因果関係とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 因果関係の意味・解説 

いんが‐かんけい〔イングワクワンケイ〕【因果関係】

読み方:いんがかんけい

二つ以上のものの間に原因と結果関係があること

犯罪不法行為などをした者が法律上負担すべき責任根拠の一つとして、ある行為結果との間に存在していると認められるつながり


因果性

(因果関係 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/04 03:55 UTC 版)

因果性(いんがせい、: causality、コーザリティ)とは、2つの出来事が原因と結果という関係で結びついていることや、あるいは結びついているかどうかを問題にした概念である。日本語では「因果関係」という表現も用いられる。


注釈

  1. ^ つまり、現代の創発の概念にもつながるような発想の原稿。
  2. ^ 光学』において、「空間は sensorium dei(神の感覚中枢)」と記述している。

出典

  1. ^ Oxford Dictionaries
  2. ^ お酒の代謝能力の違い
  3. ^ a b c d e 大沼正則 (1978)
  4. ^ 平凡社『西洋思想大事典』(1990)【因果性】
  5. ^ a b c 『哲学・思想 事典』
  6. ^ a b 平凡社『世界大百科事典』 vol.7 p.7【因果律】。
  7. ^ 平凡社『西洋思想大事典』 (1990)【因果性】p.595。
  8. ^ Peskin, Schroeder (1995) Chapter 2 他。
  9. ^ a b 上田 (2004)
  10. ^ Einstein, Podolsky, Rosen (1935).
  11. ^ Kochen, and Specker (1967).
  12. ^ ボーア論文集 (1)
  13. ^ とある勘違い治療の実例”. 夏井睦 (2001年12月20日). 2017年11月10日閲覧。
  14. ^ Matute, Helena; Blanco, Fernando; Yarritu, Ion; Díaz-Lago, Marcos; Vadillo, Miguel A.; Barberia, Itxaso (2015). “Illusions of causality: how they bias our everyday thinking and how they could be reduced” (English). Frontiers in Psychology 6. doi:10.3389/fpsyg.2015.00888. ISSN 1664-1078. https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyg.2015.00888/full. 



因果関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 04:47 UTC 版)

デイヴィッド・ヒューム」の記事における「因果関係」の解説

因果について詳細に検討した結果因果に関す問題四つ分け提示した。 因果関係causal relationについて 因果推論causal inferenceについて 因果原則causal principleについて 必然性についての三つの疑問 ヒュームは、因果関係の特徴は「でなければならない(must)」という考え、あるいは必然性にあると見なした。しかし彼は原因と結果間に必然的な結合と言えるような結びつきはなく、事物は我々にそのような印象与えない論じ、「であるbe」あるいは「起こるoccur」でしかなく、「must」は存在しない主張した一般に因果関係といわれる二つの出来事つながりは、ある出来事別の出来事とが繋がって起こることを人間繰り返し体験的理解する中で習慣によって、観察者中に因果」が成立しているだけのことであり、この必然性心の中存在しているだけの蓋然性でしかなく、過去現実未来出来事間に必然的な関係はありえず、あくまで人間の側で勝手に作ったものにすぎないのである。では「原因」と「結果と言われるものを繋いでいるのは何か。それは、経験に基づいて未来を推測する、という心理的な習慣である。 ヒュームは、それまで無条件に信頼されていた因果律には、心理的な習慣という基盤存在することは認めたが、それが正しものであるかは論証できないものであるとした。後世この考えは「懐疑主義的」だと評価されることになった

※この「因果関係」の解説は、「デイヴィッド・ヒューム」の解説の一部です。
「因果関係」を含む「デイヴィッド・ヒューム」の記事については、「デイヴィッド・ヒューム」の概要を参照ください。


因果関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 06:37 UTC 版)

業務上過失致死傷罪」の記事における「因果関係」の解説

本罪が成立するためには、業務上の過失のほかに、構成要件として「その過失なければ死傷するはずがなかった」という因果関係が存在することが必要である例えば、医療過誤患者死亡した場合、たとえ医師過失があったとしても、過失とは無関係段階救命可能性低かった適切な処置が行われたとしても死亡する可能性高かった)と判断されれば、構成要件満たさないため、本罪の適用受けない

※この「因果関係」の解説は、「業務上過失致死傷罪」の解説の一部です。
「因果関係」を含む「業務上過失致死傷罪」の記事については、「業務上過失致死傷罪」の概要を参照ください。


因果関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 18:11 UTC 版)

不法行為」の記事における「因果関係」の解説

不法行為行為者に対して損害に対する責任課すものであるから、発生した損害加害者行為との間に因果関係が存在することが必須の要件となる。被告行為損害の発生との因果関係については原告側立証責任がある。 「あれなければこれなし」という関係(事実的因果関係)だけでは際限なく関連性認められる場合もある。これを防ぐために適切と思われる範囲制限するため、社会通念上、その行為なければその損害生じなかったことが認められ、かつ、そのような行為があれば通常そのような損害生じであろう認められるような関係、つまり、相当因果関係不法行為という概念用いられる。 なお、刑法おいても相当因果関係という概念用いられるが、不法行為法上のそれとは必ずしも同一ではないので注意が必要である。いずれも無限定広がりかねない因果関係を限定することによって、行為者帰責すべき結果相当な範囲限定しようとする点において、同様の意図基づものといえる。しかし、それが具体的にどのような場合認められるかについては、不法行為法上も、刑法上も、依拠する立場によって少しずつその範囲を異にする

※この「因果関係」の解説は、「不法行為」の解説の一部です。
「因果関係」を含む「不法行為」の記事については、「不法行為」の概要を参照ください。


因果関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 16:32 UTC 版)

共分散」の記事における「因果関係」の解説

共分散相関係数を因果関係の根拠として記述している資料がある。しかし、共分散自身は1つ対象の2つ測定値対応しているということ指標に過ぎない因果関係があるかどうか示していない。共分散計算する際に時間関連入力していない。共分散構造分析など、複数共分散分析する手法では因果関係があるかどうか推測する使い方があるが、同じ様時間関連入力していないので保証していない。因果関係と相関関係は別次元事象であり、時間直接的な関係を示す根拠、擬相関などいくつかの代表的なパターンがある[要出典]。数値から意味を解釈する人間論理は、しばしば嘘と呼ぶことがある数理経済学者佐和隆光は以下のように述べている: しばしば統計は、他人をだますための方便ともなる。統計悪用誤用は、日常茶飯のごとく見受けられる数字氾濫するこの世中において、「統計ウソに対する抵抗力備えておくことは、将来どういう仕事に携わるにとっても必要不可欠なはずである

※この「因果関係」の解説は、「共分散」の解説の一部です。
「因果関係」を含む「共分散」の記事については、「共分散」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「因果関係」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「因果関係」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「因果関係」の関連用語

因果関係のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



因果関係のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの因果性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデイヴィッド・ヒューム (改訂履歴)、業務上過失致死傷罪 (改訂履歴)、不法行為 (改訂履歴)、共分散 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS