五刑とは?

ご‐けい【五刑】

古代中国行われ五つ刑罰。墨(ぼく)(いれずみ)・劓(ぎ)(はなきり)・剕(ひ)(あしきり)・宮(男子去勢女子幽閉)・大辟(たいへき)(くびきり)をさす。→九刑

日本の律で規定された五つの刑。笞(ち)・(じょう)・徒(ず)・流(る)・死をさす。五罪


ご‐けい【五刑】

〔名〕 罪人対す五つ刑罰古代中国では墨(いれずみ)、劓(はなきり)、剕(あしきり)、宮(男子去勢女子陰部縫合)、大辟(くびきり)をさす。隋・唐の時代には、笞(ち)(むちで打つこと)、(じょう)(つえで打つこと)、徒(ず)(懲役)、流(る)(遠方追放すること)、死(死刑)の五つをいう。日本では、大宝養老律以後この隋・唐の方式がとられ、近世まで行なわれていた。→五罪

今昔1120頃か)九「終に助くる人无くして、五形備ふ

浄瑠璃国性爺合戦(1715)一「積悪姦曲佞臣はやく五けいの罪にしづめずんば」〔書経‐舜典〕


五刑

読み方:ゴケイ(gokei)

笞・杖・徒・流・死。

別名 五罪(ござい)


五刑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/15 06:41 UTC 版)

五刑(ごけい)とは、古代中国刑罰体系。日本にも律令法とともに伝わって五罪(ござい)とも呼ばれた。




「五刑」の続きの解説一覧

五刑

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 03:42 UTC 版)

名詞

(ごけい)

  1. 古代中国行われた5種類刑罰
    1. 代はいれずみ)、劓(はなそぎ)剕または刖(あしきり去勢大辟死刑)。
    2. 代はむち打ち(つえ打ち)、労働刑、懲役)、島流し)、死刑)。また隋にならって日本取り入れられた同様の刑罰
  2. 近代以降取り入れられた死刑無期懲役有期懲役拘留罰金の5種の刑罰。特に中華民国のそれを指す。



五刑と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「五刑」の関連用語

五刑のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



五刑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの五刑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの五刑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS