血液凝固とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 血液凝固の意味・解説 

けつえき‐ぎょうこ【血液凝固】

読み方:けつえきぎょうこ

血管外に出た血液がかたまる現象これによって止血作用発揮される


凝固・線溶系

(血液凝固 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 04:22 UTC 版)

凝固系(血液凝固因子)とは出血を止めるために生体が血液を凝固させる一連の分子の作用系であり、そうして固まった血栓を溶かして分解するのが線溶系(線維素溶解系)である。多くの病態においてこの二つは密接に関係しているため、本稿では二つをまとめて述べる。




「凝固・線溶系」の続きの解説一覧

血液凝固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 17:04 UTC 版)

フィブロネクチン」の記事における「血液凝固」の解説

フィブロネクチンという名称以前に寒冷不溶性グロブリン呼ばれた時代1970年血漿中濃度は0.3 mg/mLlだが、血清中濃度が0.2 mg/mLなので、凝固に伴って減少する推定された。その後フィブロネクチンフィブリノーゲンフィブリン結合すること、血小板コラーゲンフィブロネクチン会合発見などから、血液凝固を促進する因子として確立したように思えた。 しかし、現在の知見では、フィブロネクチン通常の血液凝固には関与しない血管再構築アテローム性動脈硬化症心臓修復など疾患部位時の血栓症関与している

※この「血液凝固」の解説は、「フィブロネクチン」の解説の一部です。
「血液凝固」を含む「フィブロネクチン」の記事については、「フィブロネクチン」の概要を参照ください。


血液凝固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 02:42 UTC 版)

フィブリン」の記事における「血液凝固」の解説

フィブリンは、分子量33のフィブリン・モノマーが重合した繊維素である。肝臓で合成され血漿中に溶解している糖タンパク質である前駆体フィブリノゲン (fibrinogen) からフィブリン・モノマーが作られる血液液体成分である血漿占めフィブリノゲン割合0.2 - 0.4% である。フィブリノゲンには3種類あり、合計6本のポリペプチド鎖架橋構造によって連結され構造をとっており、分子量は約34である。 血液凝固のシステム複雑で様々な経路存在するが、いずれも最終的にはプロトロンビン活性化されセリンプロテアーゼ1種であるトロンビンとなり、トロンビンフィブリノゲンの各鎖のC末端から計4つペプチド切りだす。この状態を特にフィブリン・モノマーと呼ぶ。 フィブリン・モノマーはさらにカルシウム作用によって互いに重合して難溶性のフィブリン・ポリマーに、さらに第XIII因子フィブリン安定化因子)の作用でフィブリン・ポリマー間の架橋結合なされることで安定化フィブリン呼ばれるメッシュ状の繊維となり血液凝固を引き起こす広義にはフィブリン・モノマー以降を、狭義には安定化フィブリンを「フィブリンと呼ぶ出血防止するための止血システムであるが、血管内膜が傷害されると同様メカニズムにより、血管内局所的な血液凝固が生じ血栓形成するまた、細菌などの異物侵入した際に顆粒球放出するヒスタミンにより血管透過性上昇する血漿中のフィブリノゲン組織漏出し、炎症生じて血液凝固を引き起こす。これは侵入した異物拡散させず難溶性繊維素中に封じ込める効果局所的な血流阻害作用により細菌拡散を防ぐ役割演じていると考えられている。

※この「血液凝固」の解説は、「フィブリン」の解説の一部です。
「血液凝固」を含む「フィブリン」の記事については、「フィブリン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「血液凝固」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「血液凝固」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

血液凝固のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



血液凝固のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの凝固・線溶系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフィブロネクチン (改訂履歴)、フィブリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS