CSとは? わかりやすく解説

シー‐エス【C/S】

読み方:しーえす

cash flow statement》「キャッシュフロー計算書」に同じ。


シー‐エス【CS】

読み方:しーえす

communication satellite通信衛星


シー‐エス【CS】

読み方:しーえす

convenience storeコンビニエンスストアCVSとも略す。


シー‐エス【CS】

読み方:しーえす

container shipコンテナ船


シー‐エス【CS】

読み方:しーえす

community school》⇒コミュニティースクール


シー‐エス【CS】

読み方:しーえす

customer satisfaction》⇒顧客満足度


シー‐エス【CS】

読み方:しーえす

cycloserine》⇒サイクロセリン


シー‐エス【CS】

読み方:しーえす

《(和)climaxseries》⇒クライマックスシリーズ


シー‐エス【CS】

読み方:しーえす

chemical sensitivity》⇒化学物質過敏症


シー‐エス【CS】

読み方:しーえす

cyber security》⇒サイバーセキュリティー


CS

通信衛星出力20-50程度デジタル放送ケーブルテレビ向けの番組供給(スペースケーブルネット)と、テレビ番組系列局への配信等に利用されている。

CS Customer Satisfaction


CS


Cs

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

さくら

分類:人工衛星


名称:実験用中容量静止衛星「さくら」/Medium-capacity Communications Satellite for Experimental Purpose(CS)
小分類:通信放送衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:郵政省
打ち上げ年月日:1977年12月15日
運用停止年月日:1985年11月25日
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:デルタ2914型ロケット137号機
打ち上げ場所:ケネディ宇宙センター
国際標識番号:1977118A

さくらは、今後実験衛星通信システム実現目的として、郵政省NTTなどによって打ち上げられ実験衛星です。
さくらはスピン安定方式姿勢制御し設計寿命3年でした。
大きな分類としては通信衛星(CS=Communications Satellite)となります

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
直径約220cm、高さ約350cm(通信アンテナを含む)の円筒形で、重量は約350kg(静止軌道初期)です。
6チャンネルの準ミリ波(30/20GHz・予備なし)通信中継器と、2チャンネルマイクロ波(6/4GHz・予備なし)通信中継器搭載してます。

2.どんな目的使用されるの?
衛星通信システムとしての伝送実験衛星通信システムとしての運用技術確立通信衛星管制技術確立のための実験使用されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はうなっているの?
静止衛星軌道投入後、初期段階における衛星点検経て1978年5月15日定常段階移行1981年5月15日まで、郵政省中心とした各種利用実験が行われました引き続いて後期利用段階移り1983年9月16日から、さくら2号bとの電波干渉避けるため、東経150度に移されました。1985年11月25日すべての後期利用終了し静止軌道外へ軌道位置変更おこなって、約8年間の運用終了しました

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
さくら2号a/2号b、さくら3号a/3号bがあります

5.どのように地球を回るの?
高度約36,000km、傾斜角0度、周期24時間東経135度静止衛星軌道でした。

参考文献:大林辰蔵監修日本の宇宙科学19522001」(東京書籍斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」(三田出版会)


D‐シクロセリン

分子式C3H6N2O2
その他の名称シクロセリン、セロマイシン、オキサマイシン、オリエントマイシン、D-4-アミノ-3-イソオキサゾロン、D-4-アミノ-3-オキソ-1,2-オキサゾリジン、Oxamycin、SeromycinCycloserine、Orientmycin、D-4-Amino-3-isoxazolone、(R)-4-Aminoisoxazolidin-3-one、D-4-Amino-3-oxo-1,2-oxazolidine、Wasserina、Tisomycin、Ro-1-9213、PA-94、Novoserin、NJ-21、K-300、E-733-A、I-1431、D-Cycloserine、Cyclo-D-serine、(+)-Cycloserine、チソミシン、ワセリナ、ノボセリン、Farmiserina、ファルミセリナ、(4R)-4α-Aminoisoxazolidin-3-one、Orientomycin、(R)-(+)-Cycloserine、D-シクロセリン、サイクロセリン、CS【シクロセリン】、(+)-シクロセリン、[R,(+)]-4-Aminoisoxazolidine-3-one、(4R)-4α-Aminoisoxazolidine-3-one、(R)-4-Aminoisoxazolidine-3-one、CS【Cycloserine
体系名:[R,(+)]-4-アミノイソオキサゾリジン-3-オン、(4R)-4α-アミノイソオキサゾリジン-3-オン(R)-4-アミノイソオキサゾリジン-3-オン


2-クロロベンジリデンマロノニトリル

分子式C10H5ClN2
その他の名称CS【催涙ガス】、CS【lacrimator】、2-クロロBMN、NCI-C-55118、USAF KF-11、CS【催涙物質】、2-ChloroBMN、o-Chlorobenzylidenemalononitrile、2-[(2-Chlorophenyl)methylene]propanedinitrile、2-(2-Chlorophenyl)methylenepropanedinitrile、2-(2-Chlorophenyl)ethene-1,1-dicarbonitrile、2-(2-Chlorobenzylidene)propanedinitrile、2-Chlorobenzylidenemalononitrile、o-クロロベンジリデンマロニトリル、o-Chlorobenzylidenemalonitrile、(2-Chlorobenzylidene)malononitrile
体系名:2-クロロベンジリデンマロノニトリル、(2-クロロベンジリデン)マロノニトリル、2-(2-クロロベンジリデン)マロノニトリル、2-[(2-クロロフェニル)メチレン]プロパンジニトリル、2-(2-クロロフェニル)メチレンプロパンジニトリル、o-クロロベンジリデンマロノニトリル、2-(2-クロロフェニル)エテン-1,1-ジカルボニトリル、2-(2-クロロベンジリデン)プロパンジニトリル


一硫化炭素


セシウム


チオキソカルベン

分子式CS
その他の名称Thioxocarbene
体系名:チオキソカルベン


物質名
セシウム
英語名
Caesium
元素記号
Cs
原子番号
55
分子量
132.90543
発見
1860年
原子半径(Å)
2.62
融点(℃)
28.5
沸点(℃)
703.3
密度(g/cm3
1.87
比熱(cal/g ℃)
0.052
イオン化エネルギー(eV)
3.894
電子親和力(eV)
0.4715


CS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 06:04 UTC 版)

CS, Cs, cs




「CS」の続きの解説一覧

C/S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/12/27 23:28 UTC 版)

C/S



.cs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 17:40 UTC 版)

.csチェコスロバキア1989年までチェコスロバキア社会主義共和国、以降はチェコスロバキア連邦共和国)に割り当てられていた国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。






「.cs」の続きの解説一覧

CS (0.3/0.5)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 00:12 UTC 版)

ぺんてる グラフ1000」の記事における「CS (0.3/0.5)」の解説

2013年に展開が開始されシリーズ前述のものとは違い先金グリップ金属部分シルバーで、色も黒と赤の他に0.5mmにのみ青が用意されている

※この「CS (0.3/0.5)」の解説は、「ぺんてる グラフ1000」の解説の一部です。
「CS (0.3/0.5)」を含む「ぺんてる グラフ1000」の記事については、「ぺんてる グラフ1000」の概要を参照ください。


CS (clear and subtract)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 18:10 UTC 版)

アポロ誘導コンピュータ」の記事における「CS (clear and subtract)」の解説

指定されたアドレスメモリ内容1の補数をAレジロードする

※この「CS (clear and subtract)」の解説は、「アポロ誘導コンピュータ」の解説の一部です。
「CS (clear and subtract)」を含む「アポロ誘導コンピュータ」の記事については、「アポロ誘導コンピュータ」の概要を参照ください。


CS (3 - 4週遅れ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 14:52 UTC 版)

若っ人ランド」の記事における「CS (3 - 4週遅れ)」の解説

※CSでのオンエア時は画面上部に「この番組熊本地区で〇月〇日(年を越えた場合は〇年〇月〇日)に放送されものです」のテロップ表示される。 ? - 2016.8.28 ホームドラマチャンネル 毎週日曜12:30 - 13:20 2016.9.6 - 現在 歌謡ポップスチャンネル 毎週土曜7:00 - 8:00

※この「CS (3 - 4週遅れ)」の解説は、「若っ人ランド」の解説の一部です。
「CS (3 - 4週遅れ)」を含む「若っ人ランド」の記事については、「若っ人ランド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「CS」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「CS」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



CSと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
ビデオリサーチビデオリサーチ
Copyright (C) 1997-2022 Video Research Ltd. All Rights Reserved.
テレマーケティングジャパンテレマーケティングジャパン
Copyright (C)TELEMARKETING JAPAN, INC
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2022 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCS (改訂履歴)、C/S (改訂履歴)、.cs (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのぺんてる グラフ1000 (改訂履歴)、アポロ誘導コンピュータ (改訂履歴)、若っ人ランド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS