管理図とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 管理図の意味・解説 

管理図

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

管理図

工程安定な状態にあるかどうか調べるため、または工程を安定な状態に保持するために用いる図。

管理図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/18 10:23 UTC 版)

管理図(かんりず、: control chart[1])とは、 生産管理において、品質や製造工程が安定な状況で管理されている状態にあるかどうかを判定するために使用するグラフ時間ごとの状態をグラフ上に配置し、従来までの傾向と異なるデータや管理限界線を逸脱したデータの有無から異常の発生を判定する。管理図は、シューハート管理図 (JIS Z 9020-2[2]) や累積和管理図などに分類される。


  1. ^ 文部省土木学会編『学術用語集 土木工学編』土木学会、1991年、増訂版。ISBN 4-8106-0073-4
  2. ^ a b JIS Z 9020-2:2016 (管理図―第2部:シューハート管理図)”. kikakurui.com. 2017年10月21日閲覧。


「管理図」の続きの解説一覧

管理図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 19:03 UTC 版)

品質管理」の記事における「管理図」の解説

工程の管理を行うためのツール。管理図は工程安定状態あるかどうか把握するための判断材料となる。時間別などの規則に従ってデータサンプリングして集計取りその結果を群として系列折れ線グラフ作成する。管理図では、中心線 (CL) と管理限界によって、点の配置分布からその管理工程の異常が判断できる管理限界には上方限界 (UCL) ・下方限界 (LCL) があり、3シグマ設定する場合が多い。

※この「管理図」の解説は、「品質管理」の解説の一部です。
「管理図」を含む「品質管理」の記事については、「品質管理」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「管理図」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

管理図のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



管理図のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ管理図の記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2022 住友大阪セメント All rights reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの管理図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの品質管理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS