第51回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第51回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第51回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 15:36 UTC 版)

第51回NHK紅白歌合戦』(だいごじゅういっかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2000年平成12年)12月31日NHKホールで行われた、通算51回目のNHK紅白歌合戦。20世紀最後の開催となる。


  1. ^ 和泉元弥 大河前に白組司会,スポーツニッポン,2000年11月16日
  2. ^ 前回は同年の大河ドラマ『元禄繚乱』の主演をした縁で白組司会に抜擢。
  3. ^ 「ZARD」が紅白出場へ
  4. ^ 『週刊現代』2000年12月号、194頁。
  5. ^ 貴明緊急入院!紅白ピンチ、スポニチアネックス、2000年12月30日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  6. ^ ぶっつけ紅白も…石橋“決めた”、スポニチアネックス、2001年1月1日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  7. ^ 1978年の『第29回NHK紅白歌合戦』での歌唱時は原詞通り歌われた。
  8. ^ 「モー娘。」の紅白スペシャルメドレー、SANSPO.COM、2000年12月14日。
  9. ^ a b 聖子紅白「あなたに逢いたくて」,スポーツニッポン,2000年12月14日
  10. ^ 20世紀紅白 大トリは五木。、スポニチアネックス、2000年12月22日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  11. ^ 第51回紅白歌合戦”. 紅白歌合戦ヒストリー. 日本放送協会(NHK). 2020年9月9日閲覧。
  12. ^ [1],スポーツニッポン,2000年12月14日
  13. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、348頁。
  14. ^ [2],スポーツニッポン,
  15. ^ 幸子“紅白ド派手衣装”卒業、スポニチアネックス、2000年12月25日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  16. ^ 世紀末紅白ピンクレディー60%超えSANSPO.COM、2001年1月5日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  17. ^ 「ハッピーサマーウェディング」「LOVEマシーン」「I WISH」のメドレー
  18. ^ ペッパー警部」「UFO」「サウスポー」のメドレー
  19. ^ 冬の稲妻」「ジョニーの子守唄」「チャンピオン」のメドレー
  20. ^ 美川、川中、吉お騒がせ3人当選にホッ、SANSPO.COM、2000年11月29日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  21. ^ 出演交渉不発、紅白視聴率大ピンチ アトラクションでポイント稼ぎ?、ZAKZAK、2000年11月30日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  22. ^ 紅白初出場・小柳ゆき21世紀を歌う、SANSPO.COM、2000年11月29日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  23. ^ a b c 20世紀最終紅白も宇多田ら辞退者続々、SANSPO.COM、2000年11月29日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  24. ^ GLAYは今年、紅白には出ません、SANSPO.COM、2000年11月26日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  25. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、345~346頁。
  26. ^ [3],スポーツニッポン,2000年11月30日
  27. ^ LUNA SEA 紅白で「終幕」?,スポーツニッポン,2000年11月16日
  28. ^ 川中 吉 美川“タナボタ”当選,スポーツニッポン,2000年11月30日
  29. ^ 白を基調とした通常版とは異なり、赤と白のツートンカラーに塗られたスペシャルバージョンだった。


「第51回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第51回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第51回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第51回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第51回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS