辞職願を前倒しで4月10日に提出へ…その3つの理由が判明 申し入れの尊重など 静岡”. テレビ静岡 (2024年4月8日). 2024年4月8日閲覧。
  137. ^ 静岡の川勝知事が10日にも辞職願 当初は6月辞職で「ボーナス満額受給」に批判も - 夕刊フジ公式サイト 2024年4月8日
  138. ^ 川勝知事、退職前倒しの意向 4月10日にも届け出 5月26日投開票も - 静岡新聞 2024年4月8日
  139. ^ 5月26日投開票 静岡知事選 - 時事ドットコム 2024年4月11日
  140. ^ 静岡 川勝知事 辞職時期早めた理由“県政の空白短くするため” - NHK 2024年4月10日
  141. ^ a b c 川勝知事の辞職表明、静岡市長「報道の切り取りも何もない」「発言を不適切と思わないこと自体にも大きな問題」”. 讀賣新聞オンライン (2024年4月4日). 2024年4月4日閲覧。
  142. ^ 「極めて不適切…あり得ないレベル」川勝知事の元部下・静岡市長も“職業差別”発言を痛烈批判”. テレビ静岡 (2024年4月3日). 2024年4月4日閲覧。
  143. ^ 静岡県の川勝知事、意図見えぬ辞職劇 「面食らった」地元の評価は」『毎日新聞』、2024年4月4日。2024年4月5日閲覧。
  144. ^ 「最大の不安定要素」がクリアされる可能性…静岡県の川勝平太知事辞職表明、長野県飯田市の佐藤健市長「リニア着工」への協議スピードアップに期待感」『SBC信越放送』、2024年4月3日。2024年4月5日閲覧。
  145. ^ 「リニア潰すつもりでやっていたのか?犯罪じゃないか」 牧之原市長が辞意表明の川勝知事を痛烈非難 静岡」『テレビ静岡』、2024年4月5日。2024年4月5日閲覧。
  146. ^ a b 川勝知事 発言で辞職意向 閣僚から言及が相次ぐ - NHK 2024年4月5日
  147. ^ 「川勝平太知事の暴言癖は今に始まったことではない」 赤羽前国交相、痛烈に批判 - 産経ニュース 2024年4月3日
  148. ^ 【リニア】「違和感」「腹立っている」 愛知・大村知事が“大きな区切り”発言の川勝知事に激怒 静岡 - FNNプライムオンライン 2024年4月8日
  149. ^ 「お前が言う?」愛知の大村知事が再び憤り 静岡の川勝知事に「すべてにイチャモンつけていた」- 名古屋テレビ 2024年4月10日
  150. ^ 川勝知事のリニア計画破綻発言に「おまいう」 大村知事が反論 - 朝日新聞デジタル 2024年4月10日
  151. ^ 川勝平太・静岡県知事の辞職「歓迎したい」 甲府・樋口雄一市長 - 日本経済新聞 2024年4月9日
  152. ^ 三重知事「理解しがたい」 静岡の川勝知事、辞職理由にリニア - 産経ニュース 2024年4月10日
  153. ^ 川勝氏の知事辞職に「緊密に連携し、大変感謝」と山梨県の長崎幸太郎知事 - 産経ニュース 2024年4月10日
  154. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年12月24日). “「ごろつき」「やくざ」 川勝知事が県議らに暴言 撤回も謝罪もせず 静岡”. 産経ニュース. 2020年10月12日閲覧。
  155. ^ 「県議会にはヤクザとゴロツキ」 静岡知事が反対議員に:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2020年10月12日閲覧。
  156. ^ ごろつき発言「ごめんなさい」 静岡県知事、議会答弁で陳謝”. @S[アットエス]. 静岡新聞 (2020年2月27日). 2020年10月13日閲覧。
  157. ^ 学者の静岡県知事、菅総理を痛烈に批判「教養レベルが露見した」 日本学術会議問題で 株式会社静岡朝日テレビ LOOK
  158. ^ 菅首相への「教養のレベル露見」発言で注目 静岡県の川勝知事が会見で語ったこと”. J-CAST ニュース (2020年10月9日). 2020年10月9日閲覧。
  159. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年10月12日). “「公の場では慎重に」首相教養レベル露見発言の静岡県知事に申し入れ”. 産経ニュース. 2020年10月12日閲覧。
  160. ^ 川勝知事の発言波紋、自民申し入れへ 学術会議問題巡り、他会派も苦言 知事「訂正の必要全くない」 (@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)”. Yahoo!ニュース. 2020年10月13日閲覧。
  161. ^ 川勝知事 菅総理への「教養レベル」発言 県に批判200件も…「訂正する必要ない」(静岡県)(Daiichi-TV(静岡第一テレビ))”. Yahoo!ニュース. 2020年10月13日閲覧。
  162. ^ 静岡知事、「教養のレベル」発言を撤回 事実誤認と陳謝”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2020年10月16日). 2020年10月17日閲覧。
  163. ^ 「菅首相の教養レベル露見」発言 川勝静岡県知事が撤回、陳謝”. @S[アットエス]. 静岡新聞 (2020年10月16日). 2020年10月17日閲覧。
  164. ^ リニア座長はJR東海の「御用学者」 川勝知事が批判:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年3月24日). 2024年4月2日閲覧。
  165. ^ 参院静岡補選告示 山崎真之輔氏第一声に川勝知事サプライズ登場”. 静岡朝日テレビ (2021年10月7日). 2023年6月30日閲覧。
  166. ^ 玉木祥子、鬼原民幸 (2021年11月11日). “女性との不適切な関係「おおむね事実」 参院補選当選の山崎氏が謝罪”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASPCB71NRPCBUTPB00R.html 2021年11月11日閲覧。 
  167. ^ 「賢いことを言わないときれいに見えない」 静岡・川勝知事が発言 朝日新聞DIGITAL
  168. ^ 「女性蔑視」発言の報道を受け、川勝知事が謝罪「全て撤回」 静岡 毎日新聞
  169. ^ a b また自身の発言から県議会で謝罪 川勝知事 「ことしの漢字」めぐる失言 2年前には“コシヒカリ発言”で謝罪も…【静岡】Daiichi-TV
  170. ^ a b 自衛隊派遣要請なぜ遅かったのか 豪雨で断水、孤立続く静岡 知事・市長が不仲のせい?東京新聞
  171. ^ 静岡のリニア議論は「末期症状」!致命的な誤りを認めた川勝知事の「新たな大問題」(小林 一哉) @gendai_biz”. 現代ビジネス (2023年4月5日). 2024年4月2日閲覧。
  172. ^ 川勝知事「科学的根拠に基づいていること 伝わっていないのは残念」山梨知事の“不快感”に弁明 リニアトンネル掘削調査めぐり”. TBS NEWS DIG (2023年5月15日). 2023年6月1日閲覧。
  173. ^ 【リニア】静岡・川勝知事「礼節欠いた」と反省の弁 山梨県内の工事に関し静岡県がJRに意見…山梨県知事が苦言(静岡朝日テレビ)”. Yahoo!ニュース. 2023年6月1日閲覧。
  174. ^ 「山梨県に出る水は静岡県の水」…JR東海に言いがかりをつける川勝知事の「デタラメ」(現代ビジネス)”. Yahoo!ニュース. 2023年6月1日閲覧。
  175. ^ 静岡新聞社. “川勝知事、山梨県に「礼節欠いた」 リニア工事でJRに要望書|あなたの静岡新聞”. www.at-s.com. 2023年6月1日閲覧。
  176. ^ 静岡・川勝知事“爆弾発言”新たな火種に…諮られていない構想で混乱「議会軽視」の声テレ朝news
  177. ^ 「しかるべきタイミングでお諮りする」「議会軽視の姿勢があからさま」川勝平太知事 の“新構想”発言めぐり 深まる自民会派との溝静岡放送
  178. ^ “川勝平太知事のみ支援会議欠席 静岡県議会一部会派が抗議”. 産経新聞. (2024年1月11日). https://www.sankei.com/article/20240111-YSJA76EUJVNOHCDRKAT66MQRRI/ 2024年1月11日閲覧。 
  179. ^ “静岡県の川勝平太知事がまたも物議を醸す発言”. 中日新聞. (2024年3月13日). https://www.chunichi.co.jp/article/867949 2024年3月13日閲覧。 
  180. ^ a b “静岡知事、磐田は浜松より文化的 「市民の共通認識」と撤回せず”. 共同通信. (2024年3月13日). https://nordot.app/1140610656863797940 2024年3月13日閲覧。 
  181. ^ “日航と静岡県が和解 福岡便の運航支援金巡り 県が1億5千万円支払い”. 日本経済新聞. (2011年10月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1701U_X11C11A0CC0000/ 2023年9月21日閲覧。 
  182. ^ a b 見極める川勝県政<2> 政治手法:中日新聞しずおかWeb”. 中日新聞Web. 2021年11月9日閲覧。
  183. ^ 見極める川勝県政<2> 政治手法:中日新聞しずおかWeb”. 中日新聞Web. 2021年11月9日閲覧。
  184. ^ 静岡)知事と市長対立「静岡市は失敗」「看過できぬ」:朝日新聞デジタル”. www.asahi.com. 2021年11月9日閲覧。
  185. ^ 「経済学研究年報」15号64頁、20号187頁(早稲田大学大学院経済学研究科経済学研究会、1975年12月、1981年3月)
  186. ^ 「球域の文明史(1) グローバル&ローカルの比較経済史」22号、2003年
  187. ^ 川勝平太「歴史の交差点 「英国議会資料」を退けた早大を辞す」(週刊ダイヤモンド1997年7月19日号)、「現代の肖像 川勝平太」(アエラ2010年8月30日号65頁)
  188. ^ 質疑応答
  189. ^ 『経済史入門 [経済学入門シリーズ]』日本経済新聞出版、2003年、207頁。 
  190. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 川勝平太2004年10月12日講演録
  191. ^ [Tessa Morris-Suzuki, Re-inventing Japan: Nation, Culture, Identity (ME Sharpe, 1997)
  192. ^ a b 「早稲田大学政治経済学部講義要項」(1997年度)
  193. ^ 「早稲田大学政治経済学部報 ひろば」28号(1996年4月1日)
  194. ^ a b c 「京都創生の概要・課題等について」(第27期京都市社会教育委員「京都創生の概要・課題等について」)
  195. ^ 奥島孝康「早稲田大学における助手の任期制」大学と学生391号25、27頁、1997年
  196. ^ Latham, A. J. H.; 川勝, 平太 (1994). Proceedings, Eleventh International Economic History Congress, Milan, September 1994. Università Bocconi : Eleventh International Economic History Congress. 予稿集の別題:L'évolution structurelle du système économique en Extrême Orient depuis 1700 : analyse comparée
  197. ^ Latham, A. J. H.; 川勝, 平太; International Congress on Economic History (ed.). Japanese industrialization and the Asian economy. Routledge, 1994. ISBN 0415115019, NCID BA23345672.
  198. ^ 文部省科学研究費補助金重点領域研究「総合的地域研究」総括班。標記以外の参加者:海田能宏、角山榮、掛谷誠、坪内良博、永沼博道、木村雅昭、松原正毅、陣内秀信、渡辺尚。
  199. ^ NHKアーカイブス保存番組検索



川勝平太(静岡県知事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 15:33 UTC 版)

大阪都構想」の記事における「川勝平太(静岡県知事)」の解説

大阪都構想制度上の問題もあるかもしれない二重行政というものを今以上にうまく克服できるのか疑問。府が都になるだけこうした点も危惧されるではないか大阪都というもののモデル東京都対抗であることからプロ野球巨人VS阪神みたいなイメージ東京対抗されているという古い図式における構想。したがって地域分権大きなインパクト大阪都ができてもあるかどうかなという懸念がある地域分権流れ出来てくるかなとは期待する反面純粋に編成できるかどうかは相当に難し道のり予想される」と懸念

※この「川勝平太(静岡県知事)」の解説は、「大阪都構想」の解説の一部です。
「川勝平太(静岡県知事)」を含む「大阪都構想」の記事については、「大阪都構想」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「川勝平太」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「川勝平太」の関連用語

川勝平太のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



川勝平太のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川勝平太 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大阪都構想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS