日夏耿之介とは?

ひなつこうのすけ -かうのすけ日夏耿之介 ○


日夏耿之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/13 09:17 UTC 版)

日夏 耿之介(ひなつ こうのすけ、1890年明治23年)2月22日 - 1971年昭和46年)6月13日)は、日本の詩人英文学者。本名は樋口國登(ひぐち くにと。通称は圀登)[1]。号は夏黄眠、黄眠道人、黄眠堂主人、聴雪盧主人、石上好古、溝五位など30数種類を数える。広範な学識と多岐にわたる文学活動で「学匠詩人」と称される。




  1. ^ 戸籍謄本では「国登」と届けられている。(井村君江「日夏耿之介年譜」『本の手帖』1968年11月号)
  2. ^ 井村君江(『日夏耿之介文集』ちくま学芸文庫、2004年)
  3. ^ 「吉江喬松博士と自分」(『日夏耿之介文集』ちくま学芸文庫)
  4. ^ 富士川英郎「鎌倉と二人の詩人」『本の手帖』「特集 日夏耿之介」1968年11月号
  5. ^ 富士川義之の解説(『荷風文学』 平凡社ライブラリー、2005年)
  6. ^ 『日本経済新聞』1988年7月15日
  7. ^ 鈴木信太郎「素白私語」『本の手帖』1968年11月号
  8. ^ 「杢太郎情調」(『日夏耿之介文集』ちくま学芸文庫)
  9. ^ 『朝日新聞』1952年3月26日(東京本社発行)夕刊、2頁。
  10. ^ 洋書1678冊他の蔵書は、飯田市愛宕神社近くの「黄眠草堂書庫」に所蔵
  11. ^ 井村君江「『轉身の頌』序の意味するもの」『本の手帖』1968年11月号
  12. ^ 『日夏耿之介全集』広告パンフレット「錬金の幻夢に焦がれ・・・」(『朝日新聞』1991年12月12日、井村君江「日夏耿之介全集が復刻」)
  13. ^ 2段組だが「現代詩人全集 第7巻」新潮社、1930年でも『黃眠帖』『黒衣聖母』『轉身の頌』(順に)収録。


「日夏耿之介」の続きの解説一覧



日夏耿之介と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日夏耿之介」の関連用語

日夏耿之介のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日夏耿之介のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日夏耿之介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS