児玉清とは?

児玉清

以下の映画児玉清関連しています。
 


児玉清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/06 14:23 UTC 版)

児玉 清(こだま きよし、1933年12月26日[1] - 2011年5月16日[2])は、日本俳優タレント司会者作家。本名、北川 清(きたがわ きよし)。出生名=旧姓及び旧芸名、小玉 清(こだま きよし)。




  1. ^ 実際の生年月日は1933年12月26日だが、戸籍上は1934年1月1日生まれ。
  2. ^ a b “児玉清さん死去 アタック25の司会として親しまれる”. スポニチ Sponichi Annex. (2011年5月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/05/17/kiji/K20110517000839950.html 2017年4月8日閲覧。 
  3. ^ a b c タブ・ハウス:インタヴュー 児玉清さん
  4. ^ 2011年2月5日放送『土曜スタジオパーク」出演時のコメント、著書「負けるのは美しく」より)
  5. ^ 【エンタがビタミン♪】児玉清さん「泣く子も黙るキムタクなんだから出なさい」長女の説得でHERO出演を決めた。”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン (2011年5月20日). 2018年2月1日閲覧。
  6. ^ a b 児玉清著、集英社「負けるのは美しく」より。
  7. ^ 2011年4月1日にNHKの旧・BS2BSハイビジョンが1局に統合され『BSプレミアム』として開局。
  8. ^ a b “児玉清さん死去…77歳、胃がん闘病2カ月”. スポーツ報知. (2011年5月18日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110518-OHT1T00024.htm 
  9. ^ 翌週5月7日以降は「海外出張中」という設定となり、代わって草刈民代が出演している。
  10. ^ “児玉清さんに特別賞、クニマス番組に本賞”. 日刊スポーツ. (2011年5月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110527-781906.html 2017年4月8日閲覧。 
  11. ^ 2011年2月7日付『日刊ゲンダイ』「私の本の捨て方、残し方」より
  12. ^ 関川夏央(「NHK・BS『週刊ブックレビュー』終了」『やむを得ず早起き』小学館 2012年pp.149-153)。
  13. ^ 週刊文春 2011年6月9日号『夜ふけのなわとび/被災地の本』参照
  14. ^ “児玉さん新聞で書評、08年に最後の寄稿”. サンケイスポーツ. (2011年5月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/110518/gnj1105180504008-n1.htm 2011年5月22日閲覧。 
  15. ^ 週刊ブックレビュー「児玉 清 本を読む喜び」 NHKオンライン
  16. ^ 2011年6月26日朝日新聞朝刊40面テレビ欄より。
  17. ^ 文藝春秋』2006年7月号
  18. ^ a b “児玉さん遺稿「われらは何をなすべきか」”. 日刊スポーツ. (2011年5月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110521-778904.html 2011年7月3日閲覧。 
  19. ^ 『文藝春秋』2011年5月特別号
  20. ^ 『文藝春秋』2011年4月号
  21. ^ 2004年2月27日放送の『徹子の部屋』出演時に切り絵の腕前を披露している(司会の黒柳徹子を表現した切り絵を作って見せた)。2011年5月22日に放送された『さようなら児玉清さん 〜パネルクイズ アタック25特別番組〜』(朝日放送)および、同年7月6日放送の『徹子の部屋』追悼特集において、その映像が紹介された。
  22. ^ a b 児玉清氏のご冥福をお祈りいたします (PDF)”. 東リ株式会社 (2011年5月19日). 2011年5月26日閲覧。
  23. ^ 『さようなら児玉清さん』より
  24. ^ 児玉 清 公式ホームページ - KIYOSHI KODAMA OFFICIAL WEB SITE - 切り絵カレンダー 2012年度版
  25. ^ 児玉 清 公式ホームページ - KIYOSHI KODAMA OFFICIAL WEB SITE - 切り絵フレーム切手
  26. ^ “児玉清さんの切り絵カレンダー 切手・ポストカードセットも発売”. 読売新聞(東京夕刊). (2011年12月1日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20111201-OYT8T00834.htm 
  27. ^ 「パネルクイズ アタック25 公式ファンブック」(講談社2014年)「1章・数字で見るアタック25」p.32
  28. ^ a b c d “「アタック25」司会の児玉清さん…番組を支え続けた36年”. 読売新聞(東京版夕刊). (2011年6月2日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20110602-OYT8T00739.htm 2011年6月4日閲覧。 
  29. ^ “ファンを魅了した「児玉飴」 気遣いに満ちた「アタック25」の舞台裏”. 産経新聞. (2011年5月21日). pp. 1--3. http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110521/ent11052112010006-n1.htm 2011年5月24日閲覧。 
  30. ^ a b 「パネルクイズ アタック25 公式ファンブック」「8章・児玉清さんの思い出」p.137-p.146
  31. ^ 今日のいいともニュース2007年9月5日(水)”. 笑っていいとも資料室 (2007年9月5日). 2015年4月12日閲覧。
  32. ^ “児玉さんは最後の1人まで見学者を見送る”. 日刊スポーツ. (2011年5月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110518-777347.html 
  33. ^ “さよならミスターアタックチャ〜ンス”. 日刊スポーツ. (2011年5月18日). http://www.nikkansports.com/ajaxlib/root/entertainment/news/p-et-tp0-20110518-777345.html 2011年7月12日閲覧。 
  34. ^ “【復刻】児玉さん「アタック25」への想い(2011年2月19日、日刊スポーツ大阪版)”. 日刊スポーツ. (2011年5月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110517-777166.html 2011年5月17日閲覧。 
  35. ^ “児玉清が肝機能障害で無期限休養”. スポーツ報知. (2011年5月12日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110511-OHT1T00306.htm 
  36. ^ a b c “児玉さん“後任”浦川アナへ助言「自分なりのアタックを」”. スポニチ Sponichi Annex. (2011年5月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/05/19/kiji/K20110519000852080.html 2017年4月8日閲覧。 
  37. ^ 産前産後休業のため2013年3月でいったん降板し、谷原章介が司会登板する2015年4月より復帰。
  38. ^ 児玉さん追悼特番、加藤アナ「ショック」 サンケイスポーツ 2011年5月20日閲覧
  39. ^ 児玉清さんご逝去に伴うお知らせ 朝日放送『パネルクイズ アタック25』公式サイト 2011年5月17日閲覧
  40. ^ “児玉清さんを追悼「パネルクイズ」特番”. 日刊スポーツ. (2011年5月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110518-777350.html 
  41. ^ “児玉清さん「胃カメラのんでおけばよかった」スタッフに漏らす”. スポーツ報知. (2011年5月20日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110520-OHT1T00002.htm 
  42. ^ 浦川の司会卒業と同時に、問題読みを担当した角野友紀(当時ABCアナウンサー、2013年より担当)も卒業した。
  43. ^ a b “谷原章介「アタック25」3代目司会 40周年新たなスタート”. Sponichi Annex. (2015年2月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/12/kiji/K20150212009794850.html 2015年2月15日閲覧。 
  44. ^ 負けるのは美しく(自著)「第1章 名もなき雑魚として」より
  45. ^ パネルクイズアタック25公式ファンブック 読めば25倍面白くなる(アタック25番組40周年特別委員会・編、講談社 2014年9月)4章「番組トリビアにアタック!」より。
  46. ^ 週刊現代 2011年7月9日号 p.170~173 北川大祐「感動の第2弾 父・児玉清 家族と過ごした「帰らない日々」」
  47. ^ 【エンタがビタミン♪】児玉清さん「泣く子も黙るキムタクなんだから出なさい」長女の説得でHERO出演を決めた。”. Techinsight (2011年5月20日). 2017年12月4日閲覧。
  48. ^ 2008年7月10日日本経済新聞交遊抄」への投稿より。
  49. ^ 歴代ディレクターからの祝辞”. 福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ. ニッポン放送 (2013年8月27日). 2017年12月4日閲覧。
  50. ^ 福山雅治、児玉清さんを偲ぶ「永遠に龍馬の父」”. オリコン (2011年5月22日). 2017年12月4日閲覧。
  51. ^ サラメシ 2012年4月9日放送回”. gooテレビ (2012年4月9日). 2017年12月4日閲覧。
  52. ^ 週刊文春 2007-06-14 p.140~144「阿川佐和子のこの人に会いたい 第683回」
  53. ^ 児玉の著書『負けるのは美しく』に、この時触れた古澤憲吾監督の演出ぶりなどについての記述がある。
  54. ^ STEAM BOY”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  55. ^ 『テレビナイトショー』はフジテレビ・関西テレビ・東海テレビで曜日毎に制作を分担していたが、児玉が担当していた分は東海テレビが制作を担当していた。
  56. ^ “【中江有里】児玉清さんから刺激を受けて作家デビュー 2作目の小説を上梓”. 夕刊フジ. (2013年2月28日). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20130228/peo1302280712000-n1.htm 2015年6月8日閲覧。 
  57. ^ “児玉清さん、谷原章介の司会挑戦を後押し”. nikkansports.com. (2011年5月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110521-778903.html 2015年2月15日閲覧。 


「児玉清」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「児玉清」の関連用語

児玉清のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



児玉清のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの児玉清 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS