因果関係とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 因果関係の意味・解説 

いんが‐かんけい〔イングワクワンケイ〕【因果関係】

二つ上のものの間に原因と結果の関係があること。

犯罪不法行為などをした者が法律上負担すべき責任根拠一つとして、ある行為結果との間に存在していると認められるつながり


因果性

(因果関係 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 03:48 UTC 版)

因果性(いんがせい、: causality、コーザリティ)とは、2 つの出来事が原因と結果という関係で結びついていることや、あるいは結びついているかどうかを問題にした概念である。日本語では「因果関係」という表現も用いられる。




注釈

  1. ^ つまり、現代の創発の概念にもつながるような発想の原稿。
  2. ^ 光学』において、「空間は sensorium dei(神の感覚中枢)」と記述している。

出典

  1. ^ Oxford Dictionaries
  2. ^ a b c d e 大沼正則 (1978)
  3. ^ 平凡社『西洋思想大事典』(1990)【因果性】
  4. ^ a b c 『哲学・思想 事典』
  5. ^ a b 平凡社『世界大百科事典』 vol.7 p.7【因果律】。
  6. ^ 平凡社『西洋思想大事典』 (1990)【因果性】p.595。
  7. ^ Peskin, Schroeder (1995) Chapter 2 他。
  8. ^ a b 上田 (2004)
  9. ^ とある勘違い治療の実例”. 夏井睦 (2001年12月20日). 2017年11月10日閲覧。
  10. ^ Einstein, Podolsky, Rosen (1935).
  11. ^ Kochen, and Specker (1967).
  12. ^ ボーア論文集 (1)


「因果性」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「因果関係」の関連用語

因果関係のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



因果関係のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの因果性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS