化学物質過敏症とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 過敏症 > 化学物質過敏症の意味・解説 

か がくぶっしつ かびんしょう くわ -くわびんしやう [4] 【化学物質過敏症】

ごく微量さまざまな化学物質によって引き起こされる頭痛吐き気自律神経異常などの症状CS

化学物質過敏症


化学物質過敏症

特定の化学物質接触続けていると、あとでその化学物質わずかに接触するだけで頭痛などのいろいろな症状が出てくる状態。→シックハウス症候群

化学物質過敏症

微量化学物質暴露されるだけで多彩な健康障害呈する疾患考えられている。しかし,診断基準確立されておらず,臨床現場において混乱見られる類似の疾患概念としてシックハウス症候群があるが,住居建築物内の環境基準越え化学物質による健康被害考えられ同一疾患ではない。治療としては,原因物質判明ていれば原因回避がもっとも有効な方法である。

化学物質過敏症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/12 02:56 UTC 版)

化学物質過敏症(かがくぶっしつかびんしょう)とは、非常に微量の薬物化学物質(主に揮発性有機化合物)の曝露によって健康被害が引き起こされるとする疾病概念。人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定以上超えると引き起こされるとされており、個人差が大きいといわれる。化学物質の摂取許容量と同様に、発症原因および症状、その進行・回復速度や度合いも多種多様であるといわれる。 本態性環境不耐症とも呼ばれる[1]


  1. ^ 化学物質過敏症(かがくぶっしつかびんしょう) Yahoo!百科事典
  2. ^ 化学物質過敏症:後遺症が初の労災認定 眼球運動障害で 毎日新聞 2010年2月16日
  3. ^ 広島高裁岡山支部 平成23年3月21日 労働判例1036号50頁
  4. ^ 環境省のプレスリリース「本態性多種化学物質過敏状態の調査研究報告書」(2004年2月13日)
  5. ^ 『室内空気質健康影響研究会報告書:〜シックハウス症候群に関する医学的知見の整理〜』の公表について」 (厚生労働省、2004年2月27日)
  6. ^ 朝日新聞 1998年11月30日 夕刊 1社 「過敏症 めまい・熱…毎日が拷問(見えない汚染 化学物質:1)」
  7. ^ 読売新聞 1996年06月12日 東京夕刊 夕科学 12頁 「対策急がれる室内汚染 残留性高い有毒物質 入居11日で外気の6.9倍」
  8. ^ 読売新聞 2008年11月20日 東京朝刊 都民 33頁 「化学物質過敏症 つらさ訴え行進 頭痛、ぜんそく…症状多様=東京」
  9. ^ 朝日新聞 2005年05月31日 朝刊 生活1 「人の煙、吸いたくない 診断基準に基づき職場改善も 【大阪】」
  10. ^ 朝日新聞 2003年12月11日 朝刊 山形1「シックハウスで損賠求める 新築住宅巡り山形の会社員夫妻 /山形」
  11. ^ 朝日新聞 2004年03月27日 夕刊 1社会 「中庭教室、20歳の春 化学物質過敏症、妹弟に続き兄入学【大阪】」
  12. ^ 朝日新聞 2004年09月15日 朝刊 群馬2 「シックビル(忍びよる空気異変 現場からの証言:上) /群馬」
  13. ^ 朝日新聞 2009年11月19日 朝刊 福島全県・2地方 「“療養施設”に安心感 脱化学物質過敏症、南会津に注目 /福島県」
  14. ^ 三木猛生、角田正史、相澤好治「fMRIを用いた微量化学物質曝露時の脳画像解析の検討」LRI Annual Report 2006 Japan Chemical Industry Association ;79(第15回日本臨床環境医学会総会、仙台、2006年7月)
  15. ^ 標準病名マスター作業班http://www.dis.h.u-tokyo.ac.jp/byomei/index.html
  16. ^ Das-Munshi J, Rubin GJ, Wessely S. Multiple chemical sensitivities: A systematic review of provocation studies. J Allergy Clin Immunol. 2006 Dec;118(6):1257-64. Epub 2006 Sep 25.
  17. ^ Staudenmayer H, Binkley KE, Leznoff A, Phillips S. Idiopathic environmental intolerance: Part 2: A causation analysis applying Bradford Hill's criteria to the psychogenic theory. Toxicol Rev. 2003;22(4):247-61.
  18. ^ 羽白誠, 「化学物質過敏症はこころが関係している 」, Vis Dermatol (6)2:188-190
  19. ^ Andiné P, Rönnbäck L, Järvholm B. Successful use of a selective serotonin reuptake inhibitor in a patient with multiple chemical sensitivities. Acta Psychiatr Scand. 1997 Jul;96(1):82-3
  20. ^ Gibson PR, Elms AN, Ruding LA. Perceived treatment efficacy for conventional and alternative therapies reported by persons with multiple chemical sensitivity. Environ Health Perspect. 2003 Sep;111(12):1498-504
  21. ^ May 12th International Awareness Day. “May 12th International Awareness Day”. 2015年3月17日閲覧。
  22. ^ eic.or.jp


「化学物質過敏症」の続きの解説一覧



化学物質過敏症と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「化学物質過敏症」の関連用語

化学物質過敏症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



化学物質過敏症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2019 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2019 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
リウマチ・アレルギー情報センターリウマチ・アレルギー情報センター
Copyright (c) 2019 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化学物質過敏症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS