路盤とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 土木 > 地盤 > 路盤の意味・解説 

ろ‐ばん【路盤】

舗装道路で、舗装表面路床との間の、砕石や砂を敷き詰め部分

鉄道路線で、軌道支える、盛り土などをして地ならしした地盤。「路盤が沈下する」「路盤がゆるむ」


路盤

読み方:ろばん
【英】:base course

路床の上設けられた層。上部アスファルトコンクリート層あるいはコンクリート版からの荷重分散させ路床伝え役割をもつ部分である。路盤は簡易舗装を除いて、上部上層路盤下部下層路盤区分する。路盤に用いる材料は、砕石などの粒状材料や、これにセメントなどを加えて安定処理施し材料が用いられる。

路盤(ろばん)

路床の上設けた、アスファルト混合物層やセメントコンクリート版からの荷重分散させて路床伝え役割を果たす層。

一般に上層路盤下層路盤の2層に分かれる




路盤と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「路盤」の関連用語

路盤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



路盤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2021 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-

©2021 GRAS Group, Inc.RSS