大橋巨泉とは?

大橋巨泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/26 05:15 UTC 版)

大橋 巨泉(おおはし きょせん、1934年昭和9年〉3月22日[1] - 2016年平成28年〉7月12日)は、日本タレントテレビ番組司会者ラジオパーソナリティ)、放送作家エッセイスト評論家競馬評論家音楽評論家、時事評論家)、馬主政治家参議院議員)、実業家・芸能プロモーター(オーケープロダクション=旧:大橋巨泉事務所創業者・元取締役会長兼エグゼグティブタレント、オーケーギフトショップグループ取締役社長[3])。オーケーエンタープライズ所属。




注釈

  1. ^ a b 出身地「東京都(本所両国)」[1]とする資料あり。
  2. ^ 戸籍名は克巳だが、自身でも本名を「大橋 克己」と誤記することがあった[4]
  3. ^ クイズダービーの2004年復刻版でも3択問題として出題された[要出典]
  4. ^ 『11PM』の司会は他にも愛川欽也が担当していた。
  5. ^ 当初は『巨泉の日曜競馬ニッポン』。1980年代になって『巨泉の責任プロデュース・日曜競馬ニッポン』と改められる。
  6. ^ 田村康仁調教師の父。
  7. ^ 巨泉は『爆笑問題の日曜サンデー』(2008年9月14日)に出演した際、この発言を引き合いに出し、当時首相であった福田が唐突に辞意を表明したことについて逆に批判している。
  8. ^ 巨泉が司会を務めていた番組はほとんど収録番組であったが、全て放送時間と同じ時間で収録を行っており、極力カットもしない「撮って出し」の方式を採用。2010年代時点において、このスタイルを取り入れている日本のテレビ番組テレビ朝日徹子の部屋』、フジテレビ『ライオンのごきげんよう』など数本しかない。
  9. ^ 社台レースホースの持ち馬であり、巨泉自身も一口馬主として権利を所有していた。

出典

  1. ^ a b c d e 大橋巨泉プロフィール”. オーケーエンタープライズ. 2016年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年1月10日閲覧。
  2. ^ a b 大橋巨泉 2004, p. 107
  3. ^ 社長ご挨拶”. オーケーギフトオンラインショップ. 2008年1月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年1月10日閲覧。
  4. ^ 大橋巨泉 2004, p. 18
  5. ^ 大橋巨泉 2004, p. 19
  6. ^ a b 「すぎやまこういちの珍品ためいき写真館」、『写楽』1986年1月号、小学館
  7. ^ 大橋巨泉 2004, pp. 79-80
  8. ^ 小山唯史「30代の軌跡 大橋巨泉」、『DIAS』2002年2月7日号、光文社
  9. ^ 大橋巨泉 2004, p. 357
  10. ^ “OKギフトショップ、バンクーバーに誕生から40年-大橋巨泉さん「OKギフトは僕の分身」”. バンクーバー経済新聞. (2013年1月3日). http://vancouver.keizai.biz/column/22/ 2016年9月26日閲覧。 
  11. ^ 大橋巨泉 1992, p. 13
  12. ^ 河村清明 『ミスター・ジャパンカップと呼ばれた男 異端の挑戦』 東邦出版2008年、92-93頁。ISBN 978-4-8094-0735-2
  13. ^ 大橋巨泉 1992, ボクの作った格言(p. 1539)
  14. ^ “有吉正徳の競馬ウイークリー”. 朝日新聞(夕刊): p. 13. (2016年7月22日) 
  15. ^ 大橋巨泉 2004, p. 495
  16. ^ 追悼 大橋巨泉とビートたけしと仲間たちの爆笑秘話(2)”. 週刊実話ニュース. 日本ジャーナル出版 (2016年8月7日). 2018年1月10日閲覧。
  17. ^ 朝日新聞 2001年8月7日朝刊
  18. ^ “大橋巨泉 中咽頭がん手術”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年11月26日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131126-1223201.html 2015年10月26日閲覧。 
  19. ^ “大橋巨泉、3度目がん!肺と食道の間のリンパ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年12月1日). オリジナル2014年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141201065901/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141201-OHT1T50045.html 2015年10月26日閲覧。 
  20. ^ “肺がん摘出の大橋巨泉が退院「ご声援を感謝します」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年5月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150523/geo15052305000007-n1.html 2015年10月26日閲覧。 
  21. ^ “大橋巨泉、14日に手術していた…4度目がん転移”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年10月26日). オリジナル2015年10月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151027203617/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151025-OHT1T50237.html 2015年10月26日閲覧。 
  22. ^ “大橋巨泉、徹子の部屋で生還報告”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年11月2日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/11/02/0008532326.shtml 2015年11月2日閲覧。 
  23. ^ “大橋巨泉が腸閉塞で緊急入院も食欲あり大丈夫”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年11月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1571007.html 2015年12月15日閲覧。 
  24. ^ “大橋巨泉が腸閉塞手術 退院は1週間から10日ほど”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年12月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151201/geo15120105000016-n1.html 2015年12月15日閲覧。 
  25. ^ “大橋巨泉、腸閉塞の手術から退院”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2015年12月15日). オリジナル2015年12月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151216133557/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151214-OHT1T50206.html 2017年12月1日閲覧。 
  26. ^ “大橋巨泉 ラジオのゲスト出演見送り 手術の影響で声かすれ…”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/22/kiji/K20151222011729380.html 2015年12月22日閲覧。 
  27. ^ “大橋巨泉が永六輔とテレビ出演”. Daily Sports Online. (2016年2月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/02/04/0008777585.shtml 2016年2月4日閲覧。 
  28. ^ “巨泉 新たながん 体重47キロに”. デイリースポーツ online. (2016年3月25日). http://www.daily.co.jp/gossip/illness/2016/03/25/0008925071.shtml 2016年7月20日閲覧。 
  29. ^ a b “タレント大橋巨泉さん死去 急性呼吸不全 82歳”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年7月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2075381/full/ 2016年7月20日閲覧。 
  30. ^ “大橋巨泉さんが死去 12日、急性呼吸不全 82歳”. 日刊スポーツ. (2016年7月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1681363.html 2018年1月10日閲覧。 
  31. ^ “タレントの大橋巨泉さん 死去”. NHK NEWS WEB. (2016年7月20日). オリジナル2016年7月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160720025050/http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160720/4149831.html 2018年1月10日閲覧。 
  32. ^ 大橋巨泉さん死去[リンク切れ]Yahoo!ニュース(時事通信社),2016年7月20日
  33. ^ “巨泉さんの戒名は「巨泉院釈克導」 小倉氏がとくダネ!で明かす”. デイリースポーツ. (2016年7月20日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/20/0009301956.shtml 2016年7月20日閲覧。 
  34. ^ 「クイズダービー」出演者も巨泉さん追悼 篠沢教授「真の天才」”. スポーツニッポン (2016年7月21日). 2016年7月24日閲覧。
  35. ^ 石坂浩二「姿と言葉が頭の中を巡る」/巨泉さん悼む”. 日刊スポーツ (2016年7月20日). 2016年7月24日閲覧。
  36. ^ たけし 大橋巨泉さんに最大級の賛辞「テレビの全盛期」”. スポーツニッポン (2016年7月24日). 2016年7月24日閲覧。
  37. ^ 「今週の遺言」、『週刊現代』2015年3月14日号、講談社。
  38. ^ 「南沱楼綾繁「11PM」人物列伝1 小島正雄」『〈昭和・平成〉お色気番組グラフィティ』 佐野亨 編、河出書房新社2014年、27頁。ISBN 978-4-30927502-4。「『ゲバゲバ70年! 大橋巨泉自伝』から引用」
  39. ^ 大橋巨泉 2004, p. 175
  40. ^ 大橋巨泉 2004, pp. 90-97
  41. ^ “共演者ら追悼 萩本欽一「今のテレビは巨泉さんが開拓した道継承」”. スポーツニッポン. (2016年7月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/21/kiji/K20160721013006220.html 2016年7月21日閲覧。 
  42. ^ マスコミ九条の会(よびかけ人はだれですか)”. マスコミ9条の会. 2018年1月10日閲覧。
  43. ^ 大橋巨泉さんが賛同 「ゼロの会」憲法の精神を守る運動!”. 医療費の窓口負担「ゼロの会」公式サイト. 2018年1月10日閲覧。
  44. ^ 中居正広 遠慮がちに聞いた質問 巨泉さん「一番要らないと思ったのは好感度」”. スポーツニッポン (2016年7月22日). 2016年7月24日閲覧。
  45. ^ 大橋巨泉 2004, p. 216
  46. ^ 大橋巨泉 2004, pp. 111-113


「大橋巨泉」の続きの解説一覧





固有名詞の分類

民主党の国会議員 小宮山泰子  勝木健司  大橋巨泉  藤田一枝  平田健二
東京都の政治家 畑恵  水野誠一  大橋巨泉  池坊保子  山谷えり子
日本のタレント 松山薫  エド山口  大橋巨泉  相澤仁美  木立涼子
日本の評論家 大西赤人  長谷川裕一  大橋巨泉  長田百合子  森口朗
日本の放送作家 山崎忠昭  鶴間政行  大橋巨泉  相澤嘉久治  大岩賞介
日本の司会者 ガダルカナル・タカ  角淳一  大橋巨泉  小島一慶  野村泰治
評論家 長谷川裕一  ヴァルター・ベンヤミン  大橋巨泉  丸山眞男  小沢遼子
日本の芸能プロモーター 古賀誠一  大崎洋  大橋巨泉  細野義朗  長良じゅん
日本の音楽評論家 許光俊  クラウス・プリングスハイム  大橋巨泉  反畑誠一  福永陽一郎

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大橋巨泉」の関連用語

大橋巨泉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大橋巨泉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大橋巨泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS