類上皮細胞とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 類上皮細胞の意味・解説 

類上皮細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 16:45 UTC 版)

類上皮細胞(: epithelioid histiocyte, epithelioid cell)とは上皮細胞に類似した活性化マクロファージ[1]。細長く、細かい顆粒を伴う、薄いエオジン好性(ピンク)の細胞質と中央にリンパ球より密度の低い卵形の核を持つ。




  1. ^ Dorlands Medical Dictionary:epithelioid cell”. 2008年12月27日閲覧。
  2. ^ Bogenrieder T, Rogler G, Vogt T, Landthaler M, Stolz W (2003). “Orofacial granulomatosis as the initial presentation of Crohn's disease in an adolescent”. Dermatology (Basel) 206 (3): 273–8. doi:10.1159/000068900. PMID 12673090. 


「類上皮細胞」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「類上皮細胞」の関連用語

類上皮細胞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



類上皮細胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの類上皮細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS