井伏鱒二とは?

井伏鱒二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/29 01:19 UTC 版)

井伏 鱒二(いぶせ ますじ、1898年明治31年)2月15日 - 1993年平成5年)7月10日)は、日本小説家。本名は井伏 滿壽二(いぶし ますじ)。広島県安那郡加茂村(現・福山市)生まれ。筆名釣り好きだったことによる。




  1. ^ 懇意にされていた男性の教授からあるとき性的に言い寄られたが、同性には興味のない井伏がこれを断ると、この教授は手のひらを返すように井伏に辛くあたるようになったという。
  2. ^ 後の作品、本日休診のモデルとなった医院
  3. ^ 路傍の詩
  4. ^ 朝日新聞デジタル:2 トラブルで休学 - 広島 - 地域
  5. ^ 続・井伏鱒二と「因島」余録【2】昭和六年 土井家弔問から | せとうちタイムズ
  6. ^ 井伏鱒二と大正末年の因島・御調郡三庄町 前田貞昭
  7. ^ 『朝日新聞』2010年10月27日37面
  8. ^ 早稲田と文学・井伏鱒二年表
  9. ^ 近代文学試論、広島大学近代文学研究会、1983年6月、p.141
  10. ^ 「第十一章 悲しき突撃――再び東京へ」(大谷 2002, pp. 243-258)
  11. ^ 本日休診」作中、大先生の跡取り息子が戦死するエピソードのモチーフとなった出来事
  12. ^ やがて島に左様ならして帰るとき、林さんを見送る人や私を見送る人が十人足らず岸壁に来て、その人たちは船が出発の汽笛を鳴らすと「左様なら左様なら」と手を振つた。 林さんも頻りに手を振つてゐたが、いきなり船室に駆けこんで、「人生は左様ならだけね」と云ふと同時に泣き伏した。 そのせりふと云ひ挙動と云ひ、見てゐて照れくさくなつて来た。 何とも嫌だと思つた。 しかし後になつて私は于武陵「勧酒」といふ漢詩を訳す際、「人生足別離」を「サヨナラダケガ人生ダ」と和訳した。 無論、林さんのせりふを意識してゐたわけである。因島半歳記
  13. ^ 続・井伏鱒二と「因島」余録【2】昭和六年 土井家弔問から | せとうちタイムズ
  14. ^ さだまさし『絶対温度』
  15. ^ なお、太宰治は昭和14年9月に東京三鷹に転居していたが、戦時中には甲府の石原家に疎開しており、甲府空襲で被災している。
  16. ^ 蔵原惟人「新日本文学会第七回大会を終わって」『蔵原惟人評論集』第5巻p87。初出は『新日本文学』1955年3月号
  17. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)39頁
  18. ^ 『「黒い雨」と「重松日記」』(風媒社、1993)、同『知られざる井伏鱒二』(蒼洋社、1996)、同「井伏鱒二の『黒い雨』は盗作だったのか」(『週刊金曜日』1995・12・15)などを参照。
  19. ^ 「「黒い雨」盗作説への反論」(『東京新聞』1997・8・6~7)
  20. ^ 「『黒い雨』をめぐって 相馬正一氏への反論」(『東京新聞』1997・9・2)
  21. ^ 栗原裕一郎『<盗作>の文学史 』(新曜社、2008年)参照。
  22. ^ 回想記を、小沼は『清水町先生』(筑摩書房、のち文庫)、三浦は『師・井伏鱒二の思い出』(新潮社)を著している。
  23. ^ 川島雄三の碑


「井伏鱒二」の続きの解説一覧



井伏鱒二と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「井伏鱒二」の関連用語

井伏鱒二のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



井伏鱒二のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの井伏鱒二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS