釜本邦茂とは?

釜本邦茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 07:44 UTC 版)

釜本 邦茂(かまもと くにしげ、1944年4月15日 - )は、日本の元サッカー選手、元サッカー指導者、元参議院議員実業家日本サッカー協会 (JFA) 顧問[3]京都府京都市右京区太秦出身。現役時代のポジションはフォワードで、日本サッカーリーグでは、251試合出場し、通算202得点(歴代1位)、通算79アシスト(歴代1位)を記録。得点王7回、アシスト王3回、年間優秀11人賞14回、日本年間最優秀選手賞7回受賞(歴代1位)と傑出した活躍を見せた。また、サッカー日本代表として国際Aマッチ76試合75得点(総通算231試合153得点)を記録し、1968年メキシコオリンピックでは、アジア人初の得点王となった。2005年第1回日本サッカー殿堂入り。




  1. ^ a b c 国吉好弘『日本サッカーユース代表の誇り-アンダーを紐解く』ベースボール・マガジン社、2013年、343-344頁。ISBN 978-4583106113
  2. ^ a b c d 日本代表歴代記録 - 財団法人日本サッカー協会
  3. ^ a b 名誉役員 - 日本サッカー協会・2010年7月25日
  4. ^ a b Kunishige Kamamoto - Goals in International Matches”. RSSSF.com. 2016年9月21日閲覧。
  5. ^ a b c 80 days to go”. FIFA.com (2014年3月23日). 2016年9月21日閲覧。
  6. ^ http://www.kakugo.tv/detail_97.html
  7. ^ a b 六川亨『サッカー戦術ルネッサンス』アスペクト、2009年、ISBN 9784757216617、P182 - 184。
  8. ^ 確かなインステップのボールをとらえる巧さと強さ - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  9. ^ ボールに対する鋭い読み - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  10. ^ 額にきちんと当て、狙った所へ落とす正確なヘディング - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」[リンク切れ]
  11. ^ ボールを受けるための抜群のタイミングとコース取り - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  12. ^ 両足のシュートで国際的に成長 - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  13. ^ メキシコ・オリンピックの8ヶ月前に釜本邦茂の劇的開花を助けた西独の名コーチ ユップ・デアバル - 賀川サッカーライブラリー
  14. ^ 釜本邦茂氏 京都文教大学客員教授に就任
  15. ^ (人生の贈りもの)わたしの半生 元サッカー日本代表FW・釜本邦茂:2 72歳
  16. ^ 釜本邦茂(3)人生変えた言葉 「いろんな国にいける」 野球少年、一転サッカー部へ
  17. ^ 『平成23年度「京都スポーツの殿堂」殿堂入りについて』 受賞者プロフィールより - 京都市文化市民局 市民スポーツ振興室スポーツ企画課
  18. ^ サッカーマガジン1976年2月号132頁
  19. ^ 強く、しかもクレバーな釜本! - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  20. ^ 最先端に残り、常に無言のプレッシャーを与える釜本 - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  21. ^ 豊富な経験と得点への意欲で肉体の衰えをカバーする - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  22. ^ ペレ、オベラーツ、釜本の40代トリオが見せたゴールの基本 - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  23. ^ プロを破った思い切り良さと鋭く押さえたシュート - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  24. ^ 日本サッカー協会編「日本代表公式記録集The Yearbook of JFA 2011」
  25. ^ 『スポーツの20世紀VOL,1サッカー英雄たちの世紀』(ベースボール・マガジン社、2000年)158頁。
  26. ^ 釜本の飛躍を決定づけた迫力のアーセナルゴール - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  27. ^ 「メキシコ・オリンピック大会 16チーム熱戦のあと」サッカーマガジン1968年12月号124頁
  28. ^ 「続・メキシコ五輪図解戦評 対メキシコ」『サッカーマガジン』1969年1月号56頁
  29. ^ 組織ディフェンスを打ち破るロングシュートの破壊力 戦 - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  30. ^ 知らずに「消える」ことを会得した大事なフランス戦 - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  31. ^ 3位決定戦の重苦しさをはねのけた釜本のゴール - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  32. ^ アジアでの名声を不動としたムルデカの神話のゴール - 賀川 浩「ストライカーの技術講座」
  33. ^ a b c 週刊サッカーマガジン 1999年9月1日 no.726号 p.40-41 ベースボールマガジン社
  34. ^ “釜本氏「まさか女の子に抜かれるとはね」”. スポーツニッポン. (2011年7月2日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/07/02/kiji/K20110702001129630.html 2011年7月10日閲覧。 
  35. ^ a b c d e f g 賀川浩『ストライカーの美学・釜本邦茂写真集』東方出版、1985年。
  36. ^ ガンバ以来やな。 - ガマ喝問答!
  37. ^ 釜本監督誕生は"誤報"だった! - Sports Times
  38. ^ “春の叙勲に津川雅彦、釜本邦茂氏ら”. デイリースポーツ. (2014年4月29日). http://www.daily.co.jp/gossip/2014/04/29/0006917791.shtml 2016年10月13日閲覧。 
  39. ^ 論談:日本ハイカ疑惑 - 巨額の金は森喜朗と闇社会へ
  40. ^ 比例区 第19回参議院議員選挙 -ザ・選挙-
  41. ^ a b 20世紀日本の生んだ世界レベルのストライカー 釜本邦茂(中)|賀川ライブラリー
  42. ^ 釜本邦茂(2)恵まれた体 探究心と俊足、親譲り 電車・人混み…どこでも練習
  43. ^ 朝日新聞 2012年5月26日 be b3ページ
  44. ^ 『スポーツの20世紀VOL,1サッカー英雄たちの世紀』(ベースボール・マガジン社、2000年)153頁。
  45. ^ 『サッカー日本代表新聞』(日刊スポーツ新聞社、2006年)18頁。
  46. ^ 大住良之後藤健生『日本サッカーは本当に強くなったのか』中央公論新社、2000年
  47. ^ 藤島大『スポーツ・ノンフィクション選 熱狂のアルカディア』文藝春秋、2008年。
  48. ^ 釜本邦茂のニッポンFW論 - 朝日新聞
  49. ^ http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/26/soccer-best-10_n_5391870.html
  50. ^ More goals than caps”. FIFA.com (2009年6月3日). 2016年9月21日閲覧。
  51. ^ a b Players with 100+ Caps and 30+ International Goals”. RSSSF.com. 2016年9月21日閲覧。






固有名詞の分類

日本のサッカー選手 瀬口拓弥  端戸仁  釜本邦茂  竹腰重丸  井手健太郎
日本のサッカー指導者 古前田充  鳥原光憲  釜本邦茂  竹腰重丸  田北雄気
サッカー日本代表選手 高師康夫  古前田充  釜本邦茂  山口素弘  森島寛晃
オリンピックサッカー日本代表選手 山郷のぞみ  李忠成  釜本邦茂  下田崇  西紀寛
日本サッカー殿堂 杉山隆一  岩谷俊夫  釜本邦茂  竹腰重丸  藤田静夫
ヤンマーディーゼルサッカー部の選手 坪田和美  川前力也  釜本邦茂  森島寛晃  カルロス・エステベス
日本サッカー協会の人物 渡邉聡  山口隆文  釜本邦茂  重松良典  憲仁親王妃久子
日本の実業家 津村重舎  黒田武志  釜本邦茂  河合斌人  後藤達郎
日本のオリンピック銅メダリスト 藤田隆治  遠藤純男  釜本邦茂  北島康介  岩渕有美
京都府の政治家 奥田幹生  池坊保子  釜本邦茂  鵜崎多一  山名靖英

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「釜本邦茂」の関連用語

釜本邦茂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



釜本邦茂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの釜本邦茂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS