去勢とは?

きょ せい [0] 【去勢】

( 名 ) スル
動物の雄や人間男子から精巣取り除くか、その機能をなくすこと。広義には、雌雄を問わず生殖腺除去すること。その結果生殖不能二次性徴退化が起こる。食肉用の牛・豚やに対して行うと、脂肪の多い柔らかい肉が得られる。使役用の家畜に行うと性質温順になる。 「 -された牛」
人から反抗心や気力を奪うこと。 「 -された思想」 「 -者」


去勢

【仮名】きょせい
原文castration

放射線手術薬剤などを用いて精巣または卵巣切除または破壊する手技内科的去勢とは、卵巣または精巣機能抑制することを目的とした薬物使用のことを指す。

去勢

作者ハンス・ユルゲン・ゼーリング

収載図書廃墟から47年グループ短篇集
出版社早稲田大学出版部
刊行年月1993.1
シリーズ名シリーズ現代ドイツ文学


去勢

作者日向蓬

収載図書本当のうそ
出版社講談社
刊行年月2007.12


去勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 05:28 UTC 版)

去勢(きょせい、英語:castration)とは、人間、または動物生殖に必要な部位を切除し、種として生殖不能な状態とすること。


  1. ^ 姜暻來、「韓国における性犯罪者に対する化学的去勢―性暴力犯罪者の性衝動薬物治療に関する法律の概観」『比較法雑誌』 2012年 46巻 2号 p.75-102, ISSN 0010-4116, 日本比較法研究所


「去勢」の続きの解説一覧

去勢

出典:『Wiktionary』 (2020/04/18 07:54 UTC 版)

名詞

 きょせい

  1. 動物生殖腺摘出し、生殖能力を奪うこと。
  2. 比喩抵抗する気力を失わせること。

関連語

翻訳

動詞

活用

去勢-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
去勢

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 去勢しない 未然形 + ない
否定 去勢せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
去勢される 未然形 + れる
丁寧 去勢します 連用形 + ます
過去・完了・状態 去勢した 連用形 + た
言い切り 去勢する 終止形のみ
名詞 去勢すること 連体形 + こと
仮定条件 去勢すれば 仮定形 + ば
命令 去勢せよ
去勢しろ
命令形のみ

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「去勢」の関連用語

去勢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



去勢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの去勢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの去勢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS