杖とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > の意味・解説 

じょう【×杖】

人名用漢字] [音]ジョウ(ヂャウ)(呉) [訓]つえ

つえ。「戒杖鳩杖(きゅうじょう)・錫杖(しゃくじょう)」

棒で打つ。「杖刑

名のり]き・もち

難読虎杖(いたどり)・毬杖(ぎっちょう)


じょう〔ヂヤウ〕【×杖】

律の五刑の一。つえで罪人を打つ刑。その数60回から100回まで10刻みの5等級分かれ、笞(ち)より重く、徒(ず)より軽い。杖刑杖罪

中世田地面積の単位。1杖は1段(たん)の5分の172歩。丈。


つえ〔つゑ〕【×杖】

歩行助けとして手に持つ竹や木などの棒。「杖をつく

頼りとするもの。「長兄を杖と頼む」

古代杖罪(じょうざい)の罪人を打つ刑具長さ約1メートルの竹。

古代長さの単位後世の約1丈(約3メートル)に近い。

中世の田積の単位。1段の5分の1、すなわち72歩。じょう。

[下接語] (あかざ)の杖・(はと)の杖(づえ)息杖・卯(う)杖・鹿(かせ)杖・粥(かゆ)杖・金剛杖探り杖仕込み杖尺杖撞木(しゅもく)杖・側(そば)杖・面(つら)杖・人杖・方(ほう)杖・頰(ほお)杖・松葉杖・弓(ゆん)杖


じょう ヂャウ 【杖】

〔名〕

① つえ。

菅家文草900頃)二・賦得春深道士家「杖新裁、符旧撼桃花

② 律で五刑一つ。杖で罪人をうつ刑罰杖刑杖罪

*律(718五罪杖罪五〈杖六十贖銅六斤 杖七十贖銅七斤 杖八十贖銅八斤 杖九十贖銅九斤 杖一百贖銅十斤〉」

杖術武器として用い長さ一・三メートルの棒のこと。

中世田地面積の単位で、普通、一段五分の一(七二歩)をいう。つえ。

遠江国神領記‐弘安七年(1284)四月一二日・定永財沽却渡畠地立券文事「在下粟野村内桑原二段壱杖中内彌陀敷地


つえ つゑ 【杖・筇・丈】

〔名〕

① 竹や木などで作り、手に持ち地面について、歩行のたすけとする棒。じょう。

古事記(712)中「爾に其の御杖(つゑ)を、新羅国主の門に衝き立てて

浮世草子近代艷隠者(1686)二「笻(ツエ)に小話(ささやき)、笠にわらひ」

② たよりとするもの。補佐するもの。

書紀720垂仁二五年三月(熱田本訓)「天皇倭姫命を以て御杖(みツヘ)と為て」

二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「老の杖(ツヱ)となるのは周三ぐらゐの事は隠居心得てゐる」

杖罪(じょうざい)の者を打つ刑具で、長さメートルぐらいの竹の節目をけずりとったもの。

令義解718)獄「凡杖皆削節目。長三尺五寸

俳諧広原海(1703)「一文の餠喰ひ迯に杖二百

小正月の粥(かゆ)を煮る時、かきまわす棒。粥杖(かゆづえ)。粥の木

弁内侍1278頃)建長三年正月一二日「御所にはつえを御ふところに入てもちてわたらせはしまし

(5) (なし)の実のほぞ。

慶長見聞集(1614)六「の杖とは、ほそなりをむくに、頭の方よりむきて杖をのこす法也」

(6) 長さ面積表わす単位

(イ) 古代長さの単位後世一丈(約三メートル)に近い長さ

書紀720景行年三月(北野本訓)「日本武尊(やまとたけ)と曰(まう)す〈略〉壮(おとこさかり)に及んで容貌(みかを)魁偉(すぐ)れたまえり身長(みのたかさ)一丈(ひとツエ)」

(ロ) 弓一張(ひとはり)の長さ弓杖長さ七尺五寸(約二・三メートル)のこと。

家中竹馬記(1511)「あづちの有るには、堋より幾杖と打て弓立遠さをも定むるなり」

(ハ) 中世、田積の単位で普通一段五分の一(七二歩)をいう。各地用いられた単位であるが、特に九州地方全域用いられた。また、伊勢国などの地方では一段六分の一(六〇歩)の地積をあらわすこともある。じょう。

内閣文庫所蔵観世音寺文書延久四年(1072)五月二八日・観世音寺三綱解案「為兵馬所本司注出、令郭内寺領田内勘益田一段三丈官物愁状


読み方:ジョウjou

中世の田積の単位の一。


作者杉本苑子

収載図書一夜の客
出版社読売新聞社
刊行年月1998.12

収載図書一夜の客
出版社文藝春秋
刊行年月2001.12
シリーズ名文春文庫


作者出雲真奈

収載図書石に棲む
出版社文芸社
刊行年月2005.2


『杖』―明日をください

作者川陸

収載図書フーコー短編小説傑作27 彼女の時
出版社新風舎
刊行年月2007.8


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 14:15 UTC 版)

(つえ、英語: walking stick)は、体を支え、歩行の助けとするために用いられる細長くまっすぐな、で持つのに適した道具[1]。長くて自分のの長さ程度のもので、木製竹製である場合が多い[1]。稀に象牙金属で作られることもある。杖は権威の象徴とされたほか、蛇や獣を追い払う道具さらに武器としても使われた[2]。また、白杖視覚障害者の安全の確保のためにも用いられる。


  1. ^ a b コトバンク - 杖・丈(読み)つえ 大辞林 第三版の解説”. 201904-9閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 柳谷廣之 (2013). “布とステッキの素敵な関係 -- ステッキのおしゃれな世界 --”. 繊維と工業 69 (12): 439-443. doi:10.2115/fiber.69.P_439. オリジナルの2019-12-10時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191210160729/http://www.rehab.go.jp/ri/event/fashion/paper/2013-12-06.pdf 2019年12月10日閲覧。. 
  3. ^ 古川不可知、「ネパール・ソルクンブ郡、エベレスト南麓地域における荷運びの苦痛と希望」『南アジア研究』 2017年 2017巻 29号 p.144-177 doi:10.11384/jjasas.2017.144, 日本南アジア学会
  4. ^ ただし、この時犯人が使用した仕込み杖は護身や暗殺を目的として作られた物ではなく、本来は猟銃である。所荘吉『図解古銃事典』(雄山閣、1996年)222-223ページ参照。


「杖」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 11:29 UTC 版)

発音(?)


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



杖と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「杖」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||



杖のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



杖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの杖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS