taとは? わかりやすく解説

ティー‐エー【TA】


ティー‐エー【TA】


TA

読み方ティー・エー
英文正式名Technical Assistance
日本名(略称):技術支援

広く一般的には、途上国自律に必要な経済社会開発担い手である人造り等を目的として行われる支援のこと。財務省による技術支援としては、財政金融分野における途上国からの研修受け入れ我が国専門家派遣の他、途上国国際開発金融機関融資対象となる案件又は経済調整プログラム発掘形成実施するための支援行っている

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

ターミナルアダプタ

別名:TA,ISDNターミナルアダプタ
【英】Terminal Adapter

ターミナルアダプタターミナルアダプタとは、アナログ式の通信機器ISDNのようなデジタル通信方式に対応させるため信号変換を行う装置のことである。TAと略されることが多い。

従来電話FAXなどの電化製品は、アナログ信号によって通信しているので、デジタルデータ情報やり取りしているISDNの上では通信を行うことができないこの際、ターミナルアダプタがデータ変換することによって、ISDN通信網でも一般電話回線と同じように通信を行うことができる。

ターミナルアダプタは、NTTISP提供しているDSUコンピュータとの間に配置されるか、あるいはDSU内蔵している機種であれば直接ISDN回線接続される。

※画像提供 / 日本電気株式会社(NEC)

通信事業のほかの用語一覧
公衆回線:  186発信  56kモデム  Tシリーズ勧告  ターミナルアダプタ  データ圧縮プロトコル  テレホタイム  テレホーダイ

等値換算厚(TA)

アスファルト舗装路盤から表層までの全層をすべて表層基層加熱アスファルト混合物でつくると仮定したときに必要な厚さ


タンタル(V)

分子式Ta
その他の名称:Tantalum(V)
体系名:タンタル(V)


タンタル181

分子式Ta
その他の名称:タンタル181、Tantalum-181、Ta、Tantalum
体系名:タンタル


物質
タンタル
英語名
Tantalum
元素記号
Ta
原子番号
73
分子量
180.9479
発見
1802年
原子半径(Å)
1.43
融点(℃)
2996
沸点(℃)
5425
密度(g/cm3
16.6
比熱(cal/g ℃)
0.036
イオン化エネルギー(eV)
7.89
電子親和力(eV)
0.6


Ta

名前 タ; タア

フワル・フシャエータ

(ta から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 00:43 UTC 版)

フワル・フシャエータ (Hvar Χšaēta) は、ゾロアスター教において崇拝される太陽神。中級神ヤザタに分類される。




「フワル・フシャエータ」の続きの解説一覧

TA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 17:41 UTC 版)

TA, Ta, ta




「TA」の続きの解説一覧



taと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ta」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ta」の関連用語

taのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



taのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリターミナルアダプタの記事を利用しております。
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2022 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフワル・フシャエータ (改訂履歴)、TA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS