ラングハンス巨細胞とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ラングハンス巨細胞の意味・解説 

ラングハンス巨細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 06:52 UTC 版)

ラングハンス巨細胞(ラングハンスきょさいぼう、英:Langhans giant cell)とは、肉芽腫性疾患に認められる巨細胞。




  1. ^ 直訳では「試験管内で」の意味、生体外での反応などについていう。
  2. ^ Möst, JH; Neumayer, HP; Dierich, MP (1990), “Cytokine-induced generation of multinucleate giant cells in vitro requires interferon-gamma and expression of LFA-1”, Eur J Immunol: 1661-1667, PMID 1976520 
  3. ^ J Pritchard, P Foley, H Wong. Langerhans and Langhans: what's misleading in a name? Lancet (2003): 362 (9387), 922.


「ラングハンス巨細胞」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラングハンス巨細胞」の関連用語

ラングハンス巨細胞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラングハンス巨細胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラングハンス巨細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS