連城三紀彦とは?

れんじょう‐みきひこ〔レンジヤウ‐〕【連城三紀彦】

[1948~2013小説家愛知生まれ本名加藤甚吾(じんご)。ミステリー作家生活をスタートするが、濃密文体男女関係の危うさを描いた恋愛小説でも人気を呼ぶ。「恋文」で直木賞受賞。他に「戻り川心中」「宵待草夜情」「隠れ菊」など。


連城三紀彦(れんじょう・みきひこ)

本名加藤甚吾。1948年(昭23)、名古屋生まれ早稲田大学政経学部卒。
1978年(昭53)、「変調二人羽織」にて「幻影城」の第三幻影城新人賞小説部門受賞
1980年(昭55)、「小説現代」に発表された「戻り川心中」にて、1981年(昭56)、第34日本推理作家協会賞受賞。この作品は「週刊文春」の80年傑作ミステリーベスト10」の9位に選ばれる同時に83直木賞候補となる。また、日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1981年版」に収録される。「戻り川心中」は「幻影城54号に掲載されるはずだった「連作花葬第六菖蒲の舟」の改題。なお、「花葬シリーズは全十作予定していたが、「桜の舞」などが発表されていない
1981年(昭56)に「小説新潮スペシャル」に発表した「宵待草夜情」にて、1984年(昭59)、第五吉川英治文学新人賞受賞同時に1983年(昭58)に第90直木賞候補となる。
1982年(昭57)に「オール讀物」に発表した「白い花」が、1982年(昭57)に第88直木賞候補となる。
1982年(昭57)に「問題小説」に発表した「黒髪」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1983年版」に収録される。
1983年(昭58)に「小説新潮」に発表した「紅き唇」が、1983年(昭58)に第89直木賞候補となる。
1983年(昭58)に「小説新潮」に発表した「恋文」で1984年(昭59)、第91直木賞受賞
1983年(昭58)に「オール讀物」に発表した「親愛なるエス君へ」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1984年版」に収録される。
1984年(昭59)、「私という名の変奏曲」が「週刊文春」の84年傑作ミステリーベスト10」の8位に選ばれる
1984年(昭59)に「小説推理」に発表した「唯一の証人」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1985年版」に収録される。
1984年(昭59)に「小説新潮」に発表した「裏町」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1985」に収録される。
1985年(昭60)に「オール讀物」に発表した「写し絵」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1986年版」に収録される。
1985年(昭60)、仏門に入って修行のため、一年間休筆法名は智順。
1986年(昭61)に「文藝春秋」に発表した「淡味の蜜」は日本文藝家協会の「ベスト小説ランド 1987」に収録される。
1987年(昭62)に「文藝春秋」に発表した「捨て石」は日本文藝家協会の「現代小説 1988」に収録される。
1988年(昭63)に刊行された「黄昏ベルリン」が宝島社の「このミステリーがすごい!」3位に、また、週刊文春」の88年傑作ミステリーベスト10」の1位に選ばれる
1989年(平1)に「週刊小説」に発表した「ぼくを見つけて」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1990年版」に収録される。
1989年(平1)に「オール讀物」に発表した「彩雲」は日本文藝家協会の「現代小説 1990」に収録される。
1990年(平2)、キネマ旬報賞キネマ旬報読者賞受賞
1990年(平2)に「小説推理」に発表した「どこまでも殺されて」が「週刊文春」の90年傑作ミステリーベスト10」の9位に選ばれる
1990年(平2)に「オール讀物」に発表した「夜のない窓」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1991年版」に収録される。
1990年(平2)に「文藝春秋」に発表した「落葉樹」は日本文藝家協会の「現代小説 1991」に収録される。
1992年(平4)に「小説新潮」に発表した「家路」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1993年版」に収録される。
1993年(平5)に「小説新潮」に発表した「夜の二乗」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1994年版」に収録される。
1995年(平7)に「静岡新聞」に掲載した「隠れ菊」で1996年(平8)に第9回柴田錬三郎賞受賞
1996年(平8)に「小説すばる」に発表した「裁かれる女」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1997年版」に収録される。
1997年(平9)に「小説新潮」に発表した「ひとつ蘭」は日本文藝家協会の「現代小説 1998」に収録される。
1995年(平7)に「小説推理」に発表した「人間動物園」が、2002年(平14)に宝島社の「このミステリーがすごい!」7位に選ばれる
1997年(平9)に「小説推理」に発表した「流れ星と遊んだころ」が、2004年(平14)に宝島社の「このミステリーがすごい!」9位に選ばれる



連城三紀彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/31 01:04 UTC 版)

連城 三紀彦(れんじょう みきひこ、1948年1月11日 - 2013年10月19日[1])は、日本小説家真宗大谷派僧侶。本名は加藤 甚吾(かとう じんご)[1]






「連城三紀彦」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「連城三紀彦」の関連用語

連城三紀彦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



連城三紀彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの連城三紀彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS