ヴァルター・ベンヤミンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > 思想家 > ヴァルター・ベンヤミンの意味・解説 

ヴァルター・ベンヤミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/23 00:02 UTC 版)

ヴァルター・ベンディクス・シェーンフリース・ベンヤミン(Walter Bendix Schoenflies Benjamin、['valtɐ 'bεnjami:n]1892年7月15日 - 1940年9月26日)は、ドイツ文芸批評家哲学者思想家翻訳家社会批評家フランクフルト学派の1人に数えられる。ドイツ観念論ロマン主義史的唯物論、及びユダヤ教神秘主義などの諸要素を取り入れ、主に美学西洋マルクス主義に強い影響を与えた。




  1. ^ リーザ フィトコ「ベンヤミンの黒い鞄」晶文社、1993。映画「Who Killed Walter Benjamin?, a documentary film about the circumstances of Benjamin's death」 David Mauas監督公式サイト下記項目「死について」参照
  2. ^ この修正についてベンヤミンは始終気にしていた様子である。ヴェルナー・クラフト宛て1936年8月11日の書簡では初稿のフランス語版の構成について心配している様子が伺える。 野村修編集解説『書簡II 1929-1940 ヴァルター・ベンヤミン著作集15』晶文社1987年。(77 p.176)。
  3. ^ 「パサージュ論」第1巻(岩波現代文庫)所収「『パサージュ論』のテクスト成立過程の素描」
  4. ^ 「概要」「覚え書および資料」と内容が重複するため、日本語版では割愛されている。
  5. ^ 同上。
  6. ^ リーザ フィトコ「ベンヤミンの黒い鞄」晶文社、1993。
  7. ^ 映画「Who Killed Walter Benjamin?, a documentary film about the circumstances of Benjamin's death」 David Mauas監督公式サイト英語版本項目参照
  8. ^ 著作家アーサー・ケストラーは自叙伝『目に見えぬ文字』中、同じくナチスからの逃亡中に旧友のベンヤミンと邂逅し、彼が所持していたモルヒネを半分分けて貰ったという回想をしている。ベンヤミンはこれを捕まったら使用するつもりであったようで、本人曰く「これだけあれば馬も殺せる」ということであった。ケストラーによると、ベンヤミンがモルヒネを使ったのは、ピレネーを越えスペインで捕まりフランスに送還すると通告された直後であったとのことである
  9. ^ 村上隆夫『人と思想88 ベンヤミン』清水書院、1990年、142頁。
  10. ^ 多木浩二『ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読』岩波書店、2000年、47頁。
  11. ^ 秋丸知貴「ヴァルター・ベンヤミンの『アウラ』概念について」『モノ学・感覚価値研究』第6号、京都大学こころの未来研究センター/モノ学・感覚価値研究会、2012年、137頁


「ヴァルター・ベンヤミン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヴァルター・ベンヤミン」の関連用語

ヴァルター・ベンヤミンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヴァルター・ベンヤミンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴァルター・ベンヤミン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS