ネガティブフィードバックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ネガティブフィードバックの意味・解説 

ネガティブフィードバック

別名:負のフィードバック
【英】negative feedback

ネガティブフィードバックとは、出入力の流れにおいて、望ましくない要素増幅され出力者側へ返ってくることである。工学分野では電子回路増幅回路について言及される。他、医学・生物約の分野経営マーケティング分野でも用いられることが多い。、

経営マーケティング分野におけるネガティブフィードバックは、一般的には評価を下げる内容評価感想下されることを指す場合が多い。

企業活動のほかの用語一覧
品質管理:  パレートの法則  管理図  無相関  ネガティブフィードバック  二次データ  PAD  QC7つ道具

負のフィードバック

同義/類義語:ネガティブフィードバック機構, ネガティブ・フィードバック, ネガティブ・フィードバックシステム, 負帰還, ネガティブフィードバック
英訳・(英)同義/類義語:negatice feedback system, negative feedback

抑制的作用するフィードバック制御
「生物学用語辞典」の他の用語
化学反応や酵素反応生体経路など:  解糖系  触媒  触媒作用  負のフィードバック  転写-翻訳共役  還元  酵母分泌経路

増幅回路

(ネガティブフィードバック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 09:48 UTC 版)

増幅回路(ぞうふくかいろ)とは、増幅機能を持った電子回路であり、電源から電力を供給され、入力信号により能動素子の動作を制御して電源電力を基に入力信号より大きなエネルギーの出力信号を得るものである[1]。信号のエネルギーを増幅する目的のほか、増幅作用を利用する発振回路演算回路などの構成要素でもある。電気的(電子的)なものの他に、磁気増幅器光増幅器などもあるが、この記事では以下電子回路のみについて説明する。


  1. ^ 『電子回路学』、p66、電気学会、2000年
  2. ^ 真空管でもトランジスタでもこの点は基本的に同様である。
  3. ^ 『電子回路学』、pp105-106、電気学会、2000年
  4. ^ 大出力が必要な場合、最終段が真空管やパワーMOSFETなど入力に電流を多く必要としない素子であれば基本的に電圧の増幅が中心で良いが、バイポーラの大電力パワートランジスタは一般に電流増幅率は低めであり、ある程度の電流も必要になる。
  5. ^ 『はじめてトランジスター回路を設計する本』(奥澤清吉 & 奥澤熙 2002)
  6. ^ 『電子回路』、p122、森北出版、1994年
  7. ^ 『電子回路』、pp123-125、森北出版、1994年
  8. ^ 『電子回路』、p125、森北出版、1994年
  9. ^ ラジオ技術』第6巻第12号(1952年11月号、通巻65号)pp. 68-75(目次には pp. 49- とあるが、目次が正しくない)「クロス・シャントPP回路を使った6A3BPPと6AR6PPの試作」島田聰(聡)
  10. ^ a b c Y.Takayama, "Fundamentals of Microwave High-Efficiency Amplifiers", MWE 2007 TL03-01, Nov 2007. (PDF)”. 2013年2月11日閲覧。
  11. ^ ポーラ変調とは - 電子部品 - Tech-On!”. 2013年2月11日閲覧。
  12. ^ ポーラ変調によるパワー・アンプの効率の向上 (PDF)”. 2013年2月11日閲覧。
  13. ^ a b c d e f M.Nakayama and T.Takagi, "Techniques for Low Distortion and High Efficiency Power Amplifier", MWE 2004 TL03-02, Nov 2004. (PDF)”. 2013年2月11日閲覧。
  14. ^ W.H.Doherty, "A new high efficiency power amplifier for modulated waves2, Proc IRE, vol 24, no.9, pp. 1163-1182, Sept. 1936.
  15. ^ a b K.Honjo, "Fundamentals of Microwave Amplifiers", MWE 2008 TL04-01, Nov 2008. (PDF)”. 2013年2月11日閲覧。
  16. ^ NXP、より電力効率に優れたRFベースステーションを実現する新しい3-way Dohertyリファレンスデザインを発表”. 2013年2月11日閲覧。



フィードバック

(ネガティブフィードバック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 20:39 UTC 版)

フィードバック英語: feedback)とは、もともと「帰還」と訳され、ある系の出力(結果)を入力(原因)側に戻す操作のこと。古くは調速機(ガバナ)の仕組み[注釈 1]が、意識的な利用は1927年のw:Harold Stephen Blackによる負帰還増幅回路発明に始まり、サイバネティックスによって厳密に体系化されて広められた。システムの振る舞いを説明する為の基本原理として、エレクトロニクスの分野で増幅器の特性の改善、発振・演算回路及び自動制御回路などに広く利用されているのみならず、制御システムのような機械分野や生物分野、経済分野などにも広く適用例がある。自己相似を作り出す過程であり、それゆえに予測不可能な結果をもたらす場合もある。21世紀に入り、多種多様なサービスで不可欠になった情報システムも、フィードバック制御を前提として開発されている。


注釈

  1. ^ 記録にある機器で古いものとしては、1600年頃の人コルネリウス・ドレベルによるサーモスタットがある。

出典

  1. ^ Level 4.4: Feedback Loops: Game Design Concepts”. learn.canvas.net. 2021年7月4日閲覧。



ネガティブフィードバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 14:19 UTC 版)

トロンビン」の記事における「ネガティブフィードバック」の解説

トロンビントロンボモジュリン英語版)と相互作用する。 トロンボモジュリン結合したトロンビンは、血液凝固カスケード阻害剤であるプロテインC活性化するプロテインC活性化は、上皮細胞発現している膜貫通タンパク質トロンボモジュリントロンビン結合することで大きく上昇する活性化されプロテインCは第Va因子と第VIIIa因子不活性化する活性化プロテインCへのプロテインS(英語版)の結合は、その活性小幅上昇もたらすトロンビンは、セリンプロテアーゼインヒビターアンチトロンビンによっても不活性化される。

※この「ネガティブフィードバック」の解説は、「トロンビン」の解説の一部です。
「ネガティブフィードバック」を含む「トロンビン」の記事については、「トロンビン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ネガティブフィードバック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ネガティブフィードバック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネガティブフィードバック」の関連用語

ネガティブフィードバックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ネガティブフィードバックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリネガティブフィードバックの記事を利用しております。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの増幅回路 (改訂履歴)、フィードバック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトロンビン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS