司葉子とは?

司 葉子

司葉子の画像 司葉子の画像
芸名司 葉子
芸名フリガナつかさ ようこ
性別女性
生年月日1934/8/20
星座しし座
干支戌年
血液型AB
出身鳥取県
URLhttps://www.toho-ent.co.jp/actor/1077
デビュー年1954
プロフィール1954年共立女子短大卒業後、大阪新日本放送(現・毎日放送)に勤務同年、『家庭よみうり』の表紙を飾ったのがきっかけスカウトされ東宝契約。映画『君死に給うことなかれ』でデビュー。1966年、映画『紀川』で第40キネマ旬報賞主演女優賞、第9回ブルーリボン主演女優賞など、その年演技賞を独占した。1969年元衆議院議員相沢英之氏と結婚1999年日本大正村村長就任
デビュー作映画『君死に給うことなかれ
代表作品1年2018
代表作品1映画『MIFUNE:THE LAST SAMURAI
代表作品2年2018
代表作品2BSテレ東武田鉄矢の昭和は輝いていた
代表作品3年2018
代表作品3イベント『第10回船映画祭
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら

司葉子

以下の映画司葉子関連しています。
シネマ・クロッキオ、アルゴ・ピクチャーズ
 
松竹映配
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


司葉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/25 15:12 UTC 版)

司 葉子(つかさ ようこ、1934年昭和9年)8月20日[1] - )は、日本の女優日本大正村第二代村長。東京福祉大学特任教授[2]。本名:相澤 葉子旧姓:庄司)。東宝芸能所属。




  1. ^ a b c d e f g h i j k 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.47.
  2. ^ 東京福祉大学お知らせ
  3. ^ a b c 徹子の部屋
  4. ^ 正確には、共立女子短大である
  5. ^ 『境港市史 上巻』(1986年/昭和61年)336頁によると、「士分の在方役人に対して郡村行政の実務を担当したのが大庄屋以下の農村自治役人であり、在役人と呼ばれた。在役人はまた郡政を担当する郡役人と、村政を担当する村役人に区分される。郡村行政の最高責任者が大庄屋で、藩初期の会見郡には4名が配置され、会見郡を4構に区分して各々の行政を分担した」という
  6. ^ 志村三代、弓桁あや・編『映画俳優 池部良』(ワイズ出版)257p〜263p。
  7. ^ 松田美智子「三船敏郎の栄光とその破滅」(月刊文藝春秋 2013年11月号) より、改訂され『サムライ 評伝三船敏郎』(文藝春秋、2014年)。
  8. ^ われら関西鳥取人 - 皿井昭子
  9. ^ a b c d e f 司葉子と相田翔子の姑問題が円満解決』
  10. ^ 『人事興信録. 第8版』(昭和3年)シ九五
  11. ^ 『米子商業史』118頁


「司葉子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「司葉子」の関連用語

司葉子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



司葉子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの司葉子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS