リガとは? わかりやすく解説

リガ【Rīga】


り‐が【李賀】

読み方:りが

[790〜816中国中唐期の詩人。福昌(河南省)の人。字(あざな)は長吉(ちょうきつ)。韓愈知遇得たが、不遇のまま早世浪漫的幻想的な詩風で有名。


リガ

名前 Ryga; Riga

リガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/07 03:49 UTC 版)

リガ、またはリーガ[注釈 1]ラトビア語: Rīga 発音 [ˈriːɡa] ( 音声ファイル)ロシア語: Ригаエストニア語: Riiaリトアニア語: Ryga英語ドイツ語: Riga)は、ラトビア共和国首都で、同国最多の人口を擁する都市。人口は614,618人(2021年時点)。「バルト海真珠」と讃えられる美しい港町で、その旧市街はユネスコ世界遺産文化遺産)に登録されている。


注釈

  1. ^ 日本語では「リガ」と表記することが多いが、ラトビア語では長母音 ī が含まれるため「リーガ」となる。これにしたがって、近年では日本語でも「リーガ」と表記する例は多い。

出典

  1. ^ Mārtiņš Staķis becomes Mayor of Rīga” (英語). LSM. 2021年9月12日閲覧。
  2. ^ Klimatisko normu dati” (ラトビア語). Latvian Environment, Geology and Meteorology Centre. 2023年3月17日閲覧。
  3. ^ Gaisa temperatūras rekordi” (ラトビア語). Latvian Environment, Geology and Meteorology Centre. 2023年3月17日閲覧。
  4. ^ Riga Climate Normals 1961–1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年2月2日閲覧。
  5. ^ Riga, Latvia – Detailed climate information and monthly weather forecast” (英語). Weather Atlas. Yu Media Group. 2019年7月6日閲覧。
  6. ^ d.o.o. “Riga Climate Weather Averages” (英語). Weather Weather Online. 2022年8月29日閲覧。
  7. ^ 姉妹都市:リガ”. 神戸市. 2022年8月27日閲覧。
  8. ^ 心ときめく短い夏 リガ/ ラトビア”. 日本放送協会. 2018年12月31日閲覧。



リガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 17:12 UTC 版)

宇宙一の無責任男」の記事における「リガ」の解説

新興通勤住宅惑星、だった。「リガの惨劇」によって死者行方不明者248千人罹災者130万人を出す。惨劇跡地であるタカシマダイラ団地跡は再開発され荒地のまま放置されている。

※この「リガ」の解説は、「宇宙一の無責任男」の解説の一部です。
「リガ」を含む「宇宙一の無責任男」の記事については、「宇宙一の無責任男」の概要を参照ください。


リ・ガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/01 07:18 UTC 版)

スライムもりもり」の記事における「リ・ガ」の解説

ヒトツメ団一員痩せ型様々な扱い長けており、ギガおヒッカ下したオカマ言葉で喋る。融合タ・ボ融合し「タリ・ボガ」になり、スラリン圧倒するも、シドマンかけられボミオス解除するため自分いてつく波動をかけ、合体まで解けてしまいスラリン反撃敗北する

※この「リ・ガ」の解説は、「スライムもりもり」の解説の一部です。
「リ・ガ」を含む「スライムもりもり」の記事については、「スライムもりもり」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リガ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

リガ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:59 UTC 版)

固有名詞

リガ

  1. ラトビア首都

「リガ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



リガと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「リガ」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リガ」の関連用語


2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

リガのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リガのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宇宙一の無責任男 (改訂履歴)、スライムもりもり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS