第35回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第35回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第35回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 10:20 UTC 版)

第35回NHK紅白歌合戦』(だいさんじゅうごかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1984年昭和59年)12月31日NHKホールで行われた、通算35回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。




  1. ^ BSの整理統合およびそれに伴う番組編成の見直しにより第61回2010年)(地デジ難視対策衛星放送第65回2014年))を以って終了。
  2. ^ 光子はこの間も幾度か紅組司会の候補に挙がっていた。
  3. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』
  4. ^ 合田『紅白歌合戦の舞台裏』
  5. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』
  6. ^ 週刊女性』1984年11月13日号、38頁。
  7. ^ 『週刊平凡』1984年9月号、28頁。
  8. ^ 『週刊現代』1985年1月号
  9. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』
  10. ^ 有田芳生『歌屋 都はるみ』文藝春秋、1997年、224頁。ISBN 4-16-743802-X
  11. ^ これまでオリンピックのメダル獲得者は競技と無関係の場への登場を良しとしない日本体育協会の意向から審査員に選出されることは皆無だったが、このロサンゼルス大会よりオリンピックの商業化が進行したことから、審査員起用が解禁された。
  12. ^ 審査員やゲストとしてはその後も出演があった。
  13. ^ 鈴木健二 紅白「私に1分間時間を下さい」はでまかせだった,NEWSポストセブン,2013年12月29日
  14. ^ http://news.ameba.jp/20131229-213/ 女性セブン 2014年1月9日・16日号
  15. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、168~169頁。
  16. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、168頁。
  17. ^ それから約30年後に高田は、2015年8月8日放映の『思い出のメロディー』へNHKのステージに久々音楽番組の生出演を果たし、自身のヒット曲「硝子坂」と「私はピアノ」の2曲を披露した。
  18. ^ この中には7代目玉屋庄兵衛(からくり人形師・翌年の国際科学技術博覧会で日本古来の和時計を復元)もいた。
  19. ^ 『読売新聞』1984年12月22日付夕刊、6頁。


「第35回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第35回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第35回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第35回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第35回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS