第40回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第40回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第40回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 02:38 UTC 版)

第40回NHK紅白歌合戦』(だいよんじっかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1989年平成元年)12月31日NHKホールで行われた、通算40回目のNHK紅白歌合戦。19:20 - 20:55および21:00 - 23:45にNHK生放送された。元号が平成改元されてから初めての開催となる。


注釈

  1. ^ 第41回NHK紅白歌合戦」の項を参照。
  2. ^ 今回歌唱した「アンコ椿は恋の花」は紅白で初披露となった。なお第35回の本放送終了後には、都を送るべく出場歌手一同によって同曲が大合唱された。
  3. ^ 翌年の第41回では、引退ステージとした第35回以来の紅組トリを務めた。
  4. ^ 通算15回に渡り紅白の司会を担当した宮田輝や、テレビ創世記の紅白における白組司会であった高橋圭三も招待される予定だったが、宮田はのため入院中(翌年死去)で、高橋も裏番組第31回日本レコード大賞』の実行委員を務めていた関係で出演を辞退した。
  5. ^ デジタルハイビジョンに取って替わる形で2007年9月30日をもって終了。
  6. ^ 全編に渡るハイビジョン制作・放送は翌年の第41回から。
  7. ^ 1987年に『週刊朝日』は「NHK内部には、将来『紅白』というテーマを改め『アジア音楽祭』のようなイベントにできないかという考え方もある」との芸能記者の話を掲載している[3]
  8. ^ この以前では、第37回1986年)で紅組司会の候補に挙がっていたとされる(同年三田は大河ドラマいのち』の主演を務めた)。
  9. ^ この以前でも『大河ドラマ』の主演経験者が司会の候補に挙がることはあった。
  10. ^ 第38回でも(1987年)総合司会の候補に挙がっていた。
  11. ^ 曲紹介は松平定知(総合司会)が行った。
  12. ^ 花の首飾り」「君だけに愛を」のメドレー。
  13. ^ ペッパー警部」「UFO」「サウスポー」のメドレー。
  14. ^ 当初、出場回数表記としては“由紀さおり(12)・安田祥子(初)”とされ、それぞれソロ歌手としてカウントされていた。しかしその後、今回に関しては“由紀さおり・安田祥子”名義で、2人のユニットとして「初出場」扱いに変更されている。
  15. ^ 藤山はフィナーレの「蛍の光」の指揮者としては第43回1992年〉まで出演。

出典

  1. ^ 太田省一『紅白歌合戦と日本人』、265頁。
  2. ^ 紅白歌手別視聴率、40%超えは嵐ら3組だけに…前回は31組スポーツ報知、2020年1月7日 6時0分。
    平成以後の紅白歌手別瞬間最高視聴率
  3. ^ 「落ち目のNHK紅白を救えるか プリマドンナ佐藤しのぶの人気と実力」『週刊朝日』1987年12月18日号、172-173頁。
  4. ^ 『怪物番組 紅白歌合戦の真実』合田道人:著、幻冬舎、2004年、p286〜288参照
  5. ^ 牧山泰之『想い出の紅白歌合戦』、34頁。
  6. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』、290頁。
  7. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』、175頁。
  8. ^ 合田『紅白歌合戦の舞台裏』、175頁。
  9. ^ 合田『紅白歌合戦の舞台裏』


「第40回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第40回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第40回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第40回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第40回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS