統計学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 学問 > 統計学の意味・解説 

とうけい‐がく【統計学】

確率論基盤にして、集団全体性質一部標本調べることによって推定するための処理・分析方法について研究する学問


統計学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 22:21 UTC 版)

統計学(とうけいがく、: statistics)とは、統計に関する研究を行う学問である。




  1. ^ グリコ遊びギャンブル等にも活用可能。「統計学が最強」の西内啓氏「パチンコには二度と行かない」”. NEWSポストセブン (2013年5月3日). 2017年12月23日閲覧。
  2. ^ Wonnacott, T. H., & Wonnacott, R. J. (1990). Introductory statistics for business and economics (Vol. 4). New York: Wiley.
  3. ^ Newbold, P., Carlson, W. L., & Thorne, B. (2013). Statistics for business and economics. Boston, MA: Pearson.
  4. ^ Aron, A., & Aron, E. N. (1999). Statistics for psychology. Prentice-Hall, Inc.
  5. ^ Lang, T. A., Lang, T., & Secic, M. (2006). How to report statistics in medicine: annotated guidelines for authors, editors, and reviewers. ACP Press.
  6. ^ ラテン語で「statisticum (collegium) (スタティスティークム・コレーギウム)」という表現があるが、この意味は「社会状態の科学」である[要出典]
  7. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p82 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  8. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p85 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  9. ^ https://www.stat.go.jp/teacher/c2epi2.html 「「統計」という言葉の起源」統計学習の指導のために(先生向け) 日本国総務省統計局 2010年 2019年11月20日閲覧
  10. ^ a b c Masahiko Asano (2018) 記述統計学. 拓殖大学 http://www.ner.takushoku-u.ac.jp/masano/class_material/waseda/keiryo/4_descriptive_stat.html
  11. ^ : Garbage in, garbage out.
  12. ^ 「統計はウソをつく アフリカ開発統計に隠された真実と現実」p192 モルテン・イェルウェン 渡辺景子訳 青土社 2015年8月10日第1刷発行
  13. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p4 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  14. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p58-59 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  15. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p72 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  16. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p75-76 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  17. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p79 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  18. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p85 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  19. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p166-167 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  20. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p128 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  21. ^ 「世界を変えた確率と統計のからくり134話」p164 岩沢宏和 SBクリエイティブ 2014年9月26日初版発行
  22. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p193 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  23. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p211-212 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  24. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p207-208 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  25. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p215-216 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  26. ^ 「人間と社会を変えた9つの確率・統計学物語」p162 松原望 SBクリエイティブ 2015年4月24日初版発行
  27. ^ 「生体認証国家 グローバルな監視政治と南アフリカの近現代」p32 キース・ブレッケンリッジ 堀内隆行訳 2017年8月24日第1刷 岩波書店
  28. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p234-235 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  29. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p238-239 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  30. ^ 現在では生物統計学「biostatistics (バイオスタティスティクス)」とも呼ばれる、この単語は現在では生体認証という別の意味で使われている。
  31. ^ 「世界を変えた確率と統計のからくり134話」p205 岩沢宏和 SBクリエイティブ 2014年9月26日初版発行
  32. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p258 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  33. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p291-292 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  34. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p456 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  35. ^ Tolman, R. C. (1979). The principles of statistical mechanics. Courier Corporation.
  36. ^ Ruelle, D. (1999). Statistical mechanics: Rigorous results. World Scientific.
  37. ^ Thompson, C. J. (2015). Mathematical statistical mechanics. Princeton University Press.
  38. ^ 「世界を変えた確率と統計のからくり134話」p263-264 岩沢宏和 SBクリエイティブ 2014年9月26日初版発行
  39. ^ 学習指導要領 http://www.nier.go.jp/guideline/s53h/chap2-3.htm 詳しくはwikipedia 確率・統計
  40. ^ Chow, Y. S., & Teicher, H. (2003). Probability theory: independence, interchangeability, martingales. Springer Science & Business Media.
  41. ^ Feller, W. (2008). An introduction to probability theory and its applications (Vol. 2). John Wiley & Sons.
  42. ^ Durrett, R. (2019). Probability: theory and examples (Vol. 49). Cambridge University Press.
  43. ^ Jaynes, E. T. (2003). Probability theory: The logic of science. Cambridge University Press.
  44. ^ Chung, K. L., & Zhong, K. (2001). A course in probability theory. Academic Press.
  45. ^ 赤摂也. (2014). 確率論入門. 筑摩書房.
  46. ^ 池田信行, 小倉幸雄, 高橋陽一郎, & 眞鍋昭治郎共. (2006). 確率論入門.
  47. ^ Alpaydin, E. (2020). Introduction to machine learning. MIT Press.
  48. ^ Marsland, S. (2015). Machine learning: an algorithmic perspective. CRC Press.
  49. ^ 大関真之. (2016). 機械学習入門 ボルツマン機械学習から深層学習まで. 株式会社 オーム社.
  50. ^ Murphy, K. P. (2012). Machine learning: a probabilistic perspective. MIT Press.
  51. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p34 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  52. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p15 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  53. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p177 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷
  54. ^ 「統計はウソをつく アフリカ開発統計に隠された真実と現実」p28-31 モルテン・イェルウェン 渡辺景子訳 青土社 2015年8月10日第1刷発行
  55. ^ a b ジョエル・ベスト『統計はこうしてウソをつく : だまされないための統計学入門』林大訳、白揚社、2002年。ISBN 4-8269-0111-9
  56. ^ パオロ・マッツァリーノ『反社会学講座』イースト・プレス、2004年。ISBN 4-87257-460-5
  57. ^ Excel使うな Okumura's Blog 三重大学高等教育創造開発センター教授・教育情報システム部門長 奥村晴彦のブログ
  58. ^ 52, Issue 10, Pages 4567-4878 (15 June 2008)  Special Section on Microsoft Excel 2007, Edited by B.D. McCullough
  59. ^ Excel は,コンピュータ・ソフトウェアの三種の神器のようになっていますが,とんでもないこともあるというお話。 群馬大学社会情報学部教授 青木繁伸のサイト
  60. ^ 間違いだらけのExcel関数ヘルプ「財務・統計関数編」市販解説本で孫引きしている点も警告
  61. ^ On the Numerical Accuracy of Spreadsheets : the Journal of Statistical Software Vol.34, Issue4, Apr2010
  62. ^ Ihaka, R., & Gentleman, R. (1996). R: a language for data analysis and graphics. Journal of computational and graphical statistics, 5(3), 299-314.
  63. ^ Octaveの精義 - フリーの高機能数値計算ツールを使いこなす, 松田七美男 (2011)
  64. ^ Bunks, C., Chancelier, J. P., Delebecque, F., Goursat, M., Nikoukhah, R., & Steer, S. (2012). Engineering and scientific computing with Scilab. en:Springer Science & Business Media.
  65. ^ 大野修一. (2009). Scilab 入門: フリーソフトで始める数値シミュレーション. CQ出版.
  66. ^ 上坂吉則. (2010). Scilab プログラミング入門. 牧野書店.
  67. ^ Thanki, R. M., & Kothari, A. M. (2019). Digital image processing using SCILAB. Springer International Publishing.
  68. ^ 岩城 秀樹:「Maximaで学ぶ経済・ファイナンス基礎数学」、共立出版ISBN 978-4320110311(2012年12月8日)
  69. ^ Noro, M., & Takeshima, T. (1992, August). Risa/Asir—a computer algebra system. In Papers from the international symposium on Symbolic and algebraic computation (pp. 387-396).
  70. ^ Noro, M. (2003). A computer algebra system: Risa/Asir. In Algebra, Geometry and Software Systems (pp. 147-162). Springer, Berlin, Heidelberg.
  71. ^ Jones, E., Oliphant, T., & Peterson, P. (2001). SciPy: Open source scientific tools for Python.
  72. ^ Bressert, E. (2012). SciPy and NumPy: an overview for developers. " O'Reilly Media, Inc.".
  73. ^ Blanco-Silva, F. J. (2013). Learning SciPy for numerical and scientific computing. Packt Publishing Ltd.
  74. ^ 現在は情報・システム研究機構を構成する一機関。
  75. ^ 高等学校学習指導要領解説・数学編 - 文部科学省
  76. ^ 統計学習の指導のために(先生向け) - 総務省統計局
  77. ^ 渡部洋. (1999). ベイズ統計学入門. 福村出版.
  78. ^ 中妻照雄. (2007). 入門ベイズ統計学.
  79. ^ 豊田秀樹. (2015). 基礎からのベイズ統計学: ハミルトニアンモンテカルロ法による実践的入門. Asakura Shoten.
  80. ^ 松原望. (2010). ベイズ統計学概説: フィッシャーからベイズへ. 培風館.
  81. ^ 樋口知之. (2011). 予測にいかす統計モデリングの基本―ベイズ統計入門から応用まで. 講談社.



統計学

出典:『Wiktionary』 (2019/05/08 01:32 UTC 版)

発音

と↗ーけ↘ーがく

名詞

  とうけいがく

  1. ある集団について算術的な手法用いてその特性傾向探求する学問特定の関数用いて集団挙動モデル化したり、観測されたデータから平均値などを求めることにより傾向を得るもの。

翻訳


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




統計学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「統計学」に関係したコラム

  • FXやCFDの線形回帰とは

    FXやCFDの線形回帰とは、価格の散らばりを1つの線にまとめて表したテクニカル指標のことです。線形回帰は統計学などで用いられます。線形回帰の求め方はいくつかありますが、一般的にはある期間の価格と線との...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「統計学」の関連用語

統計学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



統計学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの統計学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの統計学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS