日本レコード大賞とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > テレビ番組 > TBSの特別番組 > 日本レコード大賞の意味・解説 

日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 04:52 UTC 版)

日本レコード大賞』(にほんレコードたいしょう)は、スポーツ紙を含む各新聞社の記者が中心となって決定する音楽に関する賞である[注 1]




注釈

  1. ^ ここでいう「レコード」とは「記録」という意味ではなく20世紀中盤から後半にかけて使われた音楽記録メディアのことである
  2. ^ 時期は不明だが、当初は「!」がなかった。民放では数少ないテレビラジオの同時放送番組でもある
  3. ^ この年には、TBSテレビをキー局とするニュースネットワーク「JNN」も発足した。
  4. ^ 基本的には5社連盟構成局のみだが、年によっては東北放送中国放送も加わる。
  5. ^ 水原弘第1回のレコード大賞を受賞した際に「レコード大賞って何だ?」と言ったというエピソードがある[11]。また、美空ひばりが出演しても客席がガラガラだった事もあったという。
  6. ^ テレビ中継の最高視聴率ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)は第19回1977年)の50.8%[12]
  7. ^ 松宮一彦は第39回(1997年)まではTBSアナウンサー。第40回(1998年)はこの年の6月にTBSを退社しフリーアナウンサーとしての担当。第41回(1999年)放送の直前に自殺。TBS時代の上司だった小島一慶が引き継ぐ形となった。
  8. ^ かつてはTBS賞として新制作協会員の吉田芳夫作のブロンズ像が贈られていた
  9. ^ 元々は1922年に吹き込まれ、1928年に、大ヒットした二村定一の楽曲で、1961年フランク永井がカバーした。
  10. ^ 「矢切の渡し」は元々、ちあきなおみのシングル「酒場川」(1976年発売)のB面として発表された楽曲で、1982年には、ちあきのA面シングルとして発売されている。翌1983年細川たかしがカバーし、レコード大賞を受賞した。
  11. ^ 現在の音源元はUPFRONT WORKS/ライスミュージック
  12. ^ 現在の音源元はBeing group
  13. ^ 同年には開始10周年を記念した特別番組「10周年記念音楽会」(1968年12月28日放送)が放映され、それまでの各賞受賞者達が勢揃いした。この特番は鮮明なカラー映像の完全版VTRが現存している。この為、第9回以前の受賞曲の紹介では、この時の映像が使用されることが多い
  14. ^ 愛媛県では、1992年の第33回から、この年にTBS系新局として開局したあいテレビでネットされている。

出典

  1. ^ a b 2015年「日本レコード大賞」、“「三代目JSB」VS「AKB48」”といわれる理由”. TSUTAYA T-SITE NEWS. 2016年1月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 国民的番組『レコ大』の存在意義は視聴者に認められているか”. 産経ニュース. 2016年1月5日閲覧。
  3. ^ 視聴者・審査員不在の賞レース『日本レコード大賞』“聖域化”への苦言”. cyzo.inc. 2016年1月17日閲覧。
  4. ^ 評論家・麻生香太郎が音楽業界のタブーに切り込む!集中連載第2回”. Real Sound. 2016年1月18日閲覧。
  5. ^ 三代目JSBの「レコード大賞1億円買収」で思い出される“審査委員長怪死事件”の深すぎる闇”. exciteニュース. 2018年12月31日閲覧。
  6. ^ 佐藤, pp. 123-124.
  7. ^ 佐藤, pp. 122-123.
  8. ^ 佐藤, pp. 124-125.
  9. ^ 佐藤, pp. 129-131.
  10. ^ 佐藤, p. 145.
  11. ^ 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争―そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、133頁。ISBN 4062122227
  12. ^ 『全記録 テレビ視聴率50年戦争―そのとき一億人が感動した』133-136頁。
  13. ^ 「レコード大賞 復権へ再改革」『朝日新聞』1993年12月18日付東京夕刊、14頁。
  14. ^ レコ大視聴率、関東地区で14.9%/芸能社会速報/デイリースポーツonline当日13時に閲覧。
  15. ^ 「Yahoo!テレビ.Gガイド」の番組解説欄に記載。
  16. ^ 【レコ大】AKB2連覇で視聴率16.6%、4年ぶり16%台に回復 オリコン2013年1月2日閲覧
  17. ^ ビデオリサーチ週間高視聴率番組 2012年12月24日 - 30日 2013年2月11日閲覧。
  18. ^ 「レコ大」視聴率13・0% 大みそか前日に日程変更以降最低 - Yahoo!ニュース
  19. ^ 西野カナ快挙「日本レコード大賞」健闘14・5% Yahoo!ニュース 2017年1月2日配信・閲覧
  20. ^ 乃木坂が大賞受賞のレコ大は14・4% デイリースポーツonline 2018年1月2日配信・閲覧
  21. ^ 乃木坂がV2「日本レコード大賞」視聴率16・7% 前年より2・3Pアップスポニチアネックス 2019年1月2日配信・閲覧
  22. ^ 令和初「レコ大」視聴率14.0% Foorinが史上最年少戴冠 前年から2・7Pダウンスポニチアネックス 2019年1月2日配信・閲覧
  23. ^ TBSラジオ広報誌「954press」2012年12月 - 2013年1月号5項に掲載
  24. ^ 長田暁二『昭和の童謡アラカルト―戦後編』ぎょうせい、1985年、139頁。ISBN 4324001243
  25. ^ 『昭和の童謡アラカルト―戦後編』160-161頁
  26. ^ a b JNN系列局は排他協定の規則により、現在はクロスネットが禁止となっている。


「日本レコード大賞」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本レコード大賞」の関連用語

日本レコード大賞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本レコード大賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本レコード大賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS